ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが「新型モデルXの納車が2年以上遅れている」ことについて自社に問題があったと認める!あわせて50万台に追加リコールを実施

投稿日:2022/02/17 更新日:

テスラ

| テスラが自社の非をアッサリ認めるのは珍しい |

まさかモデルXがこんな状況に陥っていたとは

さて、テスラはモデルSとモデルXのリフレッシュを控えており、現在はほぼデリバリーが行われていない状態。

とくにモデルXについては生産が大きく遅れており、2020年12月に従来型の生産を終了させたのち、新型が今になっても登場しておらず、その販売にぽっかり穴が空いたままの状況です。

なお、新しいモデルXについては当初2021年4月にデリバリーされる予定であったものの、しかしその後2022年4月に先送りされ、現在のところは2023年4月の納車予定とされています。

なぜこんなに納車が伸びるのか?

そこで気になるのが「なぜモデルXの納車がそこまで先に伸びたのか」。

その理由は諸説あるようですが、今回イーロン・マスクCEOがファンとの(ツイッター上での)やりとりにて、テスラ側に問題があることを認め、製造工程上、「モデルXは製造が非常に難しいクルマ」であり、その解決のために多くの時間を費やしている、とコメント。

ツイッター上では「具体的にどの部分が」難しいかについて触れておらず、しかしこれまでにもモデルX特有のファルコンドアの製造が非常に難しく、この採用はイーロン・マスクCEOをして「悪夢であり、間違っていた」と言わしめたほど。

要は構造が非常に複雑で、ちゃんと動作させるには高度な組み立て技術が要求されるということになりそうですが、つまるところこれが理由でモデルXの生産が遅れていて、現在他の自動車メーカーが直面しているような「チップ」「コロナウイルスのパンデミックによるサプライチェーンの問題」ではない、ということに。

なお、テスラはここまでモデルXの生産が遅れることを予期しておらず、少し前には「こうなることがわかっていれば、従来型モデルXの生産を継続しつつ新型モデルXの準備をするべきだった」と(イーロン・マスクCEOが)コメントしたことも。

加えて、この問題については消費者に対する連絡もうまくできていなかったことも指摘されており、十分な説明がなされないままに生産がどんどん遅れていることに対し、様々な批判が噴出しているようですね。

テスラの「今年はサイバートラックも新車もない」発言に失望売り殺到、株価が12%下がる。ボクの資産は一晩でフェラーリ296GTB一台分が消し飛んだようだ・・・
テスラの「今年はサイバートラックも新車もない」発言に失望売り殺到、株価が12%下がる。ボクの資産は一晩でフェラーリ296GTB一台分が消し飛んだようだ・・・

| それでもボクは「テスラの株は下がったときが買い」だと考えているこの記事のもくじ| それでもボクは「テスラの株は下がったときが買い」だと考えているただし今年の前半はテスラにとってかなり苦しい戦いにな ...

続きを見る

テスラは追加でリコールを実施

これとは別件になりますが、テスラは北米にて約57万台のリコールを実施。

これは先般実施されたものとはまた別のリコールで、テスラのエンターテイメント機能「Boombox」の問題によるものと報じられています。

このBoomboxは、電気自動車やPHEVに義務付けられている歩行者警告システム(PWS=疑似走行サウンド)と同じシステムとスピーカーを使用しているそうですが、特定の状況にてBoomboxを使用した場合、PWSの音量が小さすぎて歩行者が気づかないこと(Boomboxのほうが優先されるので、Boombox経由でユーザーが大きな音を出すとPWSの音量が相対的に小さくなる)があるといい、これをOTA(オーバー・ジ・エアー=無線アップデート)にて改善すると発表。

改善自体は無線で行われるので、消費者は自身のテスラをどこかに持ち込んだり、テクニシャンを呼ぶ必要がないのは便利ではありますが、テスラならではの「ちょっと奇妙な」リコールでもありますね。

【動画】音楽に合わせてライトが点滅しトランクやドアがパタパタ!テスラが楽しい「ライトショー」をアップデートにて実装
【動画】音楽に合わせてライトが点滅しトランクやドアがパタパタ!テスラが楽しい「ライトショー」をアップデートにて実装

| なんだかんだでテスラはけっこうマメにアップデートを行ってくる |この記事のもくじ| なんだかんだでテスラはけっこうマメにアップデートを行ってくる |しかも「テスラにしかできない」「他ではやらない」 ...

続きを見る

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラが「シートベルト非装着警告が鳴らない」として81万台にリコール!「一時停止しない」5万台リコールに次ぎ今年で2回め

| ただしテスラの対応は非常に速かったようだ |この記事のもくじ| ただしテスラの対応は非常に速かったようだ |さらに、いずれのリコールも修正プログラムをオンラインにて配布することで終了し、物理的な修 ...

続きを見る

テスラ
テスラのインド政府に対する「関税の引き下げを要求。応じればインド国内に工場を建設」という要請に対してインド政府が「NO」。今後の両者の対応には要注目

| ただし両者ともそれなりの言い分があり、なんとか歩み寄ることができるような印象も |この記事のもくじ| ただし両者ともそれなりの言い分があり、なんとか歩み寄ることができるような印象も |テスラはこの ...

続きを見る

テスラ
テスラが仕様変更を行った後「勝手に急ブレーキがかかる」ファントムブレーキ現象が多発。直近で100件を越え調査対象に

| テスラはレーダーの使用をやめ、カメラのみにて自動運転を制御するもよう |この記事のもくじ| テスラはレーダーの使用をやめ、カメラのみにて自動運転を制御するもよう |現時点での技術レベルではやはりレ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5