■このサイトについて >シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

止まらぬカマロの販売減少にGMが喝!なんと「マスタングから買い換えるなら27万円値引きする」というプロモーションを大々的に展開

| そこまで苦しいのかシボレー・カマロ | とにかく下げ止まらないシボレー・カマロの販売低下ですが、シボレーは値下げしたり、フェイスリフトを行ったり、という手段を講じています。それでもフォード・マスタングやダッジ・チャレンジャーといったライバルに差をつけられることになり、今回シボレーが打ち出したのが「マスタングからの乗り換えなら、2500ドル(約27万円)を値引きする」という政策。これは全米規模で展開され、その期間は2019年9月3日まで。期間としては短いようにも思えるものの、おそらくですが、まずは「お試 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

内装専門ショップがランボルギーニ・アヴェンタドールをカスタム!そのスペシャルインテリア(400万円)を見てみよう

| たしかにカスタム費用は高いが、それだけ、いやそれ以上の満足感は得られる | オーストリア拠点のインテリア専門カスタムショップ、Neidfaktor(ニードファクター)がランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムを披露。これまでもアウディ各モデル、そしてランボルギーニ・ウラカンの内装カスタムを公開していますが、ニードファクターがアヴェンタドールを手掛けるのはおそらく「初」。ランボルギーニは標準オプションでも相当数の内装カスタムが可能で、さらには自社のパーソナリゼーション部門「アドペルソナム」にて、さらに ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >シトロエン/DS(CITROEN/DS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >中国/香港/台湾の自動車メーカー >プジョー(PEUGEOT) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国自動車市場に異変!大手のシェアが下がり続け、プジョー・シトロエンは大量解雇、工場2つを閉鎖。影には中国の「政策変更」?

| 中国市場の規模は魅力的だが、競争があまりに厳しすぎる | 中国の自動車市場に異変が生じている、とのレポート。Autonews Europeによると、現在「大手」と言われる現地自動車メーカーのシェアが急降下しているとのことで、たとえばロータスとボルボの親会社、吉利汽車(Geely)の市場シェアはここ4ヶ月で20%も下落した、と報じています。この原因としては、中国政府の「EV補助終了」があるとされ、地域によって異なるものの、たとえば北京ではこれまでEVとPHEVに対して出していた助成金を50%カット(日本 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >日産/インフィニティ(Infinity)

もしも日産GT-Rがミドシップになったら?というレンダリング。なぜミドシップが「いい」のか、そして日産はミドシップカーを作らないだろうと考える理由

| 日産はスポーツカー推しでも、モータースポーツに積極的でもない | JB Carsが「もしも日産R35 GT-Rがミドシップになったら」というレンダリングを作成。フロントエンジンからミドシップへと実際にチェンジされたクルマとしてはシボレー・コルベットがありますが、これは報道を見る限りでは「大きな成功」を収めたと考えて良さそう。そして数年先にはアストンマーティン・ヴァンキッシュがミドシップへとレイアウトが変更されることになり、こちらも一体どうなるのか楽しみではありますね。 新型コルベットは大人気。「初年度 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサスが東京MSに「LF-SAコンセプト」市販モデルを展示とのウワサ。コンパクトな街乗りEV、ただしスピンドルグリルは巨大に、かつ未来的に

| もともとレクサスLF-SAは2020年に発売すると言われていた | レクサスが今年の東京モーターショーにおいて、エレクトリックハッチバックをコンセプトカーとして公開する、というウワサ。これは2015年に発表されたLF-SAコンセプト(上の画像)の「市販モデル」を示唆するものだとされ、そのLF-SAコンセプトよろしく「現行のいかなるレクサスラインアップよりも未来的」なルックスを持つ、と報じられています。なお、LF-SAとは「レクサス・フューチャー・スモール・アドベンシャー」の略。レクサスLF-SAのボデ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】スーパーカーブロンディ、ロータス・エヴァイヤに乗る。さらには女性ならではの視点でエヴァイヤの細部を斬る

| スーパーカーブロンディは「ロータス・エヴァイヤを運転した、最初のロータス社外の人」に | ドバイ在住のユーチューバー、スーパーカーブロンディさんが「ロータス・エヴァイヤ」のレビューを動画にて公開。スーパーカー系としては珍しい女性ユーチューバーですが、これまでにもスーパーカーブロンディさんは「5000馬力のデヴェル・シックスティーン」や「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」、そして世界で最も高価なペイントを持つ、日本のブガッティ・シロン等、一般人では見ることができないようなクルマを紹介しています。 【動 ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ヘッドライト内側が曇るのは正常?異常?

