>フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ(Lamborghini)

オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった

投稿日:

オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった

この記事のもくじ

| マルチェロ・ガンディーニ氏ほど芯の通ったデザイナーも少ない |

自動車メーカーとしては戦略上「過去の焼き直し」も必要であり、このあたりの調整は難しい

さて、ランボルギーニは「カウンタックの現代版」、カウンタックLPI800-4を発表していますが、これについて「オリジナルのカウンタックをデザインした」マルチェロ・ガンディーニ氏が意義を唱えるプレスリリースを公式に発行することに。

同氏はプレスリリースの中で「新型カウンタックLPI800-4は、自身の精神やヴィジョンを反映していない」としており、「革新性がまったくない」ともコメントしています。

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4
現代版ランボルギーニ・カウンタック「LPI800-4」発表!思っていたよりも「カウンタック」、しかし回顧モデルではなくれっきとした「カウンタック後継モデル」だった

この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザインをさらに発展させた「新型」カウンタックだった |ランボルギーニの歴史の第一幕”閉幕”を飾るのにこれほどふさわしいク ...

続きを見る

いったいなぜこんなことに?

マルチェロ・ガンディーニ氏は1971年に発表されたカウンタックLP500をデザインしたその人で、その後のスーパーカーにおけるデザインを再定義したといってもいい人物。

カウンタックをデザインしたのは、当時在籍していたベルトーネにおいてであり、ベルトーネなきあとは現在は自身の「マルチェロ・ガンディーニ・デザインスタジオ」を主宰しています(ほかにはミウラやランチア・ストラトスなどもデザインしている)。

そして今回こういったプレスリリースを発行することになった背景としては「ランボルギーニとの誤解」があったといい、まずは自身が登場し、カウンタックについて語る動画について説明。

1

この動画について、マルチェロ・ガンディーニ氏は「先日公開された、当時のカウンタックをそのままリバイバルした、ワンオフのカウンタックLP500」について語ったものであり、この時点ではカウンタックLPI800-4について聞かされておらず、実際に生産されることも知らなかったといいます。

ランボルギーニが「カウンタックの元祖」、LP500プロトタイプを現代に再現!当時の実車はすでに失われており、記録と記憶を頼りにゼロから作り上げる
ランボルギーニが「カウンタックの元祖」、LP500プロトタイプを現代に再現!当時の実車はすでに失われており、記録と記憶を頼りにゼロから1台のみを作り上げる

この記事のもくじ| まさかランボルギーニがカウンタックLP500の再現を行うとは |おそらくこのカウンタックLP500は公道を走行することができないと思われるカウンタックLP500はこんなクルマこうや ...

続きを見る

たしかに動画を見ると、ランボルギーニのチーフデザイナーであるミッチャ・ボルカート氏と語っているのは「初代カウンタック」の話であり、新型カウンタックについては一切触れていないようですね。

 

そして、この動画は後にランボルギーニがカウンタックLPI800-4を発表する前のコンテンツの一環として公開されることになりますが、同氏にとっては「聞いていない話に自身が利用された」という印象を持っているのだと思います。

ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年!過去を振り返る4本の動画を公開すると発表し、1本目はデザイナーのマルチェロ・ガンディーニ
ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年!過去を振り返る4本の動画を公開すると発表し、1本目はデザイナーのマルチェロ・ガンディーニ

この記事のもくじ| 「キング・オブ・スーパーカー」の歴史は1971年、3月11日にはじまった |カウンタックの歴史に携わった者として、オラチオ・パガーニの名も登場1970年代はなんでもアリな時代だった ...

続きを見る

こういった「誤解」はよくある

なお、こういった誤解はよくあるようで、つい最近だと、ブガッティEB110へのオマージュとして製作されたブガッティ・チェントディエチの例があり、現在のブガッティ・オトモビルは、ブガッティEB110を製作した(別会社の)ブガッティ・アウトモビリの経営者であったロマーノ・アルティオーリ氏にコンタクトを取り、EB110について意見を交わしています。

ブガッティ設立110周年記念にしてEB110へのオマージュ”チェントディエチ(Centodieci)”正式発表!「次の100年に向け、過去とテクノロジーとを融合させた」

| 限定台数は10台、価格は9億4400万円、納車ペースは年に2台のみ | ブガッティが創立110周年記念車として「ブガッティ・チェントディエチ(Bugatti Centodieci)」を発表。ベース ...

