>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

本家BMW M5よりパワフルで速い「新型アルピナB5」がさっそく展示。ラインはブラック

投稿日:2018/02/08 更新日:

| アルピナ版M5が早くも登場 |

BMWアブダビに新型5シリーズをベースにした「アルピナB5ビターボ(Bi-Turbo)」が登場。
その出力は608馬力と本家BMW M5の600馬力を超えており、アルピナの本領発揮というところ。

なお0-100キロ加速は3.5秒でBMW M5の0.1秒遅れとなっており、0-200キロ加速は11.4秒(M5の0.3秒遅れ)。
これはギア比の違いと言えそうで、というのもM5の最高速305km/h(Mドライバーズパッケージ装着でリミッター解除)に対してアルピナB5ビターボは330km/h。

アルピナB5ビターボを見てみよう

なおアルピナの特徴的なストライプは「ブラック」。
通常はシルバーやゴールドのラインが多いと思われますが、これはなかなかに珍しい部分ですね。

bmw-abu-dhabi-alpina-b5-blue-4

フロントには立体で「ALPINA」。
そういえば昔のアルピナのフロントリップにはALPINA文字がありましたね。

bmw-abu-dhabi-alpina-b5-blue-5

ブレーキキャリパーはブルー。

bmw-abu-dhabi-alpina-b5-blue-18

リアはけっこう上品。
小ぶりなトランクリッドスポイラー、リアディフューザーが装着されています。

bmw-abu-dhabi-alpina-b5-blue-7

インテリアはブラウンレザー基調。
アルピナというと「ブルーメーター」がトレードマークのようなものですが、液晶となった新型M5のアルピナ版ではどうなっているのか興味のあるところ。
コントラストステッチ、パイピング、明るいウッドが使用されていますね。

bmw-abu-dhabi-alpina-b5-blue-3

あわせて読みたいアルピナ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.