| ヘッドライト内部が曇るのは問題ない | さて、久々にポルシェ718ケイマン洗車。「久々に」というのは最近自分で718ケイマンを洗う機会が少なく、というのも最近は12ヶ月点検や、バンパーの補修などで「洗ってもらう」機会が多かったため。よって自分の手で洗うのは久しぶりとなり、そこでいくつか気づいたことも。まずひとつは「ヘッドライトの曇り」。これはヘッドライト内部と外部との温度差が大きくなったときに発生する現象で、たとえば湿度の高い日に、乗車直後や、しばらく日光に当たっていてヘッドライト内部の熱が高くなって ...

ReadMore

>その他イギリス車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

1200馬力、最高速332km/hのハイパーEV”GTE”が新興メーカー「ドラコ」より登場。開発には20年をかけ、価格は1億2000万円、限定台数は25台

| 新興メーカーでかつEV、この価格となるとかなり売りにくそうだ | 新興自動車メーカー「ドラコ・モータース(Drako Motors)が開発に20年近くをかけたという新型車「GTE」を発表。なお、このベースはフィスカー・カルマだそうですが、外観はその多くを新しいものへと置き換えています。ちなみにフィスカー・カルマとは、もともとヘンリク・フィスカー氏が設立した会社「フィスカー」から発売されたPHEV(2011〜2012年に発売)。レオナルド・ディカプリオはじめハリウッドセレブがこぞって購入したことで話題と ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが新型車”タイカン”のインテリア詳細を公開!「ヘイ、ポルシェ」でアシスト起動、エコ素材を内装に使用した「かつてないほどエコ」なポルシェ

| ついにポルシェまで「レザーフリー」に対応した | 先日のティーザー画像公開に加え、ポルシェが9月4日の正式発表に向け、タイカンのインテリア画像を追加にて3枚公開。この3枚にて、タイカンのインテリアは「ほぼ」全容がわかる状態となっていますが、さすがにポルシェ初のピュアエレクトリックカーだけあって、多くの新しいデザイン、新機軸が盛り込まれているようですね。なお、ここで要注目なのは「助手席ディスプレイ」。これについて、ポルシェは「ドライバーを煩わすこと無く、助手席側で設定などができる」ということを掲げており ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニが新型ハイパーカー「LB48H(仮)」のティーザー開始。ハイブリッド、1000馬力級、価格は2億7000万円とのウワサ

| ただしすでに完売、オーナーは現在仕様についてランボルギーニと打ち合わせ中と報じられる | さて、かねてよりウワサのランボルギーニの新型ハイパーカー、「LB48H(正式名称未定)」。今回、ランボルギーニが公式ツイッターにてそのティーザー画像を初めて公開しています。この「LB48H」はアヴェンタドールをベースにしながらも、ランボルギーニが「次の1000年」というタームで未来を捉えたコンセプトカー、「テルツォ・ミッレニオ」のテイストを加えた一台。なお、このテルツォ・ミッレニオはフルエレクトリックとなり、バッ ...

ReadMore



>ポルシェ・ボクスター関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

ポルシェ718ボクスター試乗。ターボ化によってエンジン特性と性格が劇的に変化

投稿日:2016/07/09 更新日:

DSC03530

DSC03471

 


【ポルシェ718ボクスターって?】

ポルシェ718ボクスターに試乗。
718ボクスターは「981ボクスター」のフェイスリフト版にあたりますが、モデル名をそれまでの「ボクスター」から「718ボクスター」へと変更に。
これは今までのポルシェの歴史上でもかなり珍しいことですが、550を改良した1957年登場のレーシングカー、「718」に由来しています。
なおコードネームは「981」のままではなく「982」となっていることからも「981ボクスターとは別のモデル」であることがわかります。