続きを見る

ただ、実際にチェントディエチが発表された際、ロマーノ・アルティオーリ氏は「チェントディエチの話は何も聞いていない」とも語っており、つまり同氏はブガッティ・オトモビルから(EB110について聞かれただけで)チェントディエチの企画について知らされていなかったということになりますね。

ちなみにロマーノ・アルティオーリ氏の場合は「自身の作品が、時を経て評価されることになったのは身に余る光栄だ」とコメントしており、何も聞かされずにEB110へのオマージュモデルが発表されたことに特に不快感はない模様。

「ブガッティがEB110へのオマージュ発売」というウワサを、EB110を世に送り出した本人はどう考えるのか?そのインタビューが公開に

| かなりややこしいが、EB110は現在のブガッティとはぜんぜん別の会社が作ったブガッティ | 先日、ブガッティが「EB110」をイメージしたニューモデルを10台限定、10億円で発売するというウワサが ...

続きを見る

さらにフェラーリについても似たような例があり、フェラーリは2016年に「70周年記念車」として70種類の限定モデルを発売していますが、その中の一つとして存在したのが「スティーブ・マックイーンをモチーフにしたモデル」。

この限定モデルを企画する際、フェラーリはスティーブ・マックイーンの息子はじめ遺族に連絡を取り、相談を行ったそうですが、遺族側のコメントによると「たしかに相談があったが、名称や仕様について合意した後、承認を与えた上で進められるはずだった」とのことで、しかしフェラーリは合意を得ないまま「スティーブ・マックイーン」という名を関した限定モデルを発売してしまい、これが訴訟へと発展しています。

そしてその結果、スティーブ・マックイーンという名称が「ザ・アクター」へと変更されているので、これはフェラーリに非があった(遺族の主張を認めた)ということなのかもしれません。

スティーブ・マックイーン遺族がフェラーリを提訴し2.3億円を請求。「父の名を勝手に使用した」

| フェラーリは無許可でスティーブ・マックイーンの名を使用? | スティーブ・マックイーンの息子、チャドウィック・マックイーン氏がフェラーリを相手取って訴訟を展開した、とCar and Driver誌 ...

続きを見る

フェラーリの件はともかくとしてですが、すでにデザインされたものを再デザインする際、オリジナルのデザイナーに対して「どこまで許可を得るか」は非常に難しく、契約書にて明確に記載していない限りはその境界線を明確にすることはできないのかもしれません。

なお、これは問題となった例ではないものの、フェラーリは「ピニンファリーナがデザインした」458を、自社のチェントロ・スティーレにてデザインをアップデートさせ「488」として発売しており、当時ぼくは「このあたりピニンファリーナとの調整はどうなっているんだろうな」と思ったことも。

マルチェロ・ガンディーニは常に自身の作品に誇りを持ち、前を向いている

そしてマルチェロ・ガンディーニ氏に話をもどすと、同氏は自身の仕事に誇りを持っていて、常に前を向いている人だという印象を持っています。

過去にはランボルギーニ・ディアブロのデザインを担当していますが、当時ランボルギーニはクライスラー傘下にあり、クライスラーはアメリカ市場の嗜好や安全性を考慮し、ガンディーニが出してきたデザイン案に対して「角を丸くする」という修正を(自社のデザインチームによって)加えることに。

当然マルチェロ・ガンディーニ氏はこれに対して異議を唱え、「手を加えられた作品は自身のものではない」とし、ディアブロのデザイナーとして自身の名を出さないように主張するものの、「デザインの改変」「デザイナーとしてのクレジット」が契約書に盛り込まれていたといい、これに反論することができずに「ディアブロはマルチェロ・ガンディーニのデザインである」ということになっています。※さすが訴訟大国だけあって、アメリカの契約書の縛りはキツそうだ

DSC04549

ランボルギーニ・ディアブロは今年で誕生30周年!ディアブロとはどういったクルマだったのか、その歴史やモデルごと販売台数を見てみよう

この記事のもくじ| ボクにとって、もっともランボルギーニらしいクルマは今でもディアブロだ |ランボルギーニ・ディアブロのデザインはマルチェロ・ガンディーニアウディ傘下にてディアブロは「本来」に近い姿に ...

