ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

トヨタ・クラウンのSUV版はハイブリッド、2023年夏から日本と米国、中国で販売開始との報道。ただし2022年10月には「別の」クラウンが米国上陸?

投稿日:2022/04/16 更新日:

トヨタ・クラウンのSUV版はハイブリッド、2023年夏から日本と米国、中国で販売開始との報道。ただし2022年10月には「別の」クラウンが米国上陸?

| トヨタ・クラウンにまつわるウワサはいろいろと尽きないが |

SUV版のクラウンを発売するというのはいろいろな面で理にかなっている

さて、ちょっと前に話題となった「クラウンがSUVに」という話。

その後はあまり噂も聞かれず、しかし2021年には中国にて「クラウン・クルーガー」なるSUVが登場していますが、中国におけるクラウンは「車種」というよりもサブブランドのひとつであり、よってこのクラウン・クルーガーは「クラウンがSUVに生まれ変わる」というのとはちょっと違うライン上にあるクルマであったわけですね。

これは「神への冒涜」か?トヨタが中国にて発売する「クラウンクルーガー」の画像が流出
これは「神への冒涜」か?トヨタが中国にて発売する「クラウンクルーガー」の画像が流出。ついにアンタッチャブルなクラウンまでSUVに

| 中国で先に「クラウンSUV」を発売するのは、「イキナリ日本でクラウンのSUVを発売」することでショック死する人を減らそうということなのか |この記事のもくじ| 中国で先に「クラウンSUV」を発売す ...

続きを見る

「クラウンSUVは2023年夏に発売」

そして今回、久しぶりにクラウンSUVの話が報じられることになり、ロイターによると、「トヨタの事情通」である3人からの情報であるとして「2023年夏から、クラウンSUVが中国・日本・アメリカにて」販売される、とのこと。

ただ、今年2月にリークされた、トヨタのディーラーミーティングでの資料では「2022年10月からアメリカでクラウンが発売される」とあり、ここにちょっとした差異が生じています。

2022年10月発売のクラウンについて、「SUVではなくセダンボディのクラウン」という可能性も考えられ、しかしアメリカでクラウン(セダン)を発売する理由は全く感じられず(絶大な人気を誇るカムリが存在する)、ここはちょっと疑問が残るところですね。

Toyota-GR-Corolla-Debut-Leak-1

クラウンSUVのパワートレーンはハイブリッド

なお、同じくロイターによると、クラウンSUVのパワートレインにはハイブリッドが採用され、最初に登場するのはガソリンハイブリッド、そしてその後にはプラグインハイブリッドが販売開始となるのだそう。

ちなみに前者は中国とアメリカ、後者は日本向けだとされていますが、「ピュアエレクトリックモデル」は今のところ計画されていないようですね。

参考までにですが、クラウンは「トヨペット・クラウン」としてはじめて米国に輸出されたクルマであり、ある意味では今回の「米国市場でのクラウン復活」は一つのトピックになりえるのかも。

日本だと「いつかはクラウン」というキャッチコピーがよく知られており、「クラウンにしか乗らない」という人も見かけたりしますが、一時は「セルシオ」が導入されたことでフラッグシップの座を譲り渡しており、しかしレクサスブランドの導入によってセルシオが「レクサスLS」となってトヨタから抜けたことで再びフラッグシップの座についています。

もうひとつ参考までにですが、クラウンは2021年に「日本で最も売れたセダン」でもあり、乗用車の総合ランキングでは29位。

20200427_01_06_s

トヨタ・ランドクルーザー
2021年に国内でもっとも売れた乗用車は圧倒的にトヨタ・アクア!とにかくトヨタの強さが目立つ一年となるも、前年比100%を超えたのはレクサスと日産、三菱のみ

| チップ不足にて、自動車メーカー各社とも生産が追いつかなかったようだ |この記事のもくじ| チップ不足にて、自動車メーカー各社とも生産が追いつかなかったようだ |2022年も引き続き、半導体不足に悩 ...

続きを見る

この結果はそんなに悪くないように思えるものの、トヨタにとっての29位は誇れるものではなく、そこでクラウン廃止説も出ているほどですが、さすがに(ある種の精神的支柱でもある)クラウンを販売終了にすることはできず、よって「SUV」を投入することで延命を図るのかもしれません。

もしクラウンのSUVが導入されたとしても、(日本では)セダンバージョンのクラウンと併売されるといい、その理由としては「旧来のクラウンのファンを納得させる」というものなのだと思われます。

これはちょっと無理矢理に見えるかもしれませんが、カローラももともとセダンからはじまり、後にバンやクーペ、ハッチバック、はてはクロスオーバー等のボディ形状を持つまでに拡大しており、それを考えるとクラウンにSUVが追加されるのはさほど珍しいことでも、大きく騒ぐほどのことはないのかもしれませんね。

日本市場だけに限って言うならば、SUVよりもミニバンに「クラウン」を設定したほうが良さそうではあるものの、それだとアルファードとの競合が懸念されたりするのかも。

であれば「クラウン」のイメージを活用し、現在のトヨタにはない「落ち着いた、ハイライディングサルーンのような(つまりロールスロイス・カリナンのような)」SUVとしたほうが新たな市場やユーザーを獲得でき、かつ世界的に見てもチャンスがあるのかもしれません。

あわせて読みたい、トヨタ・クラウン関連投稿

トヨタ・クラウンがSUVに
そんなのボクの知ってるクラウンじゃない!トヨタがクラウンを現行限りで販売終了とし、2022年にSUVボディにて発売するとの報道(マジ)

| いつかはクラウンと言われた憧れの高級セダンだったが |この記事のもくじ| いつかはクラウンと言われた憧れの高級セダンだったが |総合的に考えると、クラウンは売れていないわけではないトヨタはラインア ...

続きを見る

トヨタ・クラウンは65周年!高年齢層向けのクルマなのにグレード名は全部「S ”Elagance Style II”」などフル英文字のナゾ。欧米コンプレックスからいつ抜け出せるのか

| どうもトヨタ/レクサスのやり方には消費者不在を感じられて仕方がない |この記事のもくじ| どうもトヨタ/レクサスのやり方には消費者不在を感じられて仕方がない |トヨタはなぜクラウンのグレード名をす ...

続きを見る

参照:Reuters, Driven District

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5