ad-728





>ランボルギーニ・ウルス関連

発表まであと5日。ランボルギーニ・ウルスの公式フォトと思われる画像(内装)が流出


発表まではあと5日

発表を12月4日に控えたランボルギーニ・ウルスですが、そのオフィシャルフォトと思われる画像が流出。
インテリアについて2枚の画像がインスタグラムに公開されていますが、この画像の入手経路などは不明です。
これを見ると、いままでにリークされたものに加え、新たなディティールも判明しており、ほぼその全容がわかるものとなっています。

シートのレイアウトは「オフローダー」的

画像では大きなオーバーヘッドコンソール、ヘキサゴンをモチーフにしたエアコン吹き出し口、ウラカン同様の液晶メーター、そしてセンターには大きなモニターが2つ備わることも見て取れます。
グローブボックスのノブやドリンクホルダーなどもヘキサゴン=六角形をモチーフとしており、これまでのランボルギーニ以上に高いデザイン性を持つこともわかりますね。

なおセンターコンソールはかなり「幅広」。
スポーツカーはロールセンターの適正化という観点において左右シートを近づける、つまりセンターコンソールが狭くなる傾向があるものの、ウルスではかなり広くなっており、これは「オフローダー」ということを考慮したためと思われます。

というのもオフローダーの場合、状況によってはサイドウインドウを開け、そこから体を乗り出して外部(路面)の状況を確認しながら運転するようなシーンもあるためで、レンジローバーなどほかオフローダーでもやはりこういったシートポジション(ドアパネル側に近い)を採用することが多いようです。

日本ではまずそういった状況(身を乗り出して路面を確認する必要があるような)はないと思われるものの、駐車場への出し入れにおいて、発券機の利用、金銭の支払いなどでメリットが感じられそう(ウルスは幅2メートルくらいになると思われるので、これはけっこう重要)。

urus-interior

こちらはステアリングホイール。
上部にはセンターマーク(樹脂パーツ?)が入り、ボトムにはイタリアントリコローレが用いられるなど、これまでのランボルギーニには見られなかった意匠も。

メーターフード内側、ダッシュボードにはカーボンが使用されており、これらはおそらく「オプションにて選択可能」なのだと思われます。

あわせて読みたいランボルギーニ・ウルス関連投稿

発表まであと一週間。ランボルギーニがウルスの最新動画を追加で公開
ランボルギーニ・ウルスの試乗レビューが早速登場。「0-100加速3.3秒」「最高速303キロ」「サーキットではウラカンより速い」
なぜかアップされたのち即削除されたランボルギーニ・ウルスの動画。サーキット走行を披露
発表まで二週間切った。絶賛オーダー受付中、ランボルギーニ・ウルスの最新動画「品質」が公開に
ランボルギーニ・ウルス三つめのモード「TERRA」。メーター表示はアヴェンタドール風であることも明らかに
え?これがランボルギーニ?やたら質感が高くオシャレなウルスの内装画像が流出
ランボルギーニが新型SUV、ウルスの最新プロモ動画を公開。マフラーは丸4本出しへ変更
ランボルギーニがさらに新動画公開。完成したウルスが本社駐車場へと次々集められている模様
ランボルギーニがウルスの最新動画を公開。ドライブモードは6つ、「砂漠」「泥」「雪」もある
ランボルギーニが新工場の様子を動画にて連続公開。新型車ウルスのテスト風景や製造状況もあわせて紹介
ニュルを走るランボルギーニ・ウルス。これで目撃は4回目、ちょっとづつその外観は変更に
ランボルギーニが新工場の稼働を動画で公開。製造中のウルスもちょっとだけ登場

->ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , ,