>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラはたった10年でポルシェと同じ台数を出荷するようになり、発売1年めのモデル3は「アメリカで「最も売れたプレミアムカー」に

もう誰もテスラを無視することはできない テスラが2018年の業績を発表し、その販売台数は創業以来もっとも多い245,240台であった、と報告。この数字がどれくらいのものかと言うと、同じく過去最高を記録したポルシェの販売台数が256,255台であり、つまりテスラは2003年の設立から数えて15年、最初のクルマ(ロードスター)を発売してからわずか10年でこの数字を達成した、ということになります。※テスラですら、設立から第一号車の発売までに3年を要している こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

今度はマクラーレン・セナが競売にて転売。同競売にはレクサスLFA、フォードGT、マクラーレン12Cハイスポーツなど限定車が一挙に登場

マクラーレンは他メーカーに比較すると転売が多いように思われる 米オークション会社バレット・ジャクソンが、自身の主催する競売にてマクラーレン・セナを出品する、と発表。マクラーレン・セナは500台のみの限定で、アメリカ市場には120台が割り当てられていますが、そのうちの一台が販売に供されるということになりますね。なお、このセナのシャシーナンバーは「005」なので、かなり早い段階で納車された個体ということもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向 ...

ReadMore

■近況について ■食べ物や飲み物など ■ニュース

トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきた。チーズリゾットは絶品だ

どの料理もトリュフづくし さて、今回の香港グルメ紀行第一弾。ハーバーシティ内にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきたわけですが、ここはその名の通りトリュフ専門レストラン。とくにこのお店を目指していたわけではないものの、なかなかにトリュフ専門店というのも珍しく、「いっちょトリュフでも食べてみるか」ということに。※日本だと東京ミッドタウンに入居している。本店はパリ こちらもオススメ、関連投稿香港グルメ紀行、「市場」編。新鮮な食材を使用した海鮮料理を食べ ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus) ■ニュース

ロータスが今後「中国産」になるとの報道。親会社の吉利汽車が武漢に建設する新工場にて吉利、ボルボとともに生産予定

理論的に考えるとやっぱり「そうなる」 ロータスが中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」傘下となってしばらく経ちますが、その吉利汽車は中国・武漢に1500億円を投資して新しく工場を建設する見込み。そして今回ロイターが報じたのが、「ロータスも今後、吉利汽車の武漢工場で製造される」ということで、「わかっていたけど実際に報道されると、ちょっとショック」。 こちらもオススメ、関連投稿ボルボ/ロータスの親会社、吉利汽車が空飛ぶ車の会社を買収。今後はロータスも空へ?テスラが上海で「ギガファクトリー3」の建設に着 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディA1「オールロード」のスパイフォト。小粒でピリリと辛いアウトドア風味に?

アウディは「オールロード」をサブブランドとして確立したい? アウディA1"オールロード"とみられる車両のプロトタイプが走行中。その登場が公的に語られたことはないものの、ニュルブルクリンクほか、今回の寒冷地でもテストされるなど、発売に向けて具体的な動きが見えるのも事実です。これまでの「オールロード」はA4アバント、A6アバントをベースとしており、ワゴンボディの車高を上げ、樹脂製のクラディングやロックガード風のデザインを持つ前後バンパーやサイドシルが与えられ、ややワイルドな印象を持つ、というのがその文法。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■駄文(日々考えること)

ふと疑問に思った。なぜ軽自動車は魅力的なデザインが多いのに乗用車はそうではないのか?なぜホンダS660は軽自動車でなくてはならなかったのか?

