ad-728





>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

アバルト595にスパルタンな限定モデル「コンペティツォーネ・パフォーマンス・パッケージⅡ」登場。MTのみ、機械式LSD装備

| アバルト595にスパルタンな限定モデルが登場 |

アバルトが「595」にハードな装備が与えられた「Abarth 595 Competizione Performance Package II(アバルト595コンペティツォーネ・パフォーマンス・パッケージⅡ)」を発表。
これは100台の限定モデル(右ハンドル50台、左ハンドル50台)で、価格は398万円。

エンジンそのものはベースとなる595と同じ180馬力ですが、トピックとしては「Bacci Romano社製の機械式LSD装備」。
アバルトきってのハードコアモデルである「695ビポスト」にも装備されており、これによって痛快なコーナリングの立ち上がりが可能に。

グレーにブラックの渋いカラー

その他の専用装備だと17インチサイズの「12スポークアルミホイール(イエローのセンターハブキャップつき)」、イエロー仕上げのブレンボ製ブレーキキャリパー、専用ボディカラーの「グリージョ・ピスタ」、ブラックのドアミラーカバー/サイドストライプ/リップスポイラー/リアバンパーインサート/、といったところ(アバルトによる専用サイトはこちら)。

画像を見ると、ホイールやスポイラー/バンパーインサートはマットブラックのように見え、これがソリッドカラーの「グリージョ・ピスタ」とベストマッチ。

なお、エキゾーストシステム(マフラー)は”レコード・モンツァ”で、これはとても1.4リッターとは思えない重厚なサウンドを奏でるもの。

2_595_PP_rear2

インテリアにおいてもブラックとグレーで統一されており、走行性能だけではなく見た目もスパルタンな一台だと言えそうです。

4_595_PP_inte

アバルト695ビポストって何?

アバルト695ビポストとは聞き慣れない名前ですが、これはアバルト595を190馬力にチューンし、さらに軽量化(997キロ)や2シーター化(=イタリア語でビポスト)、レース用のドグミッションを装備して価格845万円というトンデモ級の変態車。

サイドウインドウの昇降もなく、レーシングカーのように「小窓をスライド」させて窓を開ける構造を持ちますが、エアコンもないので乗ること自体が「苦行」になりそうなクルマでもあり、しかしFCAジャパンはフェラーリオーナーのための代車としてこれを貸し出したことがあって、輸入されたのは10台のみと言われるこのクルマを運転できた人は非常に幸運だと思います。

abarth 695 bipost

あわせて読みたい、アバルト695ビポスト関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)
-, , , ,