>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

まさに歴史的快挙。中国製イヴォークのパクリ車に対しランドローバーが勝訴。そして「海外の自動車メーカーが対中コピー訴訟で勝ったのはこれが最初」だという事実

「やられっぱなし」の状況がこれで少しは変化する? レンジローバー・イヴォークは中国において大変なヒットとなり、そのために中国の自動車メーカーが異ヴォークをすぐさまコピーして「Landwind X7」として発売したのは記憶にあたらしいところです。そしてジャガー・ランドローバーは当然これに対して法的措置を取り、しかしなんと中国の地方裁判所はジャガー・ランドローバーの主張を認めないという判断を下し、つまり「イヴォークのコピー車は合法」になってしまった、という後日談のおまけつき。 中国でイヴォークのコピー車「X7 ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ちょっと待って!ポルシェ「カーボンブレーキはホイールを汚したくない人が選ぶオプションだ。サーキットでは鋳鉄ディスクを推奨する」

しかも「カーボンディスクはサーキットを走ると劣化する」とも。PCCBの立場はどうなるの? ポルシェがカーボンセラミックディスクブレーキについて衝撃の発言。これはポルシェのオーストラリア法人にて技術担当を務めるポール・ワトソン氏が、カーメディア「WhichCar」に対して語ったもので、「カーボンセラミックディスクブレーキの寿命が長いというのは間違いだ。サーキットを走るとすぐに劣化する。カーボンセラミックブレーキは、ホイールがダストで汚れるのを嫌う人々が選択すべきオプションだ」という内容。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore



●アウディTT(8S) ■ニュース

アウディTT納車から半年。満足している点、そうでない点、後悔などをまとめてみた

投稿日:2018/04/14 更新日:

| アウディTTに半年、14000キロ乗った感想 |

さて、アウディTTも早いもので納車から半年が経過。
このあたりで半年乗ってみた感想を述べてみたいと思います。

なお、この半年で乗った距離は14000キロ、平均燃費は12.39キロ。
燃費については以前に乗っていた先代アウディTT(8J)の23.56キロ/リッターに比べると良くはなく、これは(ぼくの乗っていた)先代8J TTはFF、現在の8S TTは4WDというところに原因がありそうです。※使用や走行環境は変わっていない








アウディTT(8S)の満足度は非常に高い

全般的な満足度からいえば、これまでに”日常の足”として乗ってきた車の中では非常に高いものがあり、思い浮かぶ範囲では「レンジローバー・イヴォークの次」くらい(イヴォークは非常に満足度が高かった)。

今のところまったく「乗り換えよう」という気は起きず、これは飽き性のぼくとしてはかなり珍しい、と考えています。

スタイルはTTにとって重要な部分

どういったところに満足感を感じるかというと、まずはスタイリング。
こればかりは好みが入るので客観的な判断基準とはなり得ず、しかしそのシャープなエッジとTTならではのシルエット、そして何より「イエロー」を選んで本当に良かった、と思います。

もともと今回イエローを選んだのは「暗いボディカラーの車に乗っているとなんとなく気分も沈むように感じたため」で、イエローであれば運転中の気分も明るくなるだろう、というもの。
実際にイエローのTTは見た目が華やかで目立つので、何度見ても非常に新鮮だと感じています。

多くの車はデザイン的にも「もうちょっとこうだったら(フロントウインドウが寝ていたら、とかドアがサッシュレスだったら、とかドアミラーがダサいとか)」という部分があるものの、TTはそれがほぼ無いといっていい車で、ぼくの経験上、これは非常に珍しいことだと考えています(スタイルに関してだけだと、イヴォークは”もうちょっとこうだったら”という点が多かった)。

乗り心地にはやや不満も

ただ、全く不満がないかと言うとそうではなく、運転してみるとちょっとした不満も。
まず、ノイズやバイブレーションがけっこう大きい、ということ。
アウディはTTを「スポーツカー」だと位置づけており、重量と静粛性・快適性とを天秤にかけた結果「軽量性」を重視したようで、ロードノイズ、アイドリングストップからの復帰時などの振動はけっこう気になる部分(同じアウディのA5と比較してもけっこう気になる)。

