>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 ■自動車各社業績/ランキング等 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ジェレミー・クラークソンの考える「2018年のベスト/ワーストカー」。ベストはランボルギーニ・ウラカン、ワーストはフィアット695

投稿日:

意外とジェレミー・クラークソンは車とその性格とをあわせて冷静に見ている

lamborghini huracan

ジェレミー・クラークソンの考える「2018年のベスト5」「2018年のワースト5」が公開に。
もう2019年に突入したので「2018年」というとけっこう昔のことのように感じたりしますが、とりあえずジェレミー・クラークソンの考える「2018年のベスト」はランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ(星5つ)。

これについては以前にもジェレミー・クラークソンが公式に見解を示しており、ランボルギーニの開発責任者がジェレミー・クラークソンから表彰を受けていますね(これはランボルギーニのプレスリリースでも紹介された)。

ジェレミー・クラークソンは「パワー重視」

なお、ジェレミー・クラークソンは「パワーがすべてを解決する」とも語っていて、とにかくパワー志向と見られがちですが、意外と過去にはアンダーパワーなクルマ(しかし高回転型)にも乗っていたということもあり、いまひとつ好みが掴みきれないところも。

加えて4WDはあまり好きではないと思われ、よって今回の結果についてはちょっと意外。

なお、「人は結婚と育児を経験し、ミニバンに乗って死ぬ」の名言でもわかる通りミニバンを嫌うものの、しかしここの所有車を見るとSUVには比較的好んで乗るという一面もあって、「スポーツカーだけが好きなわけではない」ようですね。

2位以下はこうなっている

そしてジェレミー・クラークソンの考える2位はポルシェ911GT2RS(星5つ)。
盟友でもあるリチャード・ハモンドがポルシェ911を好むのとは反面、ジェレミー・クラークソンはポルシェ911を「ナチのクルマ」と呼んで嫌う傾向にあるので、これもまた意外(しかし過去には自身でポルシェ911を購入し乗っていたこともある)ですが、いいクルマは好き嫌いを抜きにしても「イイ」と冷静に判断していることもわかります。

そして3位はアルピナB5(星4つ)。
V8ツインターボ、600馬力を誇るサルーンですね。
レビューを見ていると、ジェレミー・クラークソンは「乗り心地」についてもかなり気にしていて、その印象とは裏腹にしなやかな足回りを好むようです。

そして4位はアストンマーティン・ヴァンテージ(星4つ)、5位はベントレー・コンチネンタルGT(星4つ)という内容に。

逆にジェレミー・クラークソンの考える「ワースト」カーはこちら

そして毎年「ベスト」とともに公開されるのが「ワースト」。
今年のワーストは「アバルト695Rivale」で、バンピーな乗り心地やドライビングポジションの悪さ、ヤワなボディが低評価につながったようですね。

そしてワースト2はアウディQ8(星2つ)、ワースト3はダチア・ダスター(星2つ)、ワースト4はミニ1499GT(星2つ)、ボルボV60(星2つ)。

VIA:Driving

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), >ポルシェ911関連, ■自動車各社業績/ランキング等, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.