>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVOの内覧会へ(2)!一気に10年くらいジャンプした印象があるインテリアを見てみよう

投稿日:2019/03/15 更新日:

ウラカンEVOのインテリアも思った以上に変わっていた

さて、前回公開したランボルギーニ・ウラカンEVOの内覧会「外装編」に続き、今回は「内装編」。

ウラカンEVOのインテリアにつき、「センターコンソールのデザインが変わったくらいじゃないか」と考えていたのですが、その変化は思ったよりも大きく、そしてエクステリア同様に細部が変更されることで全体的な印象がかなり変わっているように思います。

ランボルギーニ・ウラカンEVOの内覧会へ!変わっていないようで「ほぼ全て」が変わっているその外装を見てみよう

ウラカンEVOのインターフェースは根本から変更されている

ランボルギーニ・ウラカンEVOのインテリアにおける最大のトピックはこのセンターコンソールに配置された8.4インチサイズのディスプレイ。

53740615_2252512428305380_6003184293377998848_n

ちなみにこちらがフェイスリフト前の「ウラカン」。
カーナビ、エアコン、車両設定などはこれまでダイアルとボタンによってコントロールしていたものの、これが「ウラカンEVO」ではすべてタッチ式ディスプレイで行うということになります。

dsc01392

ディスプレイはこんな感じ。
最初はちょっと操作に戸惑いますが、ちょっと触ってみるとすぐに慣れ、直感的に操作が可能。

53894609_2252513628305260_951427718119948288_n

ウラカンEVOのメーターはこうなっている

そして、このディスプレイの影響を大きく受けるのが「メーター」。
こちらは「ウラカン」のメーターですが、ウラカンEVOと同じ12.3インチのフルデジタルディスプレイながらも、この液晶パネル内にカーナビが表示されるのが「デフォルト」。

IMG_9067

これは設定によって「メーターフル画面表示」にも変更可能ではあるものの、この表示にするとカーナビ画面がどこにも表示されなくなり、これはこれでちょっと困ることも。

IMG_9070

こちらはウラカンEVOのデフォルト表示(ストラーダ)。
ウラカンとはグラフィックがちょっと違う(メーターの外周デザインが違ったり、背景がヘキサゴンになっていたりする)ことがわかりますが、ウラカンEVOの場合はカーナビ画面はここに表示されず、カーナビ画面は先のセンターコンソール上にあるディスプレイに表示されることに。※訂正:ウラカンEVOもメーター内にカーナビ表示が可能とのこと

よって、ウラカンEVOでは常にこのカッコいいメーターを常時表示でき、そしてカーナビ画面も大きく(センターコンソールに)表示されるというメリットがあって、これは「かなり大きい」変更だと考えています。※ウラカンのメーターは「カーナビ全画面表示」も可能だが、そうなるとメーターが表示されなくなる

53856578_2252513744971915_1893161402995048448_n

こちらはドライブモード「スポルト(SPORT)」。
つまりウラカンではメーターパネルが「メーターとカーナビ兼用」であったものの、ウラカンEVOでは「メーターはメーター専用に」「カーナビはセンターコンソールのディスプレイに」それぞれ独立して表示されるようになっている、ということですね。

54257500_2252513751638581_314942744860557312_n

こちらはドライブモード「コルサ(CORSA)」。

54522004_2252513704971919_6328159398942212096_n

ウラカンEVOの内装は素材や仕上げも変更に

そして、ウラカンEVOでは「EVOトリム」なる選択肢も登場。
インテリアカラーや仕上げのオプションは飛躍的に増加しています。

ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは新色含む41色、内外装のオプションも見てみよう

53729330_2252512478305375_8678639170039578624_n

こちらはドアインナーパネル。

54368175_2252512434972046_8290121930296524800_n

ステアリングホイールなどあちこちがアルカンターラに(スムースレザーも選択できる)。
なお、ウラカンEVOのエンジンはウラカン・ペルフォルマンテと同一ですが、インテリアの多くもウラカン・ペルフォルマンテと同じ意匠が見られます。

54278998_2252512448305378_6112154154912710656_n

こちらはオプションの「カーボンスキン」。
文字通りカーボン調のテクスチャを持つ生地ですね。

53654648_2252514148305208_5502853580152897536_n

その他にはこんな変更も

そしてセンターコンソールでディスプレイが装着されたことにより、その上にあるスイッチの位置も上に移動。
それに伴い、ウラカンでは「スイッチの上にあった」3連デジタルメーターの姿がウラカンEVOでは消滅することとなっています。
なお、待望の「アンビエントランプ」もオプションで選択可能。

54354356_2252513638305259_2580634527185502208_n

ルームミラーにはテレメトリ用のカメラも装着(リアバルクヘッドにも取り付けられている)。
カメラ本体のデザインもテレメトリっぽい感じですね。

53525883_2252514024971887_5647032634392444928_n

内装の動画も撮ってきた

そしてこちらはウラカンEVOの内装を収めた動画。

ウラカンEVOのプレゼンテーション。

こちらもウラカンEVOのプレゼンテーション(上の続き)です。

その他の画像はFacebookのアルバム「Lamborghini Huracan Evo / ランボルギーニ・ウラカンEVO」に保存中。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.