>その他ドイツ車

ドイツより全長4メートル以下、20馬力のコンパクトなEV「XBUS」登場!ボディは着せ替え可能、箱バンやピックアップ、キャンパースタイルにも変化

投稿日:2021/07/18 更新日:

XBUS

| 「商用EV」はどうやらバカにならない市場規模を持つようだ |

欧米ではデリバリー用のエレクトリックバンが多数登場

さて、ドイツのエレクトリック・ブランズ社が「XBUS」なるエレクトリックカーを発表。

これは全長3,640ミリ、全幅1,600ミリ、全高1,940というコンパクトなボディサイズを持つクルマで、欧州だと「L7e-B2クラスの二輪車扱い」になると報じられています。

なお、このカテゴリだと最大積載量は450〜600kgに制限されるようですね。

XBUS_Standard_Bus_front_white

ボディ形状は用途にあわせて変化

このXBUS最大の特徴は「10種類のモジュールと交換可能なボディ」によってパッセンジャーバン、パネルバン、ボックスバン、ピックアップ、ワゴンピックアップ、コンバーチブル、キャンピングバスに変身すること。

さらにはオールテレインタイヤを装着し、地上高を上げて四輪駆動としたオフロード仕様も用意される、と報じられています。

XBUS_Standard_Bus_front

たとえば、こちらはツインキャブ仕様のピックアップトラック。

XBUS_Standard_Pick-Up_rear

こちらはシングルキャブ、そしてオフロード仕様。

おそらくはエレクトリックカー特有の「スケートボード型」シャシーを採用しているためにこういった「変化」が可能なのだと思われますが、米国Canooが発売する車両も同様の構造を持っており、様々なビジネススタイルに対応することが特徴です。

このあたりはガソリン車には真似できない芸当ということになり、そして「商用」需要を見込んで様々なスタートアップが誕生しているようですね。

XBUS_Offroad_Pickup_rear

EVスタートアップ、Canoo
アップルはEVベンチャー「Canoo」の買収を考えていた!さらには百度やアップルの下請けもEV産業へと参入し、今後の自動車業界の勢力図が大きく変わりそう

| アップルコンピューターは自社での車両製造を考えていた? | さて、ヒュンダイの思わぬ発言によって明るみに出た「アップルカー(AppleCar / iCar)」ですが、今回はさらなる関連情報が登場。 ...

続きを見る

なお、車体のフロント部は「固定」され、いずれの場合もレトロモダンそしてキュートな顔つきをもち、インテリアだとダッシュボードにタッチスクリーン式インフォテインメントシステム、2つのスピーカー、USBスロットなどが配置され、さらにはトランスミッションを含むほとんどのコントロールボタンがステアリングホイールに配置されている、とのこと。

Electric-Brands-XBUS-main

XBUSには10kWhのバッテリーが標準装備されており、200kmの航続距離を実現しますが、さらにオプションでは30kWhのバッテリーにアップグレードすることも可能で、これもまたオプションのソーラーモジュールと組み合わせることで航続距離を600kmまで伸ばすことができます。

フルタイム四輪駆動ドライブトレインは4つのハブモーターで構成されており、連続出力は合計20馬力(15kW)、ピーク時には75馬力(56kW/)を発生。

ドイツでの価格は、最も安価なLCVモデルが18,070ユーロから、最も高価なものでオフロードキャンピングカーバージョンの32,370ユーロ。

すべてが予定通りに進んだとすると、2022年半ばにドイツのイッツェーホーにて生産が開始される、とアナウンスされています。

ElectricBrands-XBUS-Crowd-Campaign-4

合わせて読みたい、関連投稿

創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった
米でバブル化しつつある新興EVメーカーの株式公開。創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった模様。今後こういった例が多数出そうだ

| 上場直後の値上がりだけを目的に会社を作り、上場させるEV関連企業がいっぱい出てきそう | さて、現在アメリカにて盛んなのが特別買収目的会社上場によるEV(電気自動車)関連会社の株式公開。これによっ ...

続きを見る

まさに文字通り「スケートボード」!英企業が「4輪インホイールモーター」の画期的な電動シャシーを発表
【動画】まさに文字通り「スケートボード」!英企業が「4輪インホイールモーター」の画期的な電動シャシーを発表

| 今後、エレクトリックカーはその用途によって様々な形に発展しそうだ | さらにはその構造に対する自由度の高さから、ガソリン車にできなかったことができるようになる可能性も さて、EVはまだまだ発展途上 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他ドイツ車
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5