ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

早速テスラ・サイバートラック用のアフターマーケットホイールが登場!元ブガッティのデザイナーによって設計され、さらにサイバートラックのSF的デザインを加速

投稿日:2022/11/07 更新日:

早速テスラ・サイバートラック用のアフターマーケットホイールが登場!さらにサイバートラックのSF的デザインを加速させそう

| ベースとなるのは元ブガッティのデザイナーが作成した2007年の「ファラオ・コンセプト」 |

サイバートラックはデザイナーの間では非常に評価が高い

さて、テスラは2023年末からサイバートラックの生産を開始すると言われていますが、その最終のスペックやデザインは今のところ公開されていないまま。

ヘッドライトやテールランプが変更され、ドアミラーが追加され、ホイールのデザインも変更されることがわかっていますが、全体的に見るとコンセプトモデル(下の画像)から大きくは変わらないということもアナウンスされています。

テスラ・サイバートラック

テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か
テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か

| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |この記事のもくじ| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |ただしまだサイバートラッ ...

続きを見る

早速テスラ・サイバートラック用のアフターマケット製ホイールが登場

そして今回テスラ・サイバートラックのアップグレード用ホイールとしてアンプラグド・パフォーマンスが発表したのがこの「UP CYBERHEX」なるホイール。

六角形をベースにデザインされた未来的な形状を、持つものですが、すでに1,498ドルという価格もアナウンスされており、どうやら本当に発売されるようですね(サイバートラックの重量や出力が発表されていない中で設計されたホイールなので、ちょっと強度的に心配ではある)。

1

なお、このホイールをデザインしたのはブガッティ・シロンをデザインし、その後韓国ヒョンデ、そしてケーニグセグへと移り、現在はフリーとなったデザイナー、サシャ・セリパノフ氏で、同氏が2007年にデザインしたコンセプトカー「ファラオ」に装着されていたホイールをベースにしているようですね。

同氏は現在の「エクステリア」「インテリア」「エンジニアリング」といった感じで分業化された現在の自動車づくりに疑問を感じており、1970年代のように「デザイナーがエンジニアリングに関与し、またエンジニアがデザイナーに関与する」といった包括的な自動車づくりを好むことを公言しています。

そして今回のホイールデザインを発表するにあたって同氏は「クルマのデザインに、”ウエッジシェイプ”が戻ってきたことは、とても素晴らしいことです。1970年代にイタリアの偉大なデザインの巨匠たちによって開拓されたこのデザイン言語は、常に未来、特に宇宙開発を見据えています。私の2007年のファラオのスケッチは、カーデザインにおけるその時代に触発されたもので、私はアンプラグド・パフォーマンスの新しいCYBRHEX(サイバーヘックス)ホイールに貢献できて嬉しく思います」とコメント。

テスラ・サイバートラック

サイバートラックはある意味で現代の自動車づくりに対するアンチテーゼでもある

なお、サイバートラックは過度にシンプルなデザインが特徴であり、自動車会社のトップや一般消費者の多くにとっては不評であったようですが、カーデザイナーにの多くはこれを支持しており、その理由は「様々な制約が大きなった現代の自動車デザインにおいて、ここまでしがらみを捨て去ってデザインに特化したことは最大の評価に値する」というもの。

イーロン・マスクCEO自身も「単にバカげたものを作りたかった」とコメントしており、マーケティングや様々な(通常の自動車の開発プロセスにおいて要求される)要素をすべて無視したとも語っており、カーデザイナーとしては「一度はこういった仕事をしてみたい」と思わせる作品なのかもしれませんね。

あわせて読みたい、サシャ・セリパノフ関連投稿

元ブガッティ、ケーニグセグのデザイナー「愛車は日産R35 GT-R。ヴェイロンの90%の性能で価格はわずか3%。これしかない。最高だ」
元ブガッティ、ケーニグセグのデザイナー「愛車は日産R35 GT-R。ヴェイロンの90%の性能で価格はわずか3%。これしかない。最高だ」

| サシャ・セリパノフ氏は昔ながらのデザイン手法によって深くクルマに関わりたいと考えるデザイナーだった |この記事のもくじ| サシャ・セリパノフ氏は昔ながらのデザイン手法によって深くクルマに関わりたい ...

続きを見る

元VW、ルノー、ジェネシス、ケーニグセグを経たデザイナーの考える「アルピーヌGTA」がカッコいい
元VW、ルノー、ジェネシス、ケーニグセグを経たデザイナーの考える「アルピーヌGTA」がカッコいい!実際に出資者を探し実現させる計画も持っているようだ

| ただ、実現したとしてもアルピーヌの名を使用することは難しいと思われる |この記事のもくじ| ただ、実現したとしてもアルピーヌの名を使用することは難しいと思われる |アルピーヌGTAはこんなクルマア ...

続きを見る

ケーニグセグが「スケッチチャレンジ」開催。発売が予定される「エントリーレベル」のハイパーカーはこんな感じに?

| その名はケーニグセグ 81st ゴースト |この記事のもくじ| その名はケーニグセグ 81st ゴースト |ケーニグセグは「エントリーモデル」を計画中こんな記事も読まれています ケーニグセグは先日 ...

続きを見る

参照:sashaselipanov

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5