ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

「3ヶ月毎に新バージョンを発表する」と宣言したダッジ!今回はジェイルブレイク(脱獄)と命名されたダークなオプションパッケージをリリース

投稿日:2021/11/27 更新日:

「3ヶ月毎に新バージョンを発表する」と宣言したダッジ!今回はジェイルブレイク(脱獄)と命名されたダークなオプションパッケージをリリース

| これだけの内容を持って995ドルであれば「選ばない手はない」 |

ニューモデルを発表しない代わりに、チョコチョコと仕様違いを送り出す戦略に転じたようだ

さて、ダッジは電動化時代にも「エレクトリックマッスルカー」を販売することを約束していますが、まだまだガソリン車の可能性を捨てないということにも言及しており、「3ヶ月毎に新製品(新バリエーション)を発表する」ともコメントしています。

そして今回発表されたのが「ジェイルブレイク(脱獄)」と名付けられたチャレンジャーそしてチャージャー用の新オプション。

Dodge-Jailbreak-00002

ジェイルブレイク・パッケージはこういった仕様を持っている

このジェイルブレイク・パッケージはチャレンジャーとチャージャーの「ヘルキャット・レッドアイ・ワイドボディ」に995ドルで装着できるといい、まずその出力が797馬力から807馬力へと引き上げられる、とのこと。

Dodge-Jailbreak-00006

さらにはシート、ストライプ、ホイール、ブレーキキャリパー、バッジ、フロアマットなど20以上のカテゴリーにおいて、これまで制限されていた組み合わせ、選択できなかった仕様を選択することができるといい、このパッケージの魅力は幅広い選択肢にあるようですね(パワーアップも行われてこの価格であれば、かなり安いと言わざるを得ない)。

Dodge-Jailbreak-00010

そしてこのジェイルブレイク専用のアイテムとしては、ハンマーヘッドグレーのラグナレザーシート、フード、ロッド、デッキリッドストライプ、ブルーとイエローのブレーキキャリパー、「ワープスピードサテンカーボン」と「ローグロスグラナイト」の20インチホイールなどが用意されているといい、けっこう特別な一台を作ることができそうですね。

Dodge-Jailbreak-00012

選択肢が多くて決めることができない人のためには「オススメ」パックも

結果的にこの「ジェイルブレイク」チャレンジャーとチャージャーには(ナイキIDで各パーツを選んで自分だけのスニーカーを作ったり、Gショックのカスタムメイドプログラムを駆使してオリジナルG-SHOCKを作れるように)相当数の仕様を選択できるということになりますが、中には「選択肢が多すぎて何をどう選んだらいいのかわからない」という人も出てくるものと思われ、そういった人のために「ダッジのデザイナーが選んだ」プリセットも存在するもよう。

Dodge-Jailbreak-00007

これらは「レッドドーン」「ザ・クラシック」「インヤン」、そして今回オフィシャルフォトに採用される「オールドスクール」「ブラスファンキー」といったものですが、たとえば「オールドスクール」だとF8グリーンペイント、11インチワイドワープスピード・サテンカーボン仕上げのホイール、サテンクロームのHellcatグリルとバッジ、エンジンターンド(CNC加工)インストルメントベゼル、ツイルヘッドライナーを装着。

Dodge-Jailbreak-00009

「ブラスファンキー」だとヘルライジング・パープルのボディカラーにセピアカラーのラグナレザーチェア、カーボン製のメーターベゼル、オレンジ色のブレーキキャリパーを組み合わせています。

Dodge-Jailbreak-00012

これだけの内容を見るに「995ドル」はやはり相当に安いように感じられ、これからチャレンジャーそしてチャージャーを購入する場合、このオプションパッケージを「選ばない手はない」かもしれませんね。

Dodge-Jailbreak-00014

ただ、ダッジは上述の通り「3ヶ月毎に」新ラインアップを発表するそうなので、もう少しすると「さらに魅力的な」パッケージオプションが登場する可能性もありそうです。

Dodge-Jailbreak-00016

あわせて読みたい、ダッジ関連投稿

13年もモデルチェンジしていないのに売れ続けるダッジ・チャレンジャー。今回はメーカー純正とは思えない過激な「HEMIオレンジ」「SRTブラック」パッケージを追加
13年もモデルチェンジしていないのに売れ続けるダッジ・チャレンジャー。今回はメーカー純正とは思えない過激な「HEMIオレンジ」「SRTブラック」パッケージを追加

| その人気の秘密はタイムレスなルックス、そして豊富なカスタムパーツ、なにより過激な仕様だと思われる |この記事のもくじ| その人気の秘密はタイムレスなルックス、そして豊富なカスタムパーツ、なにより過 ...

続きを見る

ダッジ・チャレンジャー
米にて「もっとも愛着と興奮を感じる」カーブランドのトップは同率でダッジとポルシェ!トヨタ、ホンダ、スバルは下位に沈み、日本勢だと日産がトップ

| プレミアムブランドでもっともスコアを伸ばしたのは「ジェネシス」 |この記事のもくじ| プレミアムブランドでもっともスコアを伸ばしたのは「ジェネシス」 |今年の調査結果はちょっと意外だったAPEAL ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5