>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型3シリーズを10年ぶりにBTCCに参戦させると発表!オーバーフェンダーとウイングで武装した姿を公開

投稿日:

BMW 3シリーズはBTCCでもっとも成功した車種の一つ

BMWが新型3シリーズをBTCC(ブリティッシュ・ツーリングカー・チャンピオンシップ/イギリス・ツーリングカー選手権)に参戦させる模様。
現在BMWからこれに参戦するのは125i M Sportですが、これに3シリーズがとってかわる、ということになりますね。

なおBTCCはその名の通りイギリスにおけるツーリングカーレースで、エンジンは2リッターターボのみ、駆動方式は2輪駆動(FFでもFRでもOK)という規定があり、そのほかにも参戦コストを引き下げるルールが定められています。

ただし最近ではWTCR(旧TCR)のほうが盛り上がっており(ホンダ・シビックやVWゴルフも参戦)、ルールがWTCR寄りとなっているようですね。

BMWは10年ぶりに3シリーズでBTCCに復帰

この3シリーズ「BTCC」は4月のブランズハッチにてデビューすることになるそうですが、現在のところ詳細は不明。
ベースモデルは「330i M Sport」となり、公開されたレンダリングだとフロントバンパーやフロントフェンダー、サイドステップ、リアフェンダー、リアウイング等「レーシングカーとしての」装備が付与されていることがわかります(ロールケージも見える)。

なお、BMW 3シリーズはBTCCに1988年から2009年の間に参戦し、ドライバーズタイトルを5回、間にファクチャラータイトルを2回獲得するなど「もっとも成功した車種」のひとつ。
新型3シリーズは非常に高いパフォーマンスを持つと言われており、参戦後は勝利を量産することになるのかもしれませんね。

BMWは数々のレースに参戦中

なお、BMWはけっこうレースに対しては熱心で、フォーミュラE、DTM、ニュルブルクリンク24時間、IMSAなど様々なレースに参戦中(こちらはBMWモータースポーツのサイト)。

その車両としてはM4 DTMが筆頭に挙げられ、2019年からは4気筒ターボにエンジンを載せ替えて戦うことに。

そしてIMSAにはM6 GTE、M8 GTEで参戦しており、とくにM8 GTEはBMWが満を持して放つ新世代のレーシングカー。

惜しむらくは(現在)F1やル・マンといった、日本で知名度の高いモータースポーツへの参戦、そして華やかな戦歴がなく、よって日本市場においてはBMW=モータースポーツというイメージが薄いこと。

アパレルにおいてはプーマ(PUMA)とのコラボレーションにて「BMW MOTORSPORT COLLECTION」を発表し、スニーカーやウエア、キャップ等を揃えるものの、こちらもちょっと影が薄い(同じくプーマからリリースされる”スクーデリア・フェラーリ”に比べても)ように思います。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、テキスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.