>ランボルギーニ・ウルス関連

「ピンク」に加えて「パープル」?カーン・デザインがカラーはファンシー、形状はハードなウルスのカスタムプランを公開

投稿日:2019/04/08 更新日:

| カーン・デザインはどこまで本気なのかはわからない |

さて、先日ランボルギーニ・ウルスのカスタムプランをちょっとだけ公開したカーン・デザイン。

カーン・デザインはイギリス拠点のチューナーであり、同じイギリスの自動車メーカーであるアストンマーティンのカスタムでも知られますが、別ブランドとして「チェルシー・トラックカンパニー」なる部門を持ち、レンジローバー/ランドローバーやジープといったオフローダーのカスタムも得意としています(ジムニーのカスタムにも参入した)。

前後は「オーバーフェンダー」で武装

以前にも、このピンクのウルスについてはTwitterにて公開しているものの、今回公開した画像は以前のものとちょっと異なり、フロントバンパーやフロントフェンダー、そしてリアフェンダー、Cピラー、リアバンパーのデザインがよりアグレッシブに。

詳細については触れられていないものの、おそらくは「オーバーフェンダー」が装着されるようで、かなり迫力が増しています。

面白いのは、ほかチューナーは「ボディ同色」部分を増加させる傾向にあるのに、カーン・デザインは逆にボディ同色パーツを減らし、ルーフやボディサイド下部をブラックへと変更していること。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ウルスはクーペスタイルを持つとは言え、やはりボディ面積の大きな車であり、しかしこういった部分にブラックを使用することでぐっと全体が引き締まっているように思います。

ウルスに限らずですが、SUVでモールなどをボディカラー同色にすると、それだけ体積が大きく見えてスポーティーさが阻害される場合があり、よってぼくとして、「SUVはこんな感じでボディカラー同色部分を減らす」カスタムのほうがいいだろう」と考えています。

カーン・デザインは他にもこういったカスタムを公開

カーン・デザインはこれまでにもアストンマーティンのボディ外装をすべて置き換えるというカスタムを手がけており、実際に今回のウルスのカスタムであれば「簡単に」実現できそう。

さらにはランドローバー・ディフェンダーの6輪化も予告しており(これはまだ実現していない)、かなりな技術力があるのは間違いなさそうですね。

そして最近だと別ブランド「チェルシー・トラック・カンパニー」でのカスタムも有名。


こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.