>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンCEOが電撃辞任!新CEOの選定はこれから行うものの、人選次第では新体制下で「SUV発売」があるかも

投稿日:

マクラーレン・アルトゥーラ

この記事のもくじ

| これまでのマイク・フルーイットCEOは「SUVは絶対にNO」な人だった |

この非常事態下では、マクラーレンがSUVを発売しても文句を言う人はいないだろう

さて、マクラーレン・オートモーティブCEO、マイク・フルーイット氏が突然辞任することになった、との公式発表。

なお、この辞任は誰かにその座を譲るためのものではなく、マクラーレンとしては「後継者を探すための準備を直ちに開始する」とコメントしているので、完全に予想外だったとも考えられます。※マクラーレン・グループの社外取締役であるマイケル・マッハ氏が暫定的にマイク・フルーイット氏の役割を引き継ぐ

今回の発表に合わせ、マイク・フルーイット氏からは、「私は、マクラーレン・オートモーティブの最初の10年間のほとんどを成功裏に導くことができたことを非常に誇りに思っていますし、素晴らしいマクラーレンの物語の一端を担えたことを光栄に思っています。この若い会社の成功は、私が一緒に働くことができた多くの情熱的で才能のある人々のおかげであり、その成功が続くことを楽しみにしています」とコメント。

マイク・フルーイットCEOの在籍期間は8年

なお、マイク・フルーイット氏はマクラーレン・オートモーティブへと2012年に加入したのち2014年にはCEOへと昇格しており、現在まで8年にわたりCEOを努めてきた計算です。

マクラーレン・オートモーティブそのものは、2009年にマクラーレン・カーズの市販車部門として設立されており、その市販第一号は「MP4-12C」。

その後2014年に650S、675LT、570S、540C、570GT、そしてP1といったハイパーカーを発売しており、続いて720S、GT、セナ、エルバ、スピードテールなどをリリースし、最近ではハイブリッドスポーツ「アルトゥーラ」も発表済み。

マクラーレン・アルトゥーラ

CEOに就任した時期を鑑みるに、MP4-12C以外のすべてのモデルに関わったと考えて良さそうですが、それだけに突然の辞任には驚きを隠せず、一体何があったんだろうな、と考えたりします(韓国や中国の自動車メーカーからの引き抜きがあったのかもしれないし、ハイパーカー飽和状態を作ったことを責められたのかもしれないし、SUVに手を付けず会社を危機に陥れたことの責任を追求されたのかもしれない)。

ちなみに同氏の今後についてはなんらアナウンスされておらず、マクラーレン・グループのエグゼクティブ・チェアマンであるポール・ウォルシュ氏からは、「マイクは、マクラーレンが世界有数の高級スーパーカー・ブランドとして認知され、競合他社が何十年もかけて達成してきた成功の高みに到達するために尽力してきました。マイクの多大な貢献に感謝するとともに、彼の今後の活躍を願っています」という声明が出されています。

現在、人材の移動が活発化

なお、現在はスーパーカーメーカー、プレミアムカーメーカーのトップクラスの人物そしてデザイナーのヘッドハンティングが活発化しており、主には韓国(ヒュンダイ/ヒョンデ)や中国の自動車メーカーに移籍するケースが多数。

ここ最近目立つのは、中国の第一汽車(FAW)の行動で、紅旗ブランドでのハイパーカー開発のために元フェラーリCEOのアメデオ・フェリーサ氏やフェラーリ、アルファロメオ、BMWの元役員であるロベルト・フェデリ氏、フォルクスワーゲングループのデザイナーを務めたワルター・デ・シルヴァ氏ランボルギーニの女性役員、カティア・バッシ氏を引き抜いています。

カティア・バッシ
ランボルギーニ初の女性役員が中国・紅旗のハイパーカー部門へ!フェラーリやBMWの元重役たちと1400馬力のハイパーカー「S9」を開発

この記事のもくじ| いかに大金を積まれても、先が見えず、一方的に首を切られたりしそうな中国系企業へと移るのはちょっと怖い |紅旗はどうやら本気でハイパーカーを発売するようだ紅旗はこのプロジェクトに国家 ...

続きを見る

そして「ピエヒ」も各自動車メーカーの重鎮が集合していることでも知られ、とにかく多くの経営者やデザイナーが今までにないほどのレベルで動いているようですね。

ポルシェ創業者の末裔、BMWやポルシェを追い出された「はみ出し者」たちが展開する新興EVメーカー、ピエヒ。市販モデル「GT2」を発表し、実力が問われる

この記事のもくじ| 一時期は中国から資金提供を受けるのではと言われたが |ピエヒGT2はピュアエレクトリックカー経営陣は大手自動車メーカー出身者で固められるあわせて読みたい、関連投稿こんな記事も読まれ ...

