>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

「ブラックデビル」として恐れられたドイツの撃墜王が乗っていたフェアレディZ。死後にその自宅から出てきてカスタムされることに

投稿日:

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい

インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。
なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっとしたストーリーがあり、それは「もとドイツの撃墜王が所有者だった」ということ。

そしてその撃墜王とはメッサーシュミットに乗って活躍したドイツの「エリック・ハートマン」。

彼は第二次世界大戦中に仲間からは「Bubi(ベイビーの意味)」として親しまれる反面、敵国からは「ブラックデビル」とあだ名されて恐れられ、実際に撃墜した連合国機の数はじつに352を数えます。

撃墜王がアメリカからドイツへと持ち帰り、自宅のリビングに展示していた個体をレストモッド

しかし戦争終了後に彼は戦犯として捉えられ、その後10年間ソ連の監獄で過ごし、出所後の1956年に西ドイツ空軍へと加入。

その後1970年に退役し、1990年に寿命を迎えたそうですが、それまでにアメリカに住む機会があったそうで、その際に現地で「恋に落ちた」のがこのフェアレディZ(もちろん当時はカスタムされておらず、ボディカラーもノーマルのゴールドメタリックだった)。

このフェアレディZ(280Z)は1976年式で、エリック・ハートマン一家がアメリカからドイツのハンブルクへと引き上げる際にもドイツへと運ばれることになり、その後は彼の自宅のリビングルームに(彼が戦時中に乗っていた戦闘機、メッサーシュミットBf109のパーツと一緒に)ずっと飾られていたそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてこの話がヴィルナーのオーナーでもあるアタナス・ヴィルナー氏の耳に入ることになり、そのストーリーに創作意欲が掻き立てられることになって今回のカスタムプロジェクトが発足したようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

このボディカラーは「ヴィルナー・コバルト・マットメタリック(Vilner Cobalt Matt Metallic)」、そしてアクセントは「ヴィルナー・カッパー・ローズ(Vilner Copper Rose)」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ただしボディカラーを塗り替えるだけではなく各部は大きく作り直されており、前後バンパーは外された上でボディパネルはスムージングされることに。

そしてヘッドライトとテールランプはLED化され、リアのエンブレムはブラックに、そしてリアスポイラーも追加。
リアエンドにはF1スタイルのリアフォグランプも。

画像に含まれている可能性があるもの:車

サイドのウインカーは現代のフェアレディZに採用されるものが流用されていますね。

写真の説明はありません。

ウインドウモールやCピラーのバッジ、ドアハンドルなどはグロスブラックに。
全体的にメッキパーツがなくなり、そのために「イマっぽい」雰囲気となっているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、靴

インテリアはヴィンテージレザーで覆われ、その範囲はシートのみならずセンターコンソールやダッシュボードまで。

一方でカーペット、そしてシートのパイピング、ルーフライニングはボディカラーとマッチしたブルーが採用されています。

シートやドアインナーパネル、ルーフライナーには波型のステッチが入り、ヘッドレストにはヴィルナーの20周年記念ロゴ入り。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

さらにはエンジンにも手が入り、ヘッドカバーにはポリッシュがかけられて点火系もパワーアップ。
タワーバーも装着されていますね。

このフェアレディZについては、ヴィルナーいわく「これまでのどの作品よりもコストと情熱がかけられている」とのことですが、「撃墜王が所有していた」にもかかわらず一切ミリタリー色が入っていないのは興味深い、と思います。

写真の説明はありません。

VIA:Motorious

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.