ポルシェとしてはヒストリックモデルに関連付けてボクスターの性格をよりスポーツに振るという意向があると考えられ、「918スパイダー」でも明らかな通りピュアスポーツモデルはミドシップに集中させるのかもしれず、一方で911はGT色を強めるのではと考えています。

価格は981ボクスターの687万円(PDK)に比べて710万円(PDK)と小幅ながら上昇。
ただしエンジンはダウンサイジングされたにもかかわらずターボ化にて300馬力を発生(981ボクスターは265馬力)。
車両のサイズは981ボクスターとほぼ一緒ですが、トレッドが広くなったぶんリアのホイールアーチにモールが取り付けられ、そのぶん全幅が2.5センチほど広くなっている模様(トレッドの拡大は1.5センチ、リアホイール幅も1/2インチ拡大)。
全長は数字上では4ミリ拡大、全高は同じ。
DSC03532


【ポルシェ718ボクスターの外観】

上述の通りサイズは981ボクスターとほぼ同じ。
ですが、フロントバンパーやリアバンパー、ドアパネル、サイドシルなど、外板の多くが入れ替わっていることでイメージが一新されています。

フロントは最新のポルシェにおけるデザイン言語を採用し横基調のスッキリしたデザインに。
981ボクスターではフロント左右を中央に向け絞っていたという印象がありますが、718ボクスターでは「左右に張り出した」印象があり、ここはけっこう雰囲気の変わったところ。
ヘッドライトの内部構造も大きく変わり、マットブラック/グロスブラックやクリアパーツ、金属調パーツなどを組み合わせた非常に複雑な形状となっていますね。
ヘッドライト内部にこだわるのはアウディ、ジャガー、メルセデス・ベンツ、BMWなどですが、それらと比べてもひけをとらないどころかリードしているとすら感じます(まさかポルシェがこういった部分にここまで力を入れるとは)。

 

オプションのLEDヘッドライトになるとさらにその複雑さとデザイン性が向上し、クワッドLEDが立体的に表現されるように。
オプション価格は35万円ほどですが、981ボクスターのバイキセノン(PDLS)に35万は出せなくても、718ボクスターのLEDヘッドライトになら35万は出せる、と感じます。

ドアは911と同じくドアハンドル周りがスリムになっていますが、サイドシル形状が変更され、サイドシル下部がちょっと出っ張った形状になり、これによって視覚的な安定感が大きく向上していますね。
サイドのエアインテークもガイドが大きく張り出し、よりアグレッシブな印象に(ここに飛び石が当たるように思われ、これが飛び石を食い止めてくれるおかげでボディに傷は付かないかもしれない。このエアインテークは安価で交換可能と思われる)。

リアも大きく変わった部分で、リアウイングは大きく広くなり、テールランプと連続したデザインを持っていた981ボクスターとは異なり、718ボクスターではリアウイングとテールランプが切り離されたデザインに(なんとなく986ボクスターに近いように見える)。

なお718ボクスターのテールランプ形状もライバルメーカー含めてもっとも複雑かつ先進的な内部構造を持つと言ってよく、ポルシェがこんなオシャレなものを作るとは、という新鮮な驚きはありますね。
ヘッドライト、テールランプの内部構造としてはメルセデス・ベンツ(とくにAMG GT)に近いように見えますが、それよりも一歩進んだ形状だと思います。

 

リアウイングの下には左右テールランプをつなぐグロスブラックの加飾パーツ(これはテールランプの内部構造パーツと連続性がもたらされるという非常に凝ったデザイン)があり、ここに「PORSCHE」文字が取り付けられています。
このポルシェ文字ですが横から見るとかなり立体的で、単に文字を貼り付けたというわけではないこと、そして上述の加飾パーツについても「ポルシェ初の採用」と考えており、とにかく「新しいことづくめ」なのが718ボクスターと言えるでしょう。
DSC03531


【ポルシェ718ボクスターの室内】

さすがに「718ボクスター」と名称を変えてきただけあって、内装も大きく変更。
メーター周りやメーターバイザー、エアコン吹き出し口も変更され、ステアリングホイール、PCM(ポルシェ・コミュニケーション・システム)も他ポルシェのモデル同様にバージョンアップ。