トランスミッションの特性上、変速ショックは仕方ないとして(これは先代の8J TTに比べると大きく改善しており、不満の出るレベルではない)、ヒルスタートアシストが作動して車をスタートさせる時の唐突さ(パーキングブレーキが外れるのが急すぎる)、完全停止する前のブレーキの急激な効き、そして低温時かつ低速時でのカックンブレーキはちょっと気になるところ。

ヒルスタートアシストは仕方がないとして、ブレーキフィールについてはそのうち対策を考えており、社外品のブレーキパッドに交換でもしてみるか、とは考えています(フィーリングが悪化しないよう、十分な調査が必要)。※同時にブレーキキャリパーの塗装も行いたいところ

なお、サスペンションは「硬すぎない」レベルですが、もうちょっと柔らかくても良いかと考えており(ぼくのTTはSラインなのでスポーツサスペンションが入っている)、その意味ではもっと柔らかいところから、もっと硬いところにまで幅広く調整ができる「マグネライド」をオプション装着したほうが良かったと思えるところ。

エンジン性能は「ほぼ」満足

エンジンは2リッターターボながらも230馬力を発生し、車体重量も1370キロと軽量なので、まずまず不満の無いレベル。
燃費重視の「エフィシェンシー」で走ってもそれは同じであり、けっこうパワフルな印象がありますね。
ただしこのモードだと追い越しのための加速時などターボラグが気になることがあって、シフトダウンするか、追い越しが想定されるときはドライブモードを「エフィシェンシ」よりも上に上げておくのが良さそうです(ステアリングホイールのファンクションキーにドライブモード変更を割り当てておくと良い)。

なお、ドライブモードをスポーツ走行対応の「ダイナミック」に変更するとスロットルレスポンスやエキゾーストサウンドが大きく変わり、かなり楽しく走れます。
ただ、シャシー性能が高いために「もっとパワーが」欲しくなる時があるのもまた事実ではありますね。



ハンドリング、ブレーキングは?

ハンドリングに関しては基本的に「ニュートラル」ですが、けっこう速度を上げてゆくと、そしてタイトなカーブになるとTT特有のクセが出ることも。
TTはFFベースの4WDで、その4WDシステムにはハルデックス5を採用しています。
ぼくの腕が未熟なせいもありますが、カーブ手前ではしっかり減速しないと「アンダーステア」が顔を出すことになり、FFベースの4WDなのでFF特有のタックインも使えず、そしてFRならではの「後輪の駆動力で曲げる」のも不可能。

つまりは「とにかく減速するしか無い」ということになりますが、これはアウディの横置きエンジン構造を持つ4WDならではの特性と言えるかもしれません(トルクスプリット4WDではあるものの、外輪の駆動力を絶対的に増すのではなく、内輪にブレーキをかけて相対的に外輪の駆動力を強めるもので、この辺りおなじトルクベクタリング型でもホンダのSH-AWDとは異なる制御を行う)。

そしてその性質が顕著に出るのは「S字カーブ」で、これは最初のカーブの進入速度を誤ると「もうどうしようもない」事態に。
これなニュルブルクリンクの特定コーナーで「RS3だけ」がコースアウトしてしまうという事例が示す通り、やはり構造上の問題なのかもしれません。

要は「しっかり減速しないと」いけないということになりますが、TTのブレーキは「あまり効かない(これもブレーキパッドを交換したい理由の一つ)」という問題点も。※法定速度内であれば問題はなく、しかしサーキットに持ち込むと問題となりそう
ただし「TTS」だと容量の大きなブレーキシステムを持っており、「真剣に走るなら」TTではなくTTSを選ぶ必要がありそうです。

tt

総合的に考えてどうなのTT?

なんだかんだ言っても上述の通り満足度が高いのがアウディTT。
スポーツ走行での弱点は露呈しますが、スポーツ走行を行う機会はごく稀で通常走行の範囲では運動性能に不満を感じることはないと思われ、逆にスポーツ走行メインであればTTSもしくはTTRSを選択すれば問題はなさそう。

さらにTTSでは「マグネライド」も装備されており、車両本体価格は高くなるものの、そのぶんのリターンも大きい、と考えられそうですね。
かつ売却時の価格もTTよりはもちろん有利で、その意味ではも「TTではなくTTSを選んでおけば良かった」というのが半年間TTを乗った正直な印象です(ポテンシャルが高いからこそ上のグレードが欲しくなるのであって、ポテンシャルが低いから上のグレードを欲しているわけではない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●アウディTT(8S), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.