>ポルシェ911関連

ポルシェ911ターボのチューニングカー「ダークナイト」公開。サテンブラックのイカツい外装

投稿日:2017/06/24 更新日:

ポーランドのチューナー、「Auto-Dynamics」がポルシェ911ターボ(991)をカスタム。
オリジナルパーツではなくチューニングメーカー各社のパーツを組み込んでおり、エキマニはGMG、エキゾーストシステムはテックアート、触媒はカーグラフィック、インタークーラーはAWESOMENESS、など混成となっています。
なおこれらの組み合わせで出力は700馬力を超えるとのことで、大幅なパワーアップを達成していますね。

プロジェクト名は「ダークナイト」で、その名称にふさわしくボディはサテンブラックでラッピングされ、ホイールやテールパイプもブラックに。
エアロキットも各社混合となりますが、主にトップカー製のパーツが多いようですね。

リアディフューザー、リアウイング、リアフードも交換済み。

フロントフェンダーもエアベント付きのものへ。

リアウイング、エンジンフードはかなり特殊な形状を持っています。


関連投稿:ポルシェ911ターボを480→840馬力にチューン。ボディカラーは金

PORSCHE-997-TURBO-5

Wimmerによるポルシェ911ターボ・カブリオレ(997)のチューニングカー。
旧世代とはいえ840馬力を発生するとのことで、非常に高いパフォーマンスを誇ると思われます。

なお純正では480馬力ですが、ターボチャージャーを交換し燃料ポンプを交換するといった大掛かりなチューンを行っているようですね。
クラッチも強化され燃料ホースやプラグ、エキゾーストシステム、ホイール(O.Z.)など全般的に部品が交換されており、最高時速は363キロ。

ボディカラーは純正かどうか不明ですが輝きが深く、ぼくとしてはパフォーマンスよりもこちらのほう(グロスブラックとの相性も良く高級感がある)が気になってしまいます。
背景も美しく、画像も素晴らしいですね。

PORSCHE-997-TURBO-9

PORSCHE-997-TURBO-6

PORSCHE-997-TURBO-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ911関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.