オプションの「GTステアリング」はかなりデザイン性が高く、特にドライブモード変更スイッチは秀逸。
スイッチ自体はロータリー式でノーマルの走行モードに加えて「スポーツ」「スポーツプラス」の設定が可能で、スイッチ中央にはボタンがあり、これを押すと20秒の間レスポンスが向上するという仕様です(911のようにブーストを上げるわけではない模様)。

なおこちらはアイドリング時のエンジンサウンド。

 


【ポルシェ718ボクスターを運転した印象】

ドアを開けて車内に乗り込み、ステアリングやミラーを合わせますが、この辺り慣れ親しんだもので操作系に変化はなし。
それでも座った瞬間にシートの出来の良さを感じさせるのはさすがで、このシートに座れるというだけでもポルシェを購入する価値はあると考えています(ぼくはポルシェの純正シートをかなり高く評価している。スポーツモデルだとベントレー・コンチネンタルGTの次くらい)。

エンジンをスタートさせると、今までの機械の動作を感じさせる繊細な音から図太く低いサウンドへ変化していることがわかります。
自然吸気エンジン搭載の981ボクスターは空冷を思わせるバラバラという音が聞こえましたが、ターボ化された718ボクスターではほとんどそういった音は聞こえず、エンジンの作動音というよりは排気音の方が目立つ印象。

ギアをDレンジに入れ、パーキングブレーキをリリースして(これは今でも違和感があり、981ボクスターを売る時まで操作に慣れることはなかった)試乗をスタート。
クリーピングの感覚は今までの981ボクスターと同じ。
段差を乗り越える時の感触もこれまでと変更されたという印象はなく、しっとりとした柔らかいサスペンションの動きです。

DSC03529

ステアリングホイールの操作感、ウインカーのタッチ、ペダルとブレーキフフィーリングも981ボクスター同様と言って良いでしょう。
ただし大きく変わったのは当然ながらエンジンとアクセルレスポンス、サウンド。
出力については300馬力へと35馬力も向上しており、ターボ化に伴いトルクも大きく向上していますが、これによってベースグレードの981ボクスターではややパワー不足を感じる場面があったものの、718ボクスターではそういった不足がなくなっています。

低速域のトルクが太いので扱いやすく、中間加速にも優れる印象ですが、常用域の回転数は気持ち高い印象で(200〜300回転くらい?)、これはおそらくタービンを回すという目的だと推測。
ちょっとエンジンの回転数を上げてタービンを回すことで加速時などのアクセルのツキを良くしようという意図なのだと思います。

同様に回転落ちも緩くなっており、981ボクスターではアクセルから足を離すと糸が切れたように落ちていたタコメーターの針が「おや?」と思うほどゆっくりと下降します。
これも回転数をある程度維持することで再加速するときのトルクとパワーを維持するための方法なのでしょうね(回転数が落ちてしまうと小排気量ターボの場合は加速までに時間がかかる)。

よって、自然吸気エンジンを搭載していた頃の「アクセルを踏むとどの回転域からでも一気に回転数が上がり、アクセルから足を離すと一瞬で回転が落ちる」というポルシェの特徴からはかなり異なる印象のエンジン特性になっています。

ただボクスターの性格を考えると、このユルさが車の性格に合っているとも言え、非常に運転しやすいと言えるでしょう。
なおターボ化された911を運転した時にはこういった印象を受けなかったので、おそらくですが911(991.2)はより自然吸気エンジンに近い「アクセルを踏むとどの回転域からでも一気に回転数が上がり、アクセルから足を離すと一瞬で回転が落ちる」設定だったのだろうと思います。
エンジンの排気量の差はあるものの、ここへきて「911とボクスターとの性格の差」がより明確になってきていると考えられ、911はより「911らしさ」を反映させた車になってきているように感じられ、ボクスターはまた別の道を歩むのでしょうね。

DSC03461

そして718ボクスターにおいても「ボクスターS」はまた別のキャラクターを持つと思われますし、将来登場するであろう「718ボクスターGTS」、「718ボクスター(ケイマン?)GT4」においてはよりNAに近いシャープさを持つであろうことは容易に想像可能。