投稿日:2018/12/30 更新日:

乗用車も軽自動車のようなデザインを採用すればもっと売れそうなのに

スズキが発売した「スペーシア・ギア」。
スペーシア、スペーシア・カスタムに続く「第三の」スペーシアとなりますが、これは実に魅力的なスタイリング。

ぼくは以前にホンダ・エレメントに乗っていたことがあって、こういった「(文字通り)ギア感のある」クルマには非常に惹かれる傾向があります。

このスペーシア・ギアについては「スペーシアを道具っぽく」仕立て上げたということになりますが、外観だとルーフやホイール、ヘッドライトまわりなどに施したガンメタリック塗装、インテリアだとツールボックス風のダッシュボードやアウトドアウォッチ風のメーターなど視覚的な演出に優れており、かなり魅力的なクルマに仕上がっているようですね。

なぜ軽自動車のデザイン性は優れるのか

そこでぼくがふと思うのが、「なぜ軽自動車のデザインはイケてるのに、普通乗用車のコンパクトカーのデザインはイケてないのか」。

軽自動車には優れたデザインを持つクルマが多数あって、たとえばスズキだとこのスペーシア・ギアのほか、ジムニーやハスラーがその筆頭。
ハスラーだと「タフワイルド(TOUGHWILD)」や、

styling1
▲ツートンカラーがナイス。ただしあまり見かけないので、一般にはツートンカラーは敬遠されるのかも

ワンダラー(Wonderer)」はさらにデザインに特化したモデルだと言えます。

styling1 (1)

ダイハツであれば「ムーヴ キャンバス」はとくに目をひく存在。

main01
▲近所でベンツに乗ってたオッサンもこれに乗り換えた

ホンダだとN-ONEやN-BOXのほか、やはり「S660」がインパクトのあるモデルです。

pic_design_01

軽自動車は各メーカーにとっては「台数を稼げる」カテゴリ

なお、現在軽自動車の販売台数は「非常に」多く、その理由は謎。
ぼくが考えるその理由は大きく分けて3つですが、もちろんこの他にもあるかもしれません。
そして、軽自動車は「売れる」から各社ともコストを突っ込む、コストを突っ込むからいい製品になる、いい製品が多くなるから売れる、というサイクルに突入しているのでしょうね。

1.維持費が安い

軽自動車は税金含めて維持費が安いことが特徴で、タイヤなど消耗品の価格も乗用車に比較すると割安。
やはりこれに魅力を感じる人は多く、たとえば「クルマを欲しいわけではないが、クルマを買わなくてはならない」という人、とくに支出を抑えたい人にとっては非常に魅力的に映るのは間違いなさそう。

2.デザインに優れる

これは今回話題としたいところで、乗用車よりも優れるデザインを持つクルマが多数。
正直、デザインだけで「欲しい」と思わせる軽自動車が多く存在します。

3.実用性が高い

実用性については改めて触れる必要もないほどですが、軽自動車の場合は乗用車に比べて「行動範囲を絞っている」ために割り切った設計が可能なのだと思われます。
つまり高速道路で長距離を移動したりといった用途を切り捨てて「近場のみ」に限定した用途を前提にした設計ができるということで、これが「背の高い」スタイルを実現しているんじゃないかと考えているわけですね。

軽自動車はもともと「業務用」もしくはそれに近いという感覚しか自動車メーカーは持っていなかった

そして、ぼくがここで思うのは、軽自動車はもともと潜在的な需要があり、しかし各メーカーとも軽自動車は「安く」作ることしか考えていなくて、そこへホンダが「N-BOX」にて高くともデザイン性や機能性に優れる軽自動車を投入し、そこへ「こんな軽自動車が欲しかった」という人がなだれ込んだのではないか、ということ。

そして、そういった現象を見た他社が「これは儲かる」と踏んで「高額、かつ高付加価値な軽自動車」を多数発売し、その結果として競争が厳しくなって、さらに各メーカーとも趣向を凝らした商品(軽自動車)を発売するようになってきているために魅力がどんどんアップしているんじゃないかと考えているわけです。

つまり、もともと「軽視されていた」手付かずの市場であっただけに、その(市場と商品両方の)成長速度は速く、かつ商品の魅力自体も急速にインフレを引き起こし、かつ多様性が出てきている、ということにもなりますね。

乗用車市場はすでに「商品が成熟」しているために消費者にとって魅力的にな選択肢がないけれど、軽自動車には目移りするような選択肢がたくさんある、とも言い換えることができるかもしれません。

なぜ自動車メーカーは「乗用車」でのチャレンジを行わない?