続きを見る

ここ最近「動いた」CEOだと、ランボルギーニの前CEO、ステファノ・ドメニカリ氏がF1のCEOへ、アストンマーティンCEOであったアンディ・パーマー氏が辞任してメルセデスAMGのCEOであったトビアス・メアース氏へと置き換えられ、フェラーリCEO、ルイス・カミッレーリ氏が突如退任したという例も(そしてブガッティCEOだったウルフギャング・デュラハイマー氏のように、ふっといなくなった人も)。

マクラレーンの新CEOはどんな人に?

そして、ここで気になるのがマクラーレンの新CEO。

これまでの常識だと「自動車メーカーのCEOは自動車業界から」というものがあり、しかし現代においては自動車とくにスポーツカーは「不要な存在」なので、「不要なものでも売ることができる」人物が求められます(これまでは速い車を作れば売れたが、今はそうではない)。

よって昨今の自動車業界で求められるのは、同じように「生活には不要な」製品を販売して会社を成長させてきた高級ブランド品メーカー出身者だとされており、実際にフェラーリも「新CEO」にはグッチやヴァレンチノのトップをスカウトするといった話もあったようですね(もはやプレミアムカーはブランド品と同じでもある)。

シャネル

フェラーリ・ローマ
え?グッチCEOがフェラーリのCEOに?前CEOが電撃辞任、現在後継者選定中のフェラーリはラグジュアリーブランドへの道を突き進む

この記事のもくじ| 自動車業界に限らず様々な業種から選定中 |フェラーリは新CEO選定を「急がない」フェラーリはあくまでもラグジュアリーブランド合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿こんな記事も読まれて ...

続きを見る

ただ、マクラーレンの場合は中東のファンドから多額の運営資金の援助を受けたという報道もあり、もしかするとそのファンド経由で新CEOが送り込まれてくる可能性もありそう。

マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレンが本社に続きテクノロジー部門も売却!カネになるものはどんどん現金化することに。SUVを発売していればこうはならなかったのに・・・。

この記事のもくじ| これはコロナのせいだけではなく、経営判断が招いた危機だと言わざるを得ない |今やSUVを発売したとしても顧客が十分にそれを理解できる環境にあるマクラーレンは自身を切り売りすることで ...

続きを見る

いずれの場合であっても、ぼくが期待したいのは「CEO交代によってSUVを発売する」という改革で、というのもマクラーレンはこれまでのマイク・フルーイット体制下では「SUVだけはゼッタイにNO」という意思を貫いていたため。

ただしランボルギーニやアストンマーティン、ポルシェの例を見ると、「SUVの投入で販売が倍(以上)になる」ということも立証されていて、今ピンチのマクラーレンに求められるのはSUVだと思うわけですね。

たしかに「モータースポーツに密接に関連する」マクラーレンの場合、SUVはそのブランドイメージを毀損する可能性はゼロではなく、しかし本社まで売却するという非常事態の今、マクラーレンがSUVを発売することについて、株主はもちろん、社員であっても今は反対するものが少ないだろうとも考えています(今はSUVに対してNOと言っている場合ではなく、会社を立て直すことが先決)。

合わせて読みたい、関連投稿

アストンマーティン
アストンマーティンCEOがAMGのトップに置き換えられた!今後は「この人事がメルセデスの意向かどうか」によって変わりそう

この記事のもくじ| アンディ・パーマー氏は当面CEOのポジションを継続すると発表されていたが |アンディ・パーマー氏は元「カルロス・ゴーンの右腕」トビアス・メアースはこんな人こんな記事も読まれています ...

続きを見る

マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレンはやはり今後車名に数字ではなく「名前」を用いるようだ!「Solus」「Aeron」「Aonic」が商標登録される

この記事のもくじ| 確かにマクラーレンは以前にもそうコメントし、以降のクルマには「名前」がついている |ただし今のところは具体的なニューモデルの話はないたしかにその後は「名前」が付与されている車名もひ ...

続きを見る

フェラーリCEOがビーニャ氏に決定
これまで空席だった「フェラーリCEO」がベネデット・ビーニャに決定!アップルのデザイナーでもグッチCEOでもなくエレクトロニクス業界から

この記事のもくじ| ついに自動車とは全く関係のない人物が自動車メーカーのCEOを務める時代に |フェラーリがもっとも重視するのはつまり「エレクトロニクス」ということに次期CEOは”ブランディング””デ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5