>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

まさに歴史的快挙。中国製イヴォークのパクリ車に対しランドローバーが勝訴。そして「海外の自動車メーカーが対中コピー訴訟で勝ったのはこれが最初」だという事実

「やられっぱなし」の状況がこれで少しは変化する? レンジローバー・イヴォークは中国において大変なヒットとなり、そのために中国の自動車メーカーが異ヴォークをすぐさまコピーして「Landwind X7」として発売したのは記憶にあたらしいところです。そしてジャガー・ランドローバーは当然これに対して法的措置を取り、しかしなんと中国の地方裁判所はジャガー・ランドローバーの主張を認めないという判断を下し、つまり「イヴォークのコピー車は合法」になってしまった、という後日談のおまけつき。 中国でイヴォークのコピー車「X7 ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ちょっと待って!ポルシェ「カーボンブレーキはホイールを汚したくない人が選ぶオプションだ。サーキットでは鋳鉄ディスクを推奨する」

しかも「カーボンディスクはサーキットを走ると劣化する」とも。PCCBの立場はどうなるの? ポルシェがカーボンセラミックディスクブレーキについて衝撃の発言。これはポルシェのオーストラリア法人にて技術担当を務めるポール・ワトソン氏が、カーメディア「WhichCar」に対して語ったもので、「カーボンセラミックディスクブレーキの寿命が長いというのは間違いだ。サーキットを走るとすぐに劣化する。カーボンセラミックブレーキは、ホイールがダストで汚れるのを嫌う人々が選択すべきオプションだ」という内容。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

英国トヨタが「86は非常に成功したクルマ。次期86はスバルとの共同開発」と発言。世界での”86”検索ボリュームはフェラーリ488を上回る

さらに「86とスープラとは共存できる」とも toyota 86 次期トヨタ86については様々なウワサが登場していますが、今回トヨタの欧州法人にてマーケティングチーフを務めるマット・ハリソン氏が次期86を確約する発言を行っています。これによると「初代(現行)86は非常に成功したスポーツカーだ。スープラが登場しはしたものの、スープラは86のポジションを奪うものではない。両者は完全に共存できる」とのこと。 なお、先日公開された統計によると、ヨタ86の検索ボリュームは日本だと「450」ではあるものの、イタリアでは ...

ReadMore



>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■駄文(日々考えること)

ふと疑問に思った。なぜ軽自動車は魅力的なデザインが多いのに乗用車はそうではないのか?なぜホンダS660は軽自動車でなくてはならなかったのか?

投稿日:2018/12/30 更新日:

乗用車も軽自動車のようなデザインを採用すればもっと売れそうなのに

スズキが発売した「スペーシア・ギア」。
スペーシア、スペーシア・カスタムに続く「第三の」スペーシアとなりますが、これは実に魅力的なスタイリング。

ぼくは以前にホンダ・エレメントに乗っていたことがあって、こういった「(文字通り)ギア感のある」クルマには非常に惹かれる傾向があります。

このスペーシア・ギアについては「スペーシアを道具っぽく」仕立て上げたということになりますが、外観だとルーフやホイール、ヘッドライトまわりなどに施したガンメタリック塗装、インテリアだとツールボックス風のダッシュボードやアウトドアウォッチ風のメーターなど視覚的な演出に優れており、かなり魅力的なクルマに仕上がっているようですね。

なぜ軽自動車のデザイン性は優れるのか

そこでぼくがふと思うのが、「なぜ軽自動車のデザインはイケてるのに、普通乗用車のコンパクトカーのデザインはイケてないのか」。

軽自動車には優れたデザインを持つクルマが多数あって、たとえばスズキだとこのスペーシア・ギアのほか、ジムニーやハスラーがその筆頭。
ハスラーだと「タフワイルド(TOUGHWILD)」や、

styling1
▲ツートンカラーがナイス。ただしあまり見かけないので、一般にはツートンカラーは敬遠されるのかも

ワンダラー(Wonderer)」はさらにデザインに特化したモデルだと言えます。

styling1 (1)

ダイハツであれば「ムーヴ キャンバス」はとくに目をひく存在。

main01
▲近所でベンツに乗ってたオッサンもこれに乗り換えた

ホンダだとN-ONEやN-BOXのほか、やはり「S660」がインパクトのあるモデルです。

pic_design_01

軽自動車は各メーカーにとっては「台数を稼げる」カテゴリ

なお、現在軽自動車の販売台数は「非常に」多く、その理由は謎。
ぼくが考えるその理由は大きく分けて3つですが、もちろんこの他にもあるかもしれません。
そして、軽自動車は「売れる」から各社ともコストを突っ込む、コストを突っ込むからいい製品になる、いい製品が多くなるから売れる、というサイクルに突入しているのでしょうね。

1.維持費が安い

軽自動車は税金含めて維持費が安いことが特徴で、タイヤなど消耗品の価格も乗用車に比較すると割安。
やはりこれに魅力を感じる人は多く、たとえば「クルマを欲しいわけではないが、クルマを買わなくてはならない」という人、とくに支出を抑えたい人にとっては非常に魅力的に映るのは間違いなさそう。

