■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore



>マクラーレン(McLaren) ■自動車・バイクの購入検討/比較など

マクラーレン540C見積取得→支払いプラン検討→月5万円でも購入できるという事実が発覚

投稿日:2016/11/05 更新日:

mclare9

さて、マクラーレン540Cの見積もりや支払いについて、ここで考えてみたいと思います。
フェラーリの残価が非常に高く購入が楽なことはすでに述べましたが、今回はマクラーレンはどうなのか?ということですね。








マクラーレン540Cの見積もり金額は?
マクラーレン540Cは基本構造にカーボン製バスタブシャシーを使用しており、これはかなりポイントが高いところ。
同じ構造を採用するランボルギーニ・アヴェンタドールは4000万円もするので、マクラーレン540Cはかなりお得と言えますね(アルファロメオ4Cはオートクレーブ製法で800万円くらいですが)。

マクラーレン540Cの試乗した印象、ライバルとの比較などは下記に記載しているので、詳しくはそちらを確認していただければと思います。

マクラーレン540Cに試乗する。コイツは戦闘力抜群のポルシェイーターだ

車両本体価格(単位は円) 
マクラーレン540C 22,420,000

メーカーオプション
ナッパスポーツ(シート) 451,000
セキュリティパック 657,000
スポーツエキゾースト 564,000
ステルスエキゾーストフィニッシャー 74,000
ステルスホイールフィニッシュ 193,000
スペシャルカラーブレーキキャリパー 155,000
ブランドロゴ入りフロアマット 55,000
リチウムイオンバッテリーチャージャー 30,000

販売店オプション
ETC 14,400+29,150
レーダー探知機+ドライブレコーダー 73,440+34,560
プラチナコートプレミアム 274,320
ホイールコート表/裏 22,680
樹脂コート 10,800
ウインドコーティング 26,568
シートコーティング 91,800

諸費用
自動車税 60,900
取得税 683,300
重量税 36,900
自賠責 40,040
検査登録印紙 2,800
車庫証明証紙 2,700
ナンバープレート代 4,100
シュレッダーダスト料金 8,440
エアバッグ料金 3,320
フロン類料金 2,420
情報管理料金 130
検査登録費用 118,800
車庫証明代行費用 16,200
登録代行費用 38,880
リサイクル資金管理料 380

総額
26,196,038

mclaren

マクラーレン540Cの支払いプランは?

ここではマクラーレン540Cの支払いプランを考えてみます。
支払いは購入するにあたって最も重要な部分で、実際のところ各メーカーで随分差が出るところ。
総額が同じだとしても、支払い方法の選択次第で毎月の支払いが大きく変わり、用意する頭金も相当に変わってきます。

マクラーレンは正直なところフェラーリほど残価は期待できず、残価は3年で50%、5年で30%。
残価設定ローンが使用できないホンダNSXよりは有利ですが、フェラーリにはちょっと劣ることは否めません。

ただしそれをカバーするだけのイリュージョンがマクラーレンには用意されており、それは「自由設定型自動車ローン(ファイナンス会社によって呼び方が異なる)。
マクラーレン大阪さんの用意してくれるJACCSでは「ネオ・バリアぶるプラン」という名称となっていますが、これがまさにマジックそのもの。
簡単に言うと支払い期間や月々の支払額を自由に決めることができる(つまり残価も自分で決定できるというのと同義)もので、頭金が少なくてもオーケー。
縛りというと「支払い期間は最長10年」「毎月の支払い金額は5万円以上」ということだけ。

ここでちょっとその内容を見てみましょう。

まずは頭金500万円の場合。
支払い総額2620万円とした場合、ローンを組むのは2620-500=2120万円。
この2120万円を10年で均等割すると、毎月の支払い総額は194,121円となります。

10年というと気が長いですが、途中で車を売っても構わないわけで、例えば2年支払った時の元本残高は174,274,127円。
ここで売却しようと考えた時、マクラーレン540Cが1740万円で売れれば「チャラ(厳密には手数料を支払う必要があるので、あとちょっと必要ですが)」ということです。
さすがに2年後だと1740万円で売れるだろうと思われ、「一旦(月々の支払いが少なくなるよう)10年の支払いでローンを組み、2年で売ってしまえばチャラ」と考えた時、「頭金500万円、月々の支払い19万円でマクラーレン540Cに乗れる」ことになります。

なお金利は1.9%ですが、10年支払った時の総額は23,289,405円(頭金を除いて)で、ローン元金が2120万円ということを考えると、金利と手数料だけで200万円くらい支払う計算となりますが、この金利は「支払い期間が長くなればなるほど」高額に登るので、上述のように2年で切り上げればそのぶん支払う金利は少なくて済むわけですね。

mclaren2

ここで頭金が1000万円あったら?という別の試算ですが、同じ条件で金利1.9%、支払い期間10年で考えた時、ローンの元金は1120万円。
この場合、月々の支払いは148,338円。
「頭金における500万円の差」は月5万円ということになり、単純計算だと「頭金100万円の増減で毎月の支払いも1万円増減する」という推測も成り立ちます。
この場合の金利負担は10年間通じ160万円くらいで、頭金500万円の場合との差額は40万円、ということに(ローン元金が少ないので支払い期間が同じであっても金利分が少なくなる)。

そして最後はこの「ネオ・バリアぶるプラン」最大の特徴、「毎月の支払いを自由に変更できる」ですが、二番目の例と同じように頭金を1000万円用意し、1120万円を10年で支払うとして、「月々の支払いを10万円」に固定できるわけですね。
そうなると最後の支払いで二番目の例=月々の支払い148,338円との差額(10年ぶん)を支払う必要が出てきますが、これが残価設定ローンの「残価」に相当する部分。
今回の例では最終回の支払いが6,467,204円となり、月々の支払いを抑えたぶんを最終回に「後回し」にすることになります。

なお、先に述べたように、この「ネオ・バリアぶるプラン」における月々の支払いは「5万円以上」が条件。
つまり月々の支払いは「5万円きっかり」でも良いわけで、頭金の調整や、最終の支払いをどう捉えるかという個人差はありますが、「月々5万円でマクラーレンが買える」のは確固たる事実であるのは間違いありません。
月々の支払いを抑え最終回に備えてお金を貯めるのも良いですし、「売ればチャラ」になるまで待ち、その時点で売ってしまうのもオーケーだと考えています。

mclaren6

さて最後は気になるマクラーレン540Cの維持費。
これについてはランボルギーニやポルシェ同様に「自腹」。
というのもフェラーリは7年ぶんの消耗品交換費用が無料(メンテナンスパックが車両代金に含まれる)なので、ここは考慮に入れる必要があります(フェラーリの場合でも法定費用はもちろん自腹)。

ざっと必要な整備費用(マクラーレンの推奨/年間3000キロ走行の前提)は3年間で下記の通り。
以外と安いんじゃないかという(同じくらいのパワーを持つ車に比べてという意味ですが)印象があり、特にオイルは他と比べても安価(量が少ない?)だと思います。

法定点検費用 1/2年目 75,816
法定整備費用 103,680
エンジンオイル・フィルター交換 62,338(4回)
ブレーキフルード交換 15,379(2回)
クーラント交換 59,292
ワイパー交換 11,599(3回)
エアコンフィルター交換 14,548
インテークサウンドジェネレーター交換 59,864
-----------------
3年間合計 703,923

自動車税年間 66,500

mclaren7

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->マクラーレン(McLaren), ■自動車・バイクの購入検討/比較など
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.