ad-728





>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンの任意保険更新。料率変更にて151,760円へとダウン

2018/07/29

| ランボルギーニ・ウラカンの任意保険を更新 |

lamborghini huracan

さて、そろそろランボルギーニ・ウラカンの保険を更新する時期に。
今年も昨年同様の補償内容にて更新を行う予定ですが、昨年の182,850円から今年は大きく下がって151,760円に(その前の年から昨年はほぼ変化がなかった)。
なお、ぼくは「等級」についてすでにマックスの20等級(63%割引)まで進んでおり、これによって金額が変化することはありません。

車両ダウン、損害アップ

どこが変わったのかと思って内容を確認すると、ウラカンの「料率クラス」が変わっているようで、これが大きく影響しているようですね。

ウラカンの料率クラスは昨年まで「車両:8、対人・自損:6、対物:5、損害:4」でしたが、今年は”車両”が下がって”損害”が上がり、「車両:7、対人・自損:6、対物:6、損害:4」。※アウディTTのほうが車両の料率クラスが高い
たとえ”損害”の料率が上がったとしてもウラカンの場合は”車両”の対象金額(要は車本体の価格)が高く、しかしこの料率が下がったことが大きく影響している模様。

ここでその内容を見てみましょう。

三井住友海上 GKクルマの保険・家庭用自動車総合保険
ノンフリート20等級
運転者本人・配偶者限定特約
35歳以上保障
ゴールド免許割引
20等級 事故有係数適用期間 0年
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限(免責20)
対物超過修理費用:補償あり
人身傷害:5000万円
ケアサポート費用:補償あり
塔乗車傷害:入通院2区分
車両保険:一般(2605万円/3250万円→2835万円→2770万円)
ロードサービス特約
自動車事故弁護士費用

保険料はどうやって決まるの?

なお保険の料金が決まる仕組みは下記にまとめていますが、大まかにいうと「年齢の高低」「その車の事故率が高いかどうか」が一番大きそう。
ついで、「事故の際の修理費用が高いかどうか」ということになります。
事故率について、ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといった車はそう高くはなく(乗る人の年齢層が高いからか。峠を走って事故を起こすことも多くない)、やはり高いのはランエボや86といった”走り屋御用達”な車たち。
修理費用については特殊な構造や素材を使用していたりする車の場合は不利で、たとえばカーボンファイバーモノコックを持つBMW i3は修理費用が非常に高額であるために車両の料率クラスが「8」とかなり高く、そのために保険料も結構高額であったことが記憶に残ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費, ■ニュース
-, , ,