ad-728





>パガーニ(PAGANI)

パガーニの希少モデル、「ウアイラBC」」、ワンオフの「ランポ」が中古市場に。ランポは走行わずか8キロ

2018/08/11

| パガーニは意外と売り物件が多い? |

パガーニの正規ディーラー、「パガーニ・ニューポートビーチ」にて、即完売の限定モデルである「ウアイラBC」、フェラーリ副社長のオーダーした「ウアイラ・ランポ」が販売中。
ウアイラBCは2016年に発表されたモデルで、「BC」はパガーニの最初の顧客でもあるBenny Caiola氏の頭文字を取ったもの。
同氏はイタリアから無一文でアメリカに渡り、そこで成功した後にパガーニ(当時はゾンダ)の第一号車をオーダーしたと言われ、そのBenny Caiola氏へと敬意を払った限定シリーズが「ウアイラBC」」。

パガーニ・ウアイラBCが公開。3億7000万円にもかかわらず既に完売

ウアイラBCは「ウアイラ」シリーズでもっともスパルタンなモデルでもあり、出力はウアイラから60馬力向上して789馬力、一方で重量はマイナス132キロ。
ボディ剛性そのものも20%向上し、トランスミッションはXtrac製新型7速オートMTを搭載することで変速スピードもこれまでの半分に。
さらにはエアロパッケージも大きく変更されて強力なダウンフォースを生み出すことが特徴。

その分価格はぐっと上がって約3億7000万円だと報じられているものの、発表と同時に限定台数の20台が即完売しています。

このウアイラBC」の販売価格は「ASK」

なお、このウアイラBCの販売価格は掲示されておらず「ASK」。
走行距離は2133マイルと記載されているので、この手の車にしては結構走っていることになり、つまり購入した時点では売却することを考えたわけではない(転売目的ではない)のかもしれません。

pagani-huayra-bc (3)

ボディはクリアカーボンにブルーカーボン、そしてブルーとイエローのライン。

pagani-huayra-bc (2)

テールパイプはチタン製。

pagani-huayra-bc (12)

もちろんエキゾーストシステム全体もチタン製で、これによって7.1キロの軽量化を達成。

pagani-huayra-bc (5)

ブレーキはよく見るとブレンボの「新型」ですね。
これは従来品に比較すると9%軽く、しかもこのホイールも標準仕様に比べて(4輪で)6キロ軽いとされているので、バネ下重量はかなり軽くなっていそう。

pagani-huayra-bc (6)

カナードと一体化したフロントスポイラー。

pagani-huayra-bc (11)

フェンダー上にはルーバー。
ミラーのステー、ハウジングまでカーボン製です。

pagani-huayra-bc (10)

インテリアはウアイラと大きく変わるものではなく、しかしアルミ色であったパーツがブラック仕上げに。
このウアイラBCが発表された時期から、パガーニはカラーアルマイトを採用し始めているようです。

中央のディスプレイはフロントリフター(段差越え時にフロントの車高を上げる)作動を表示?

pagani-huayra-bc (9)

どこまでもカーボンとアルカンターラという、スパルタンなインテリア。

pagani-huayra-bc (8)

それでいて優雅さも持っているという、不思議な内装ですね。

pagani-huayra-bc (7)

ペダルの構造は完全にレーシングカー。

pagani-huayra-bc (1)

ウアイラ「ランポ」も販売中

そしてもう一台、パガーニ・ニューポートビーチで販売されているのが「ウアイラ・ランポ」。
これはフィアット創業者一族にしてフェラーリの副社長、ラポ・エルカーン氏がパガーニに注文した個体。

「ランポ」とはイタリア語で”稲妻”を意味し、各所に稲妻モチーフがあしらわれるほか、1954年のフィアット・タービナ・コンセプト風のカラーリングが施されます。

こちらの個体については走行距離がわずか5マイルで、つまり「全然乗ってない」ということに(パガーニも実走テストを行っていない?)。
転売目的で購入したのではないと思いますが、あまりにすぐに売られると、せっかく手間をかけて造ったパガーニもちょっと悲しいのでは、と思ってしまいます。

これまでで「最もハイレベルなカスタムの」パガーニ・ウアイラ”ランポ”登場。オーダーしたのはフェラーリ役員

VIA:PAGANI NEWPORT BEACH

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->パガーニ(PAGANI)
-, , , , , ,