続きを見る

そのほか、マルチェロ・ガンディーニ氏はブガッティEB110のデザインも手掛けていますが、これについては「(空力状の理由で)尖ったノーズを採用したかった」ものの、前出のロマーノ・アルティオーリ氏が「ブガッティには、馬蹄形(ホースシュー)グリルが必要だ」と主張し、マルチェロ・ガンディーニ氏が提出したデザイン案にホースシューを含めるように指示したことで対立が生じ、結果的にマルチェロ・ガンディーニ氏がチームから離脱するという結果に(最終的には、マルチェロ・ガンディーニ案に対し、ジャンパオロ・ベネディーニ氏が馬蹄型グリルを取り付けたデザインで発売された)。

94252708_1441647716022754_1664921901673218048_n

存在するのは世界に一台!イエロー外装にレッド内装のブガッティEB110SSが中古市場に登場

この記事のもくじ| そもそもレッド内装のブガッティEB110SSは1台しか製造されていない |アウトモビリ・ブガッティが発売したのは「EB110」ただ一車種のみこんな記事も読まれています | そもそも ...

続きを見る

そしてもうひとつ、マルチェロ・ガンディーニ氏の考え方をよく表すエピソードがあり、これは「1990年に、カウンタック最後の一台がラインオフした際、ランボルギーニはマルチェロ・ガンディーニ氏に敬意を表し、寄贈を申し出たが、同氏は”過去の作品には興味がない”としてこれを断った」というもの。

2

さらに今回のプレスリリースの中で、マルチェロ・ガンディーニ氏は「過去のモデルを繰り返すことは、私の考えでは、私のDNAの創始原理を否定することになります」とも述べており、まったく過去を振り返らない、前しか見ていない人でもある、ということがわかります。

マルチェロ・ガンディーニ氏が発行したプレスリリースを紹介するツイートはこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿

映画「キャノンボール」に登場したランボルギーニ・カウンタックが米国「国家歴史車両登録簿」に登録!歴史的に重要なクルマ30台のうち1台に認定
映画「キャノンボール」に登場したランボルギーニ・カウンタックが米国「国家歴史車両」に登録!歴史的に重要なクルマ30台のうち1台に認定

この記事のもくじ| このランボルギーニ・カウンタックLP400Sにマフラーが12本もあったとは知らなかった |カウンタックはテスラロッサと並び、「時代の象徴」でもある「キャノンボール」はリメイクの話も ...

続きを見る

「50年ぶりの復刻」、ランボルギーニ・カウンタックLP500がサーキットを走る!ボクだったらついつい「もったいない」と考えるが、これがスーパーカーの真の姿かも
「50年ぶりの復刻」、ランボルギーニ・カウンタックLP500がサーキットを走る!ボクだったらついつい「もったいない」と考えるが、これがスーパーカーの真の姿かも

この記事のもくじ| ランボルギーニは「その形を蘇らせる」だけではなく、完全に機能することも証明してみせた |このカウンタックLP500は現在ランボルギーニ本社併設博物館にて展示中ランボルギーニ・カウン ...

続きを見る

ランボルギーニ・カウンタック
ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の「限定112台」が当然のごとく完売!1台2.56億円、ランボルギーニは287億円を確保することに

この記事のもくじ| ランボルギーニの限定モデルはその価格、台数とも増加傾向にあり、つまりそのぶんブランド価値が高くなっていると考えられる |数億円の限定スーパーカーはそう簡単に売れるものではないカウン ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >ブガッティ(BUGATTI), >ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5