ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニCEO語る!「アヴェンタドール後継に積まれるV12は完全新設計。車体すべてにおいてアヴェンタドールとの共通性は一切ない」

投稿日:2021/07/12 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドール

| ランボルギーニは「先が限られている」技術に対しても積極投資を行なうようだ |

V12エンジンはランボルギーニのDNAでもある

さて、ランボルギーニはアヴェンタドール最終モデル、そしてV12ガソリンエンジン単体で走る最後のモデルとして「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」を発表したところですが、早くもその次のモデル、つまりアヴェンタドール後継の話が出ています。

そしてこれは他ならぬランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏自らがカーメディアに語ったもので、驚くべきことに「完全新設計のV12エンジンの開発を行っている」というもの。

ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表
ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表!その出力はSVJ超えの780馬力、限定台数は600台

| まさかアヴェンタドールSVJの780馬力を超えてくるとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかアヴェンタドールSVJの780馬力を超えてくるとは思わなかった |そのデザインは「アヴェンタドール ...

続きを見る

現在、ランボルギーニのV12エンジンは「2代目」

現在アヴェンタドールに積まれるV12エンジンは「L539」という型番を持ち、これはアヴェンタドールのために新設計さいれたユニット。

それまでのV12エンジンはいずれも1963年にジオット・ビッザリーニが設計したもの、そしてそのエンジンを進化させたものですが、当初は3.5リッター(3500GT)、そして最終的には6.5リッター(ムルシエラゴLP640)にまで排気量が拡大しています。

32

フェラーリ250GTOやランボルギーニV12エンジンを設計した「ビッザリーニ」の名が現代に復活!中心人物は前アストンマーティン重役

| 日本だとビッザリーニと言われてもピンと来ないが、欧州だと相当に高い知名度があるようだ |この記事のもくじ| 日本だとビッザリーニと言われてもピンと来ないが、欧州だと相当に高い知名度があるようだ | ...

続きを見る

そしてこのL539は「10年ちょっと」という比較的短い期間にてそのライフを終了させるということになりますが、次期V12モデルについてステファン・ヴィンケルマンCEOは「まったく新しいエンジン、まったく新しいドライブトレイン、まったく新しいバッテリーなど、すべてが完全に新しい。次期フラッグシップにはシアンからもアヴェンタドールからも何もキャリーオーバーされない」と説明。

これはいささか驚きの内容で、というのもランボルギーニの主要市場のひとつである欧州では、早ければ2025年からガソリンエンジンを積んだクルマの販売ができなくなり、2035年までには多くの国や地域にてガソリンエンジンの販売が終了されるため。

よって、あと10年程度しか販売できないエンジンに費用を投じるということは(通常では)考えにくく、しかしランボルギーニはそれをやる、ということになりますね。

カナダが2035年までに「ガソリンエンジン搭載車の販売を全面禁止」と発表!現時点で「ガソリン禁止」の国・地域、そしてその時期などをまとめてみた

| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ |この記事のもくじ| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ | ...

続きを見る

アヴェンタドール後継モデルハイブリッド

なお、アヴェンタドール後継モデルはハイブリッド化されると公言されていますが、そのシステムは未だ謎。

一時はシアン同様のスーパーキャパシタを採用するという話があったものの、この案はボツとなり(容量の問題?)、おそらくはリチウムイオンバッテリー、もしくは同じグループに属するポルシェが開発する「新型バッテリー」を積む可能性もあるんじゃないかと考えています。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
ランボルギーニ幹部が明言!「アヴェンタドール後継はV12自然吸気継続、ただしハイブリッド」。なおハイブリッドの内容については詳細が語られず

| これまでにもアヴェンタドール後継については様々なウワサが流れてきたが |この記事のもくじ| これまでにもアヴェンタドール後継については様々なウワサが流れてきたが |アヴェンタドール後継モデルはV1 ...

続きを見る

そして気になるのはその形式で、今後ますます締め付けが厳しくなる規制を考慮すると「マイルドハイブリッド」ではなく「プラグインハイブリッド」となるはずであり、となるとある程度エレクトリックモーターにて走行が可能な仕様を持つことに。

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すようだ

| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |この記事のもくじ| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |そのほかにはこんなメリットもポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ現在、タ ...

続きを見る

効率を考えるならば、後輪をガソリンエンジンで駆動し、フロントホイールをエレクトリックモーターにて回転させることになりそうですが、「加速」を考慮するとエンジンとトランスミッションとの間にもモーターを装着するというのが最近のセオリー。

よってポルシェ918スパイダーや、フェラーリSF90ストラダーレ/スパイダー、ランボルギーニLPI 910-4アステリオン同様のシステムを持つ可能性が高いとは思うものの、もしかすると全く異なるシステムを持つ可能性もありそうです。

この場合、エンジン排気量は縮小されることにもなりそうですが、「2気筒分」をカットしてウラカン後継モデルに搭載することも予想でき、今後のなりゆきには要注目といったところですね。

参考ランボルギーニ「ターボ、小排気量は絶対にない。自然吸気V10、V12こそが我々のDNA」

| ランボルギーニのダウンサイジングターボは「全体にない」 | ランボルギーニの技術部門責任者、マウリッツォ・レッジャーニ氏が「シリンダー数を減らすようなことはしない。いかなる圧力があろうとも徹底して ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニとハイブリッド関連投稿

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルは2024年まで発売延期との報道。エンジンがV8化され、ウラカン後継モデルと車体や足回り、パワートレインまでが共通化されるとのウワサ

| もしそうなるとランボルギーニのアイデンティティが一気に崩れ去ることに | ランボルギーニ・アヴェンタドールの後継モデルの発売が「2024年に延期される」とのウワサ。アヴェンタドールは2011年に発 ...

続きを見る

ランボルギーニはイチオシの”スーパーキャパシタ”をアヴェンタドール後継、ウラカン後継に使用しない?バッテリーを使用したハイブリッドになるとの報道

| スーパーキャパシタは他社との重要な差別化要素だったが | ランボルギーニは「ブランド初」の市販ハイブリッドカー、「シアンFKP37」を発表しており、これに搭載されるハイブリッドシステムはリチウムイ ...

続きを見る

参照:Autoblog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5