ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

米ヘネシーが2月15日に「世界最速に挑戦」とコメントするもすぐに取り消し。なおVIPを対象にF5「スパイダー」の受注も開始

投稿日:

米ヘネシーが2月15日に「世界最速に挑戦」とコメントするもすぐに取り消し。なおVIPを対象にF5「スパイダー」の受注も開始

| ヘネシー・ヴェノムF5は十分に「世界最速記録」を樹立するだけのポテンシャルを持っているとは思うが |

当初の発売予定は2020年だったが大幅に遅れての発売開始

さて、米チューナーにして自動車メーカー、「ヘネシー」は1817PSを発生するハイパーカー、ヴェノムF5のデリバリーを開始したところですが、開発段階から「世界最速記録を樹立する」と主張しています。

ただ、これは大ボラではなく、実際にヘネシーはブガッティのもつ「世界最速記録」を破ったこともある実力の持ち主なので、この主張もあながち無視できないとも考えて良さそう。

なお、ヘネシー・ヴェノムF5は6.6リッターV8ツインターボを搭載しており、セミオートマチック・トランスミッションを搭載して後輪のみを駆動しますが、その最高速は時速311マイル(時速500キロ)だとも。

【動画】ヘネシー・ヴェノムF5が高速走行テストを実施!数ヶ月内は最高速チャレンジを行うとコミットし、時速500キロの突破を狙う
【動画】ヘネシー・ヴェノムF5が高速走行テストを実施!数ヶ月内は最高速チャレンジを行うとコミットし、時速500キロの突破を狙う

| 現在の「世界最高速」はブガッティ・シロンの490km/h |この記事のもくじ| 現在の「世界最高速」はブガッティ・シロンの490km/h |ヘネシーとブガッティとは「犬猿の仲」でもあるすでに250 ...

続きを見る

もともとは2月15日にチャレンジする予定だったようだが

そしてヘネシーは直近でも何度か最高速チャレンジに向けて準備を行う動画を公開しており、そして数日前には自身のインスタグラムにて、ついに「2022年2月15日に挑戦を行う」とコメント。

ただしその後にはこのコメントを取り消しており、何らかの事情にて挑戦が先送りになってしまったようですね。

参考までに、現在の「世界最速」記録を持つのはブガッティ・シロン・スーパースポーツで、その記録は(ギネスではなくTUV認定)304.77mph。

よってヘネシー・ヴェノムGTはこの速度を上回ることができねが世界最速の主張をできないということになりそうです。

1

ちなみに現時点での「世界最速」ランキングはこんな感じ。

なお、世界最速というギネス認定を受けるには、「同じ道路を往復で走った速度の平均値」を達成速度として記録することになりますが、ブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+の場合はフォルクスワーゲンの所有するテストコースを「片道」走ったのみの記録であり、ギネス認定ではなく、認証機関TUVによる承認となっています(ブガッティが速度記録挑戦に疲弊し、ギネス記録に意味を見いださなくなったため)。

  1. ブガッティ シロン スーパースポーツ300+・・・490km/h※片道のみ、TUVによる認定
  2. SSCノースアメリカ トゥアタラ・・・455.3km/h※片道だと460.43km/h
  3. ケーニグセグ アゲーラRS・・・444km/h
  4. ケーニグセグOne:1・・・437km/h
  5. ブガッティ ヴェイロン スーパースポーツ・・・434km/h
  6. ヘネシー ヴェノムGT・・・418km/h
  7. リマックC_Two(公称値)・・・415km/h
  8. SSCノースアメリカ アルティメイトエアロ・・・412km/h
  9. ケーニグセグ CCXR・・・403km/h
  10. サリーン S7 ツインターボ・・・399km/h

ヘネシーはヴェノムF5「スパイダー」を発売予定

ヘネシーはかつて世界最速を記録した「ヴェノムGT」にオープンモデルを追加していますが、今回ヴェノムF5にもそのオープン版「F5スパイダー」を加えるもよう。

正式発表はまだなく、しかし有力顧客にはレンダリングを提示して受注を集めているといい、実車は今年後半に公開される、とも報じられています。

現時点ではそのスペック、価格、限定台数についてはわからないものの、「世界最速を証明していない時点でも」約2億円とされるヴェノムF5の限定販売台数24台が完売しており、このF5スパイダーについても早期にすべて販売してしまうのかもしれません(クーペ版のヴェノムF5が世界最速だということを証明できれば、文字通り一瞬で完売しそう)。

ちなみにヘネシー・ヴェノムF5は米国にて形式認定を受けることができず、よって公道走行用として登録ができないといい、「ショー用」としてのみの登録が可能だといいます。

この区分だと、一応公道走行もできるようですが、その走行距離については制限を受けるようですね(ショー用という名目なので、移動に必要な距離しか走行が認められない)。

合わせて読みたい、ヘネシー関連投稿

ヘネシーがヴェノムGTの「顧客スペック」を公開!ついに生産が開始されるようだが「アメリカでは合法に登録できない」ようだ
ヘネシーがヴェノムF5の「顧客スペック」を公開!ついに生産が開始されるようだが「アメリカでは合法に登録できない」模様

| そのためヘネシー・ヴェノムF5は「ショーもしくは展示用」として限られた走行距離のみしか走行できない |この記事のもくじ| そのためヘネシー・ヴェノムF5は「ショーもしくは展示用」として限られた走行 ...

続きを見る

ヘネシーが1817馬力、最高速512km/h、そして世界でもっともパワーウエイトレシオに優れるハイパーカー「ヴェノムF5」の納車を開始
ヘネシーが1817馬力、最高速512km/h、そして世界でもっともパワーウエイトレシオに優れるハイパーカー「ヴェノムF5」の納車を開始

| これまでの経緯を見るに、ヘネシー・パフォーマンスはブガッティ・シロン・スーパースポーツの「490km/h」を打ち負かすべくチャレンジを行うことになりそうだ |この記事のもくじ| これまでの経緯を見 ...

続きを見る

【動画】米ヘネシーが「2,000馬力オーバー、価格3.4億円」の6輪ハイパーGT計画を公開!贅沢な4人乗り、豪華仕様のグランドツアラー
【動画】米ヘネシーが「2,000馬力オーバー、価格3.4億円」の6輪ハイパーGT計画を公開!贅沢な4人乗り、豪華仕様のグランドツアラー

| さすがアメリカのチューナーならではの雄大な発想 |この記事のもくじ| さすがアメリカのチューナーならではの雄大な発想 |こういったクルマを「考え」はしてもなかなか実行することはできないその出力は2 ...

続きを見る

参照:The Supercar Blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5