ドライブモードを「スポーツ」に入れると一気に音が大きく太くなりますが、同時にアクセルオフ時のバブリングの音も強烈になっていますね。
今までは窓を開けていないとあまり音が聞こえなかったのですが、718ボクスターでは窓を閉じていてもしっかりバブリングの音が聞こえます。
ただ、上述のように回転落ちが緩いので、バブリング発生も「アクセルオフ後に即発生」ではなくちょっと遅れてから発生することに。
しかしながらスポーツモードへ入れた時の回転数はかなり高くなるので、その分ブースト圧も高くなるため、自然吸気エンジンでの「ノーマルとスポーツモード」に比べてターボエンジンでの「ノーマルとスポーツモード」との落差はより大きくなっています。
そして「オーバースーストボタン」を押した時にはその変化は顕著で、20秒間回転数とともにブーストも上がるため「かなりな」加速とレスポンスを体感可能(なお、このブーストボタンの使用回数制限はなく、20秒経過したらすぐにまた押せる)。

排気音は太く低いもので、これはBMWのMシリーズ、メルセデスAMGとよく似た類の音でもあり、やはりターボエンジンになるとこういった音にならざるを得ないのだろうと思いますが、ぼく的にはこの音の方が好みなので問題はありません(機械音が大きいと、どうしてもそのバラツキが気になる)。

 

アイドリングストップの設定は若干変更されており、981ボクスターでは完全に停止してからエンジンがストップしていたのに対し、718ボクスターでは車両が停止する前に(車両側が停止するだろうと判断して)エンジンがストップ。
つまり車が動いている状態でもアイドリングストップが作動するわけですが、こういった細かな設定変更で燃費はリッター14キロ程度に(981ボクスターでは10キロ程度)。

DSC03454


【ポルシェ718ボクスター試乗の総括】

981ボクスターから718ボクスターへの変更にあたり、その範囲は非常に大きく、911が991.2へと進化した時に比べてもそれは大きいと感じています。
エンジンは6気筒から4気筒にダウンサイズされていますが、それを補って余りあるパワーとトルクを発生しており、そして各部のデザインや質感向上を考えるとこの価格上昇幅は「極小」とも言え、逆に割安感すら感じます。
加えてバイキセノンヘッドライト、ウインドデフレクターの標準化を考えると「値下げ」といってもいいレベル。

ポルシェは今まで「馬力当たりコストパフォーマンス」の低いブランドでしたが、アウディTTは230馬力で542万円、718ボクスターは300馬力で710万円となり、つまりアウディTTは23,565円、718ボクスターは23,666円とほぼ同じレベルに(918ボクスターは25,924円)。

そういった馬力当たりコストパフォーマンスを抜きにしても、魅力的になりデザイン性と質感が向上した内外装は高く評価でき、「911ではなく718ボクスター」を積極的に選ぶ理由になる、と考えています。

 

981ボクスターと比較するとステアリング、サスペンションといった美点はそのままに、エンジンをトルクフルに扱いやすく変更しており、よりフレキシビリティが増しているという印象。
加えてドライブモードの選択によっていかようにも性格を変化させることができるので、この一台で楽しめる範囲、対応できる範囲が広くなっていると言えます。

981ボクスターでは自分でエンジンの回転をパワーバンドに閉じ込めておく必要がありましたが、718ボクスターでは車がエンジン回転数を「おいしいところ」に勝手にキープしてくれ、かつその範囲はモード(ノーマル、スポーツ)によって自由に設定の変更ができるのが非常に便利。

エンジンの出力特性は自然吸気と全く異なる印象があり、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、仮に価格が同じで981ボクスターと718ボクスターの選択を迫られた場合、迷わずに718ボクスターを選びます。

そして、冒頭に記載した通り981ボクスターとは別のモデルと考えるのが良さそうで、「ボクスターの名前と外観を持った」新モデルと認識しても良いかもしれません。

試乗記について
ランボルギーニ、AMG、アルファロメオ、VW、ジャガー、ベントレー、ルノー、ミニ、フェラーリ、マクラーレン、テスラ、レンジローバー、スズキ、トヨタ、マツダ、スバル、ホンダ、レクサス、メルセデス・ベンツ、BMWなどこれまで試乗してきた車のインプレッション、評価はこちらにまとめています。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ポルシェ・ボクスター関連, ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.