>テスラ(TESLA)

まさかの実車化。テスラ・モデルSを20台限定で「シューティングブレーク(ワゴン)」にカスタムする会社が登場

投稿日:

| 3月には実車が登場 |

テスラ・モデルSをシューティングブレーク(ワゴン)に改造する会社、「Niels van Roij Design」が登場。
この「テスラ・モデルS シューティングブレーク」は3つの異なるデザイン、16の異なるテーマから選んだ結果だそうで、そのデザイン性の高さには自信があると語っており、たしかに見たところ魅力的なフォルムを持っていますね。

製造するのはオランダのコーチビルダー

実際に制作を行うのはオランダのコーチビルダー「RemetzCar」が担当し、限定台数は20台。
公開されたレンダリングではアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークばりのスタイルを持ちますが、これが実現すればかなりスタイリッシュな車となりそう。

なおNiels van Roij Designでは以前にロータス、マクラーレン、ジャガーなどで働いていたエンジニアたちが在籍していて、今回公開されたテスラ・モデルS以外の車種も「限定カスタム」する準備がある、としています。

これまではレンダリングにて「様々なスポーツカーのワゴン化」などが公開されてきましたが、こういったデザインファームの登場で、それらが「現実に」なるかもしれませんね。

ちなみに昔からフェラーリやアストンマーティンを「ワゴンにカスタムしてしまう」富豪も存在し、中にはアストンマーティンが直接ワゴン化したものも。
最近ではポルシェが「まさかの」パナメーラのワゴン、「スポーツツーリスモ」を発表していますが、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークの登場とあわせ、ワゴン市場が活性化したり、ワゴン化カスタム(そういえばコルベットのワゴン化コンバージョンもあった)が一般化すると面白いことになりそうです。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.