2.デザインに優れる

これは今回話題としたいところで、乗用車よりも優れるデザインを持つクルマが多数。
正直、デザインだけで「欲しい」と思わせる軽自動車が多く存在します。

3.実用性が高い

実用性については改めて触れる必要もないほどですが、軽自動車の場合は乗用車に比べて「行動範囲を絞っている」ために割り切った設計が可能なのだと思われます。
つまり高速道路で長距離を移動したりといった用途を切り捨てて「近場のみ」に限定した用途を前提にした設計ができるということで、これが「背の高い」スタイルを実現しているんじゃないかと考えているわけですね。

軽自動車はもともと「業務用」もしくはそれに近いという感覚しか自動車メーカーは持っていなかった

そして、ぼくがここで思うのは、軽自動車はもともと潜在的な需要があり、しかし各メーカーとも軽自動車は「安く」作ることしか考えていなくて、そこへホンダが「N-BOX」にて高くともデザイン性や機能性に優れる軽自動車を投入し、そこへ「こんな軽自動車が欲しかった」という人がなだれ込んだのではないか、ということ。

そして、そういった現象を見た他社が「これは儲かる」と踏んで「高額、かつ高付加価値な軽自動車」を多数発売し、その結果として競争が厳しくなって、さらに各メーカーとも趣向を凝らした商品(軽自動車)を発売するようになってきているために魅力がどんどんアップしているんじゃないかと考えているわけです。

つまり、もともと「軽視されていた」手付かずの市場であっただけに、その(市場と商品両方の)成長速度は速く、かつ商品の魅力自体も急速にインフレを引き起こし、かつ多様性が出てきている、ということにもなりますね。

乗用車市場はすでに「商品が成熟」しているために消費者にとって魅力的にな選択肢がないけれど、軽自動車には目移りするような選択肢がたくさんある、とも言い換えることができるかもしれません。

なぜ自動車メーカーは「乗用車」でのチャレンジを行わない?

そこで疑問なのが「なぜ、自動車メーカーは(軽自動車ではない)乗用車で軽自動車のようなデザインを採用しないのか」ということ。
デザイン性の高い軽自動車の販売台数が多いということはすでに立証されていて、とくにアウトドアテイストの強い軽自動車は人気があるようです(2018年11月の軽自動車販売ランキングはこちら)。

こういった傾向を見るに、もっと乗用車に軽自動車っぽい要素を落とし込んだクルマを発売してもいいのではと思いますが、今のところそういったクルマは「スズキ・クロスビー」「ジムニー・シエラ」といったところ(かろうじてトヨタ・アクア・クロスオーバーもあるが、ちょっと詰めが甘い)で、ジムニー・シエラの大人気は度々報じられるところ。

軽自動車のような「ユーティリティ」に特化した乗用車だと「ルーミー」「タンク」があり、それぞれ2018年11月の販売状況だと10位と13位となっていて、かなりランキング上位に位置することが分かります(C-HRより売れている)。

よって、ぼくはコンパクトカーにおいても「もっと趣味性の強い」デザインを採用したほうがいいと考えていて、ホンダもたとえばフィットを「スタイリッシュ」にするよりも「(スペーシア・ギアみたいな)ギアっぽい」デザインにフルモデルチェンジしたり、もしくは「(ムーヴ・キャンバスのような)クラシックなデザイン)」を持つバージョンを投入したり、「(N-BOXのような)極端に広いカーゴスペースを持つ」仕様にしたりしたほうがいいんじゃないか、と思うわけですね。

gear

なぜS660は軽自動車企画だったのか

そしてもう一つぼくが気になって仕方ないのは「なぜホンダはS660を軽自動車枠で発売したのか」。
「ビート」の後継という意味合いが大きかったとは思うのですが、スポーツカーに関して言えば軽自動車と乗用車とでは市場規模に違いがあり、乗用車のほうが「マーケットが大きい」のは間違いがないところ。

たとえばトヨタ86の販売台数はおおよそ月間600台程度(月販目標は500台)で、マツダ・ロードスターは平均すると400台くらい。
一方でホンダS660は月平均で300台に満たない程度(コペンは200台くらい)。

しかしながら、もしホンダが1500-2000ccくらいの排気量で、乗用車規格にてS660を発売していたならば、トヨタ86程度の販売台数を稼ぐことができ、かつ海外へ輸出することで「グローバルでも」販売を伸ばせたんじゃないかとも考えられます。

ですが実際はホンダはS660を軽自動車規格に収め、かつ発売時に納車待ちが出た際にも「需要はすぐに落ち着くので増産はしない」とコメント。
つまり「売る気がなかった」ようにも受け取れますが、営利企業なので実際にはもっと売りたかったはずであり、なぜ「売れる」方法を選ばなかったのかということですね。

▲一部の国では並行輸入車として軽自動車が走っている

考えられる理由としては「軽自動車枠に収めることで開発コストが非常に安く収まる」ということで、たとえば軽自動車だと日本国内のみの販売にとどまるため、より低い速度制限の中での安全性を担保できればよく、大幅にコストを削減可能。

反面、海外で売るとなると、より高い速度域での性能や安全性を追求する必要があり、それには当然コストが掛かります。

つまり、「たとえ販売数量が2~3倍になろうとも」軽自動車から乗用車枠へ拡大することでかかるコストは吸収できないという判断がなされたということになると想像でき、もし本当にそうだとしたら、軽自動車と乗用車とのコストは「それほどまでに差がある」ということになりそうです(軽自動車は採算性がいい)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >スズキ(SUZUKI), >ダイハツ(DAIHATSU), ■駄文(日々考えること)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.