>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3が発売4年足らずでEV初の「累計生産100万台」間近。なお日産リーフは10年で50万台、ロードスター/レクサスISは19年で100万台、ポルシェ911は54年、カイエンは18年で100万台

投稿日:2021/04/11 更新日:

テスラ・モデル3

| テスラは常に「先」を読んできた |

さて、テスラは先日、2021年第1四半期が「過去最高」であったと発表したばかりですが、その中にはもうひとつの記録が隠されていた模様。

それは「EV史上、モデル3が単一車種ではじめて100万台に達する可能性がある」ということで、現時点での販売台数はおおよそ95万台程度(モデルYは10万台程度)なのだそう。

ちなみにテスラは第1四半期に18万台をデリバリーしているので、このペースを維持できれば、あと1-2ヶ月で記念すべき100万台を達成できるのかもしれません。

テスラ・モデル3
テスラが「2021年第1四半期は過去最高だった」と発表。なおモデルSとモデルXは新型へ切り替えのため生産ゼロ、にもかかわらず全世界で18万4000台をデリバリー

さて、国内外の自動車メーカーが続々直近の生産や販売台数を公表していますが、今回テスラが「デリバリーが過去最高になった」と発表。モデルY、モデル3、モデルS、モデルXすべてを合計した全世界での販売台数は ...

続きを見る

テスラ・モデル3は発売からわずか3年半でここまで来た

なお、テスラ・モデル3の発売は2017年半ば、モデルYの発売は2020年はじめ。

つまりモデル3は発売から4年足らずで100万台を達成しようということになりそうですが、これは日産リーフが「発売から10年でようやく50万台(2020年9月)」を達成した倍以上のペースです。

参考までに、マツダ・ロードスターは発売19年で100万台、レクサスISも19年で100万台、ポルシェ911は54年で100万台、ポルシェ・カイエンは18年で100万台を達成しています。

InsideEVsによると、テスラの販売推移は下のグラフのようになっていますが、これまでの累計販売台数は1,584,500台で、このペースだと2021年中には200万台に達成するだろう、とのこと。

tesla-cumulative-sales-q1-2021

このグラフを見るとまさに驚異的としか言いようがなく、今後もこのペースを維持できるかどうかは気になるところですが、水色の折れ線がモデルSUVとモデルXの合計、黄色の合計がモデル3とモデルYの合計。

累計販売100万台を達成したポルシェ・カイエン
ポルシェ・カイエンが累計100万台達成!ボクはこういった理由にてカイエンは「金銭面、モデル展開について変革をもたらした救世主」だと考えている

| この価格帯のクルマが100万台も売れるのは異例の事態 | ポルシェ・カイエンがなんと「累計販売100万台」を達成。ポルシェだと「100万台」に到達したのはほかに911のみで、しかし911が100万 ...

続きを見る

今後のテスラの展望は?

これを見ると、モデル3とモデルX発売後であっても、モデルS/Xの販売を侵食していないということがわかりますが、ポルシェ・タイカンやアウディe-tron GTが発売され、メルセデス・ベンツEQSが間もなく登場することを鑑みるに、今後はモデルS/モデルXの販売は下降に転じる可能性も。

そして、モデル3/モデルYについても、フォルクスワーゲンID.3やID.4との競争にさらされることになりそうですが、こういった「競争激化」について、テスラからすると「織り込み済み」なのかもしれません。

どういうことかというと、完全なるブルーオーシャンであった当初には、より高い利益を獲得できるプレミアムセグメントを主戦場とし、EVが一般的となって多くのライバルが参入して市場が活性化する頃にはモデル3/モデルYという量販車で戦い、そしてこれからさらに激化するであろう価格競争には「25000ドルの」新型車で戦うとともに、アメリカではもっとも人気があるとされるトラック市場へと「サイバートラック」にて参入するということになりそうです(つねにEVにとって未開拓、そしてもっとも稼げるマーケットへと適切な時期に進出している)。

テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能
【動画】テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能!文字通りガソリン車を駆逐する?

| プレミアムカーに続き、コンパクトカーも制覇? | さて、25,000ドル(日本円で約260万円)以下のピュアエレクトリックカーを発売するとして話題になったテスラ。現在この新型車は「モデル2」と言わ ...

続きを見る

同時にテスラにとっては「未開拓」の市場が残されており、直近ではそういった「未開拓だが巨大な」市場であるインドへの進出を公表し、状況次第では現地生産を行うことでコストの引き下げも期待可能。

テスラ・モデル3
いいぞテスラ!世界人口2番目の市場、インドへ進出との報道。ただしインドとテスラはマッチするのか?

| おそらくインドの人にとってイーロン・マスクは”ヒーロー”に見えるはずだ | さて、テスラがインド市場に参入、との報道。これはロイターが報じたもので、「インドの運輸大臣、ニティン・ガッカーリ氏がイン ...

続きを見る

こう考えると、テスラは当初から他社の動向そして市場の向かう方向を読んでおり、それにあわせて商品展開を行ってきたと考えることもできますね。

さらに今後は「バッテリーの確保」が重要となりますが、こちらについてもサプライヤーの動向に左右されず自社で手当できる体勢を構築しつつある模様。

テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備える
テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備えるとの報道。なおGMは「リチウムメタル」バッテリー開発開始、トヨタは「ソリッドステート」実用化を目指すなど各社各様

| テスラは次世代バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーの可能性を追求するようだ | さて、韓国LG化学がアメリカそして欧州にて、テスラ向けのバッテリーを製造する工場を建設すると複数メディアが報じて ...

続きを見る

加えて「ソフトウエア」「自動運転技術」についてもテスラには一日の長があり、将来的にはこれら技術を他社に販売することで利益をあげようと考えているのかもしれません。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ・サイバートラック
テスラがサイバートラックの最新情報をまもなく公開するようだ!もしかすると年内に生産、納車があるかも。株価反発の活性剤としても期待

| 知らない間にテスラ・サイバートラックの発表から1年4ヶ月も経過してしまった | このところ大きな株価下落に見舞われているテスラですが、CEOであるイーロン・マスク氏が「サイバートラックに関する新し ...

続きを見る

日本でもテスラの販売が値下げにより急増
日本でもテスラの販売が値下げにより急増、前年比で13.3倍に!なおモデル3は現在日本市場において「購入金額1万円あたり、もっとも長い距離を走れる」EV

| 「手が届かなかったクルマが買えるようになった」感が奏功したか | さて、テスラが日本国内にて最大で156万円という大幅値下げを行ったことに起因し、その販売が急増している模様(俗っぽい言い方をすれば ...

続きを見る

参照:InsideEVs

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5