軽量化

え?これがレクサスRC?1200馬力、500kg軽量化された「RC Fドリフトカー」公開。なおエンジンはスープラの2JZ、作ったのはレクサス正規ディーラー

| ボデイパネルはカーボンケブラー、この軽さは強い武器になりそうだ | アラブ首長国連邦(UAE)の正規レクサスディーラー、「レクサス・アル・フッタイム」がレクサスRC Fドリフトカーを公開。これは現 ...

【動画】シビック・タイプRリミテッドに装着される”10kg軽い”BBS製鍛造ホイールはこうやって作られている!「タイプRリミテッドは妥協なし、究極のクルマ」

| もともと軽量なシビック・タイプRのホイールを10キロも軽量化できるとは | ホンダは先日、「新型シビック・タイプRリミテッド・エディションが、鈴鹿サーキットにおいて(ルノー・メガーヌR.S.トロフ ...

【動画】そんなにいいのかポルシェ718ボクスター・スパイダー!納車が一気に開始されレビューが続々公開

| 718ボクスター・スパイダーは、一度は運転してみたいクルマの筆頭だが | さて、718ケイマンGT4と同時に発表された718ボクスター・スパイダー。オープントップなので(ケイマンGT4とは異なり) ...

マクラーレン「スーパーカーは軽量化競争の時代に突入した。これに勝利するのは我々であり、準備は整っている」

| ハイブリッド時代では軽量化がモノを言う | マクラーレンCEO、マイク・フルーイット氏によると、「マクラーレンはこれから軽量化にトッププライオリティを置く」とのこと。スーパースポーツというと「馬力 ...

ロータスから「快適仕様のエヴォーラ」、GT410発表。ロータスなのにシートヒーター、アームレストも装備されている・・・。

| まさかロータスがこの方向性で来るとは | ロータスが「日常的に使いやすい」と表現する、新型エヴォーラGT410が発表に。これはGT410”スポーツ”の性格を「やや丸く」したクルマだと考えるとわかり ...

アストンマーティン・ヴァルキリーのエンブレム流出!厚さ40ミクロン、重量0.4グラム。「ステッカーはふさわしくない」という理由で超高級腕時計と同じ精度で製作される

| これが現在の技術で加工できる「限界の薄さ」 | アストンマーティンが、そのハイパーカー「ヴァルキリー」に使用するエンブレムの画像そして詳細が流出(おそらくはオーダーした顧客に向けた機密書類がリーク ...

【動画】GRスープラにてクラッシュに見舞われたユーチューバー。新たなスープラを手に入れ、軽量化とチューンの過程を公開する。なお純正リアタイヤ+ホイールは23kg

| トヨタGRスープラは「ちょっと手を入れれば」かなり戦闘力が向上するようだ | トヨタGRスープラにて、純粋にタイムを追求するというプロジェクトを開始したジャッキー・ディン氏。タイム向上に直結するカ ...

【動画】軽量ホイールに変更するだけでこれだけ加速性能が変わる!下手にチューンするよりもホイール交換したほうが良さそうだ

| ホイール軽量化は回転マス軽減、乗り心地向上にも効果がある | 「バネ下重量の軽減は、車体本体の軽量化の3倍の効果がある」。これは自動車のチューニングにおいてよく言われることであり、たとえばバネ下重 ...

ヒュンダイが最高にスパルタンなホットハッチ「i30 N プロジェクトC」発表。「C」はカーボンを表す超軽量モデル

| 限定台数は600台、欧州のみでの販売 | ヒュンダイは前BMW M部門のボスはじめ、元BMWのエンジニア等によって率いられるハイパフォーマンスカー部門「N」ブランドを展開していますが、今回フランク ...

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスの ...

【動画】まさに狂気!ボディパネルをすべてカーボンファイバーに置き換えたGT-Rが登場。かかった費用は850万円、軽くなったのは140キロ

スーパーカーメーカーの「カーボンボディ」よりも安く、費用対効果(軽量化)は悪くない 驚くべきことにボディのパーツすべてをカーボンに置き換えた日産R35 GT-Rが登場。バンパー、フェンダー、ボンネット ...

もともと無敵の720Sをさらにチューン。マクラーレン自らがサーキット向け軽量オプション「トラックパック」投入

| ただださえ無敵のマクラーレン720Sが手の届かない領域にアップグレード |   マクラーレンが720S向けにサーキット走行を前提としたパッケージオプション「トラックパック」を発売。これは「スーパー ...

新型M3は465馬力、カーボンルーフ、4輪操舵?出力、重量ともM3 CSに比べて優れる数値に

| 次期BMW M3(G80)は大きな飛躍を遂げそうだ | BMWは現行M3の「ファイナルバージョン」としてM3史上最強となる454馬力の「M3 CS」を発表していますが、次期M3(G80)はそのM3 ...

BMWがM2を「-60kg」に仕上げるオプションパーツを公開。軽量バッテリーは-14kg

| ボディカラーはマット仕上げ | BMWは先日、M2向けに「-40kg」を実現できるオプションパーツ群を公開しましたが、今回「コンセプト」としてなんと「-60kg」を達成するオプションパーツを公開。 ...

アウディがRSモデルをハードコア化。60/80キロ軽量化された「RS4/RS5カーボンエディション」発表

アウディのRSモデルがますますスパルタンに。カーボンパーツと軽量ホイール装備でRS4は80キロのダイエット カーボンパーツで武装、ホイールは専用品で-8キロ アウディがRS4とRS5を対象に「カーボン ...

ロータスが「エヴォーラGT430」発表。「410」比で+20馬力、-26キロの軽量化

ロータスが先日ティーザー画像を公開していた謎の新型車を公開。 ぼくはてっきり「新型SUV」だと思って期待していたのですが、エヴォーラのハードコアモデルであった模様。 今回発表のエヴォーラは「エヴォーラ ...

自動車のフロントウインドウに革命?規制緩和で樹脂の使用が可能になり、帝人製品が採用第一号に

| 意外と日本はチャレンジング | 帝人によると、「樹脂製フロントウインドウ」が初めて市販車に採用される、とのこと。これはもちろん帝人が開発したもので、ガラス同様の耐候性、耐摩耗性を実現しながらも変色 ...

993世代のポルシェ911カレラRS3.8が競売に。「軽量化」「出力向上」「足回り強化」と基本に忠実なチューン

1995年製のポルシェ911(993)カレラRS3.8がオークションに登場予定。 これはGT2に継ぐハードコアな993世代の911であり、ホモロゲーション獲得のために販売されたもの。 エンジンには鍛造 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5