ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが中国での販売台数(単月)にて記録更新!ただし中国BYDはテスラの倍の成長率を記録し、台数でも倍以上を売るなど競争が激化している様相も

投稿日:2022/10/15 更新日:

テスラ

| 加えて、テスラは中国市場での販売平均単価が非常に低く、つまり価格競争の渦中にあるとも考えられる |

そしておそらく、EVの覇権争いは今後熾烈を極めるだろう

さて、テスラが単月にて「中国での納車台数」記録を更新したことが明らかに。

これは中国乗用車協会(CPCA)が発表した報告書によって確認されたもので、これまでの最高だった6月から4,000台以上を増やして83,135台が納車されています。

なお、テスラは今年に入ってから上海工場のロックダウン、そしてサプライヤーからの供給網の混乱によって中国での生産が大きく減ってしまい、それまで上海工場がテスラにとってもっとも大きな生産規模を持っていただけに大きなダメージとなっていたわけですね。

そこでテスラは「それまでの」メインだったカリフォルニア州フリーモント工場の稼働率を上げ、なんとか全体での生産を落とさないように努めてきたものの、上海での生産欠落期間を補うことができず、第3四半期の生産台数がアナリストの予想を下回ってしまい、そこで株価が大きく下がっています。

テスラ
テスラの株価が「生産台数が予測に達しなかったことで」急落!6月以来最大の下げ幅を記録し、S&P500指数の中でも「もっとも下がった銘柄」に

| それでもボクはこの機会にテスラ株を仕込んでおこうと思う |この記事のもくじ| それでもボクはこの機会にテスラ株を仕込んでおこうと思う |現時点ではテスラには不安材料も多いが、長期的には明るい材料も ...

続きを見る

ただしテスラは常に状況を好転させてきた

しかしながら今回の数字を見るに、これはロックダウン、サプライチェーンのボトルネック、そのほかの様々な状況に対してテスラは手際よく対処してきたということを意味しており、これを報じたロイターも「中国製テスラ車の過去最高の売上高は、電気自動車がモビリティのトレンドをリードしてきたことを示している」とコメントしています。

なお、今回の「中国での過去最高の納車」については、明るい材料のようには見えるものの、実際には懸念がないわけでもなく、同じ9月に%の成長を見せて200,973台を販売したBYDに大きく差をつけられているため。

中国のEV/PHEV専業メーカー、BYDの成長が止まらない!自社でバッテリーの生産を行うことからEVの量産ができ利益も高く、生産台数ではすでにテスラを抜いたもよう
中国のEV/PHEV専業メーカー、BYDの成長が止まらない!自社でバッテリーの生産を行うことからEVの量産ができ利益も高く、生産台数ではすでにテスラを抜いたもよう

| 現在の状況では「バッテリーを持つものが」もっとも強いようだ |この記事のもくじ| 現在の状況では「バッテリーを持つものが」もっとも強いようだ |さすがはウォーレン・バフェットが投資を行うだけのこと ...

続きを見る

加えて、テスラは販売を促進するために9月から保険インセンティブを強化しており、さらには「(テスラからテスラへの)買い替え促進」のために割引を提示するというオーナーシップ・ロイヤリティ・プログラム実施の影響も大きいと言われます。

テスラ・モデルY
テスラが中国限定にて「乗り換えに際し大幅割引」実施!そこにはテスラにしかできない利益上積み戦略があると推測

| 他社製品からの乗り換えではなく、自社製品からの乗り換えのみが対象なところがミソ |この記事のもくじ| 他社製品からの乗り換えではなく、自社製品からの乗り換えのみが対象なところがミソ |テスラはやっ ...

続きを見る

テスラ

さらに言えば、テスラが中国で販売しているモデルの平均価格は(下の表の通り)米国、欧州に比較して半分以下~60%くらいとなっていて、これはポルシェやメルセデス・ベンツといったプレミアムカーメーカーとは逆の傾向です(それらは中国での平均販売価格が他地域よりも高い。ポルシェの場合はすべて輸入車扱いになるので税金等で自動的に高くはなってしまうが)。

つまりテスラは中国にて「現地のほかEVメーカーとの価格競争に巻き込まれつつある」という見方もでき、状況によっては他の中国のEVメーカーに押されてしまう可能性がないとも言えません。

中国(元)米国(ドル)欧州(ユーロ)
ポルシェ1,397,302113,345129,848
メルセデス・ベンツ772,73360,08768,852
テスラ335,87591,19660,757

テスラは最後の競争までは「耐え抜く」ことができるだろうと考えている

一方で価格競争真っ只中なのは中国のEVメーカーも同じでことで、実際に中国のEVメーカーのほとんどは利益を出せていないという報道もあり、そうなると勝手にそれらが撤退する可能性も否定できず、残ったテスラ(とわずかな中国のEVメーカー)に注文が集中するということも起こりえます(そして、テスラはこの状況でも利益を十分に出せているので競争力も残されている)。

要は「テスラが中国で生き残れるかどうかはわからない」という状況ですが、ひとつぼくが確信しているのは「テスラは最後まで生き残る自動車メーカーの一つ」になるだろうということで、しかしそこからの勝負は予測がつかないということに。

そしてもちろん、イーロン・マスクCEOはそういった「先」まで見ているはずで、だからこそ「生産効率」「生産コスト」を非常に重要視しているのだと思われます(この先、タフな競争になることを予見している)。

中国
好調ばかりが報じられる中国のEVメーカーだが、実は1社を除いて軒並み巨額の赤字を記録していた!そのうち倒産ラッシュとなる気配

| 中国では「後先考えず」とにかく売りまくるというビジネススタイルも珍しくはない |この記事のもくじ| 中国では「後先考えず」とにかく売りまくるというビジネススタイルも珍しくはない |商品力よりも、そ ...

続きを見る

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラが110万台のリコールを発表!「パワーウインドウの圧力検知機構に問題」とされ、しかしこの不具合すらオンラインによるアップデートで解決するようだ・・・

| テスラの問題は少なくないが、そのほとんどがアップデートで改善できることを鑑みるに、その制御システムは非常に優れていると考えられる |この記事のもくじ| テスラの問題は少なくないが、そのほとんどがア ...

続きを見る

トヨタ
トヨタが中国にて発売する「初の電動セダン」bZ3は400万円との報道!現地ではテスラ・モデル3より160万円ほど安く、しかしそれでも「売れないだろう」とボクが思うワケ

| トヨタbZ3には「積極的にそれを選びたい」と思わせる理由が乏しく、ガソリン車や他社EVの代替でしかない |この記事のもくじ| トヨタbZ3には「積極的にそれを選びたい」と思わせる理由が乏しく、ガソ ...

続きを見る

テスラ
テスラ納車待ち組に朗報!工場の稼働率が上がり納車待ちまでの時間が短縮されたようだ。おそらく最悪の時期を脱し、今後は状況が改善してゆくとの見通し

| これが一段落した頃には、サイバートラック、セミ(トラック)の長い納車待ちが問題になるのかも |この記事のもくじ| これが一段落した頃には、サイバートラック、セミ(トラック)の長い納車待ちが問題にな ...

続きを見る

参照:Reuters

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5