>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】日本未導入のBMW 1M。モナコにてマシンガン並みのサウンドを放つカスタムカーが登場

投稿日:2018/01/23 更新日:

| スイスナンバーのBMW 1Mが豪快なサウンドを放つ |

モナコにて、カスタムされたBMW 1Mクーペが走り回る動画。
1Mクーペは3リッターツインターボエンジンから335馬力を発生して後輪のみを駆動。トランスミッションは6MTのみというスパルタンなモデル。
軽量化に加えM3用のブレーキシステムを持ち、さらにはワイドボディが与えられ、現在でいう「M2」のようなモデルですね。
0-100キロ加速は4.9秒、最高時速はリミッター作動にて時速250キロというスペックを誇ります。

日本の法規への対応が難しかった

生産されたのは6309台と言われますが日本には正規輸入されず、その理由は不明。
最低地上高が低かったり、タイヤがちょっとはみ出気味であったりといったことがその理由ではないかと言われ、それらを日本仕様に合わせてもモトがとれるほどの販売台数を見込めなかったんじゃないかと思います。

なお、今回動画に登場するBMW 1Mはラッピングにホイール交換が行われるなどかなりコストがかかっているようですが、なんといっても驚かされるのはそのマフラー。
まるでマシンガンのようにバリバリバリと炸裂音を放っており、これで法に触れないのか?と心配になるほど。

それでは動画を見てみよう

こちらがBMW 1Mがありえないサウンドを披露する動画、「BMW 1M Coupè with CRAZY LOUD Anti-Lag - Backfires, REVS &Crackles!!」

あわせて読みたいモナコ関連投稿

モナコはとにかくエキゾチックカーの宝庫という印象がありますが、日本では考えられないような改造車も多く走っているようですね。

関連投稿:オーストリアにて、激シブなBMW1シリーズ。SWISSVAXのデモカー?


ミリタリー調に蛍光ホイール、というぼくの好みにドンピシャなBMW1シリーズ。
おそらくはデモカーだと思われますが、いつかはこういった仕様にチャレンジしてみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.