ad-728





>中国/香港/台湾の自動車メーカー

億万長者から無一文へ。EVベンチャー、ファラデー・フューチャーCEOの全資産が差し押さえに


| これにて本当に「終了」か |

ファラデー・フューチャーCEO、Jia Yueting氏の銀行預金、株式、不動産が中国の裁判所によって差し押さえられた、との報道。
すでに200億円相当の資産が差し押さえられているとも報道されていますが、今回の報道がそれと同一なのか、追加での差し押さえなのかは不明。
加えて裁判所によれば「同氏にもうしさんはない」とのことで、いわば億万長者からすっからかんになってしまったということですね。

第二のイーロン・マスクならず

Jia Yueting氏は中国のインターネット関連ビジネスで財を成した人物ですが、その後EVへの参入を表明。
ファラデー・フューチャーを設立してラスベガスに巨大工場を建設するなどの予定を立ち上げ、そのための資金をネバダ州から調達したり、あちこちの投資家から調達。
その後SUV風のEV「FF-91」プロトタイプを発表して予約を募り、この際に集めたお金は(本人の主張が正しければ)約400億円。

しかしながら工場建設や車の発売に向けての動きは一向に見られず、ネバダ州も「ファラデーにはお金がない」、従業員達も「給料が支払われていない」など騒ぎだす始末に。
最近では1200億円の資金調達に成功したとも報じられたものの確たる証拠はなく、今回の裁判所の対応をみるに「もう再起不能」と考えられそう。

なお、Jia Yueting氏は「第二のテスラ」「第二のイーロン・マスク」を目指したのだと思われますが、そう簡単にはゆかなかった、ということですね。

そしてここでやはり際立つのはイーロン・マスク氏の手腕で、ほか自動車メーカーからも「赤字続き」「できない約束ばかりする男」と非難されながらも様々な困難を乗り越えて実現に進んでおり、これは側から見るほど容易なことではないことも改めてわかります。

Jia Yueting氏については、今まで集めたお金や投じた自己資金などを全く活かすことができなかったということで、今後は投資家からの集団訴訟が待っているのかもしれません。

あわせて読みたい、ファラデー・フューチャー関連投稿

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,