ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スバル(SUBARU) >テスラ(TESLA) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

EVに関する世論調査。テスラはライバルが増える中でも支持率を上げ、BMWや日産など既発組は「期待はずれ」、トヨタ・スバルなど「未発売組」への期待が高い

投稿日:

テスラ・ロードスター

| あらためてライバルを寄せ付けないテスラの強さ、そしてトヨタやホンダ、スバルといった日本の自動車メーカーに対する信頼の高さに驚かされる |

一方、アメリカ人は本当にアメ車を信頼していないようだ

さて、EVに関しては様々な市場調査報告があり、最近のものだと「北米市場にて、41%の人が”次に買うのはEV”だとコメントしている」というものも。

そして今回、CarGuruもEVに関する市場調査を行い、ネット上にて1097人の人がこれに回答。

いくつか興味深いものものあり、ここでその内容を紹介してみたいと思います。

人々はEVに対してこんな意見を持っている

自動車メーカーのEV開発に対して興味を抱いている?

  • 興味がある・・・56%
  • どっちでも・・・38%
  • あんまり・・・6%

今後10年でEVを所有する可能性は?

  • かなり「ある」・・・52%
  • たぶん・・・32%
  • ない・・・17%

なお、この「EVを所有する可能性が高い」と答えた人々については、2018年では34%、2019年では45%、そして今回の2021年では52%と調査の年を追うごとに高くなっています。

参考までに、10年ではなく「5年以内」になると、2018年では15%、2019年では26%、2021年では30%となっていて、「10年以内」に比べるとかなり低くなっています。

ただし現在各社とも魅力的なEVを発売しており、EV化の流れは想定よりも早く進んでおり、また1~2年後のアンケートではその比率がぐっと高くなっているのかもしれません。

今後10年以内で、ハイブリッドとEVを所有するならどっち?

  • ハイブリッド・・・36%
  • EV・・・52%

EVを普及させるのに効果的な施策は?

  • 無料での充電サービス・・・65%
  • バッテリーの交換が容易になれば・・・62%
  • 税金が安くなれば・・・56%
  • 維持費のやすさがEV購入価格の割高さを帳消しにできれば・・・56%
  • 延長保証・・・53%
  • リセールが良ければ・・・51%
  • バッテリー生産が環境に優しければ・・・48%
  • EVがメインストリームになれば・・・46%

これを見るに、多くの人がバッテリーの劣化を気にし、そして交換できないことやリセールを気にしている模様(そして、これは目の前にある大きな課題でもある)。

つまりEVはまだまだ発展途上の乗り物であり、今はまだ積極的に選ぶ気になれないということなのかもしれません。

EV/ハイブリッドオーナーが、ほかにガソリン/ディーゼル車を持っている比率は?

  • EVオーナー・・・48%がガソリン/ディーゼル車を所有
  • ハイブリッドオーバー・・・43%がガソリン/ディーゼル車を所有

どの会社のEVをもっとも信頼しますか?

  • テスラ・・・36%
  • トヨタ・・・14%
  • ホンダ・・・8%
  • フォード・・・7%
  • GM・・・6%

これはちょっと面白い結果でもあり、北米市場にてEVを発売していないトヨタがテスラに次ぐ2位をマークしており、おそらくは「トヨタ=ハイブリッド」のイメージが強く、それが「ハイブリッドが良ければ、きっといいEVを作るだろう」という期待値があるのかも。

一方、マッハEやボルトEVを市場投入しているフォードとGMの評価は高くなく、(北米市場にて)GMとホンダがEVを共同開発すると大々的に報じられているにもかかわらず、ホンダの評価のほうがGMよりも「上」。

スバルが新型EV「Solterra(ソルテラ)」の姿を公開!ソル(太陽)とテラ(地球)をあわせたネーミングを持ち、他社との差別化として大自然との関連性を強調?