そこで疑問なのが「なぜ、自動車メーカーは(軽自動車ではない)乗用車で軽自動車のようなデザインを採用しないのか」ということ。
デザイン性の高い軽自動車の販売台数が多いということはすでに立証されていて、とくにアウトドアテイストの強い軽自動車は人気があるようです(2018年11月の軽自動車販売ランキングはこちら)。

こういった傾向を見るに、もっと乗用車に軽自動車っぽい要素を落とし込んだクルマを発売してもいいのではと思いますが、今のところそういったクルマは「スズキ・クロスビー」「ジムニー・シエラ」といったところ(かろうじてトヨタ・アクア・クロスオーバーもあるが、ちょっと詰めが甘い)で、ジムニー・シエラの大人気は度々報じられるところ。

軽自動車のような「ユーティリティ」に特化した乗用車だと「ルーミー」「タンク」があり、それぞれ2018年11月の販売状況だと10位と13位となっていて、かなりランキング上位に位置することが分かります(C-HRより売れている)。

よって、ぼくはコンパクトカーにおいても「もっと趣味性の強い」デザインを採用したほうがいいと考えていて、ホンダもたとえばフィットを「スタイリッシュ」にするよりも「(スペーシア・ギアみたいな)ギアっぽい」デザインにフルモデルチェンジしたり、もしくは「(ムーヴ・キャンバスのような)クラシックなデザイン)」を持つバージョンを投入したり、「(N-BOXのような)極端に広いカーゴスペースを持つ」仕様にしたりしたほうがいいんじゃないか、と思うわけですね。

gear

なぜS660は軽自動車企画だったのか

そしてもう一つぼくが気になって仕方ないのは「なぜホンダはS660を軽自動車枠で発売したのか」。
「ビート」の後継という意味合いが大きかったとは思うのですが、スポーツカーに関して言えば軽自動車と乗用車とでは市場規模に違いがあり、乗用車のほうが「マーケットが大きい」のは間違いがないところ。

たとえばトヨタ86の販売台数はおおよそ月間600台程度(月販目標は500台)で、マツダ・ロードスターは平均すると400台くらい。
一方でホンダS660は月平均で300台に満たない程度(コペンは200台くらい)。

しかしながら、もしホンダが1500-2000ccくらいの排気量で、乗用車規格にてS660を発売していたならば、トヨタ86程度の販売台数を稼ぐことができ、かつ海外へ輸出することで「グローバルでも」販売を伸ばせたんじゃないかとも考えられます。

ですが実際はホンダはS660を軽自動車規格に収め、かつ発売時に納車待ちが出た際にも「需要はすぐに落ち着くので増産はしない」とコメント。
つまり「売る気がなかった」ようにも受け取れますが、営利企業なので実際にはもっと売りたかったはずであり、なぜ「売れる」方法を選ばなかったのかということですね。

▲一部の国では並行輸入車として軽自動車が走っている

考えられる理由としては「軽自動車枠に収めることで開発コストが非常に安く収まる」ということで、たとえば軽自動車だと日本国内のみの販売にとどまるため、より低い速度制限の中での安全性を担保できればよく、大幅にコストを削減可能。

反面、海外で売るとなると、より高い速度域での性能や安全性を追求する必要があり、それには当然コストが掛かります。

つまり、「たとえ販売数量が2~3倍になろうとも」軽自動車から乗用車枠へ拡大することでかかるコストは吸収できないという判断がなされたということになると想像でき、もし本当にそうだとしたら、軽自動車と乗用車とのコストは「それほどまでに差がある」ということになりそうです(軽自動車は採算性がいい)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >スズキ(SUZUKI), >ダイハツ(DAIHATSU), ■駄文(日々考えること)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.