つまりはこれまでの調査に要同様、アメリカ人はアメ車を信用していないのかもしれず、ただしテスラは「例外」でもあり、テスラの支持率は(競合他社がEVを発売する中でも)年々上昇しています。

米コンシューマーレポートが「最も信頼できる」「最も信頼できない」「もうお勧めできない」リストを発表。「最も信頼できない」10台のうち6台はアメ車

アメリカ人が信頼していないクルマもまたアメ車 米国において大きな影響力を持つ調査機関「コンシューマーレポート」が各種調査を発表。今回は「もっとも信頼できるクルマ」「もっとも信頼できないクルマ」「これま ...

続きを見る

EVを買うならどのメーカー?

  • テスラ・・・57%
  • トヨタ・・・52%
  • ホンダ・・・45%
  • フォード・・・32%
  • スバル・・・28%
  • GM・・・27%
  • 日産・・・26%
  • BMW・・・25%
  • アウディ・・・25%

こちらもまた面白い結果であり、すでにEVを市場投入しているフォード、GM、日産、BMW、アウディを「買う」とした人は少なく、まだ北米にてEVを発売してないトヨタやホンダ、スバルを「買う」とする人が多いのが印象的。

これは「既存のEVに満足していない」のと同時に「トヨタやホンダ、スバルには期待している」ということのあらわれだと言えます。

そうなると、トヨタb4ZX、スバル・ソルテラ、ホンダの(GMとの共同開発となる)新型EVが実際に市場投入された後には好調なセールスを記録する可能性が高そうです(反面、期待はずれであれば、BMWがやアウディ同様に指示が下がる)。

スバルが新型EV「Solterra(ソルテラ)」の姿を公開!ソル(太陽)とテラ(地球)をあわせたネーミングを持ち、他社との差別化として大自然との関連性を強調?
スバルが新型EV「Solterra(ソルテラ)」の姿を公開!ソル(太陽)とテラ(地球)をあわせたネーミングを持ち、他社との差別化として大自然との関連性を強調?

| スバルは現在のブランドイメージ、そしてポジションをEV展開にうまく結びつけたようだ |この記事のもくじ| スバルは現在のブランドイメージ、そしてポジションをEV展開にうまく結びつけたようだ |しか ...

続きを見る

反面、すでにEVを発売して数年経過する、そして数々のライバルが登場する中において、テスラの支持がこれだけ高いというのは驚きでもあり、つまりテスラは「期待以上」の製品を世に送り出していると考えてもよく、それが「EVで唯一高いリセールを誇る」理由なのだと思われます。

あわせて読みたい、自動車に関する調査関連投稿

ランボルギーニ・ウラカン
クルマを買うならこの色!600万台の調査によって「売るときに値段が下がりにくい色、下がりやすい色」が数値化される

| ただし事実が必ずしもそうだとは限らない |この記事のもくじ| ただし事実が必ずしもそうだとは限らない |全ボディ形状共通の人気・不人気カラーはこうなっているSUVの人気・不人気カラーはこうなってい ...

続きを見る

BMWのキー
米ではもっともEV化が進み、EVに優しいカリフォルニアでも「EV購入者の1/5がガソリンに戻っている」という事実。その理由とは?

| 地域こそ違えど、ボクもEVからガソリンに戻った一人でもある。そして当面EVを買うつもりはない |この記事のもくじ| 地域こそ違えど、ボクもEVからガソリンに戻った一人でもある。そして当面EVを買う ...

続きを見る

フォルクスワーゲン
世界を対象にした最新調査では41%の人々が「次に買うのは電動化車両」と答えているようだ!なおアメリカはこの比率が低く韓国は高めの51%

| 国による政策や補助金等の相違が「国による差」となっているのかも |この記事のもくじ| 国による政策や補助金等の相違が「国による差」となっているのかも |韓国については、魅力的な選択肢が登場したこと ...

続きを見る

参照:CarGuru

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->スバル(SUBARU), >テスラ(TESLA), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5