ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

トヨタは儲からない会社になったのか・・・?販売台数1/8のテスラに利益総額を逆転され、1台あたり利益でもテスラは132万円、トヨタは16万円と大きく差をつけられる

投稿日:2022/11/09 更新日:

トヨタ・クラウン

| トヨタはかつてテスラと提携していたが、「テスラから学ぶものはない」として提携を解消している |

当時、トヨタはまだテスラの考え方を理解できなかったのだろう

さて、トヨタが第三四半期の決算を発表し、その利益(4342億円)がテスラの4542億円を下回ったとして業界を揺るがす大ニュースとなっていますが、この逆転現象は「四半期ベースでは初」なのだそう。

なお、販売台数だとトヨタはテスラの約8倍であり、つまるところテスラは1台あたりトヨタの8倍の利益があるということを意味します。

アナリストによると、トヨタの利益が伸び悩んだことには「特殊要因」があるといい、それは原材料の高騰をサプライヤーの分まで肩代わりしているからだとされ、報道ではこれを含む原料高騰が営業利益を4500円引き下げているほか、ロシア生産からの撤退に関しては969億円のマイナスが生じている、とも。

「トヨタの稼ぐ力が損なわれたわけではない」

こういった状況においても「第3四半期の利益の落ち込みは、トヨタの収益性に問題が生じたわけではない」との見方があるようですが、それについては今後の状況を見る必要があり、というのも今後電動化がおもったより早く進むことになれば、トヨタの「ハイブリッドを基本とした」収益構造が崩れ去る可能性も生じ、トヨタの割高なEVは売れず、かつ売れたとしてもコスト高のために「ガソリン車とハイブリッドで稼いだ利益を、EVに食いつぶされるだけ」なのかもしれません。

参考までに、第3四半期における大手自動車メーカーの利益を見てみると、メルセデス・ベンツが5550億円(販売台数53万台)と突出しているものの、次いでテスラの4542億円(34万台)、BMWの4410億円(58万台)、トヨタの4342億円(262万台)、フォルクスワーゲンの2720億円(218万台)という順になっていて、ここから計算するとテスラの1台あたり利益率はトップであり、金額にすると132万円。

一方のトヨタは1台売って165,000円程度しか利益が出ないので、収益性においては相当な差があることも間違いありません(メルセデス・ベンツもかなり儲かる会社であるようだ)。

テスラ・モデルY
テスラの1台あたり生産コストは2017年に比較して半分以下の43%にまで下がっていた!そのほとんどは製造工程と設計の最適化によってなされている

| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |この記事のもくじ| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |そして、この革命の意味を理解できない自動車メ ...

続きを見る

不況下ではブランド力がモノを言う

なお、テスラのこういった高い収益性については「高いブランド力」を反映したものだと考えてよく、テスラは原材料の高騰を直接車両に反映させて値上げを行っても販売が鈍らないものの、トヨタの場合は値上げをすると「競合他社との兼ね合いで販売が下がるため」値上げが難しいから。

よってトヨタはサプライヤーの分の原材料高騰分まで肩代わりせざるを得なくなっていて、これは「特殊要因」として片付けることはできないかもしれません(トヨタの判断であり、不可抗力ではないから)。

さらにテスラはEV市場の拡大に伴い、今後大きく販売を伸ばしてゆくと思われ、しかし逆にトヨタはライバルとの競争によって販売を大きく伸ばすことは難しく、むしろ「防戦一方」の可能性があり、もしかすると電動化の波に乗れずシェアを落としてしまう可能性も。

テスラ・モデルY

トヨタ・クラウン
どうやらボロが出たようだ。トヨタが「このままEV計画を進めると採算が合わない」として計画の見直しと一部停止。クラウン、コンパクトクルーザーの開発停止も

| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |この記事のもくじ| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |どう ...

続きを見る

さらにテスラは「直販」「OTA(無線アップデート)」といった運営コストがかからない手法を採用していて、さらにはギガプレスの導入など製造原価がどんどん下がっているうえ、そもそも車種が4つしかなく、グレード展開もシンプルであり、さらには本社機能までもが(広報を廃止するなど)スリムです。

そうなるとテスラの1台あたり利益は今後もどんどん増加する可能性が高く、トヨタとの差はもっと大きく開くかもしれません。

現在テスラの株価から算出した時価総額はトヨタの約3倍にあたる100兆円ですが、収益性や成長性を考慮すると、「3倍」でもまだ割安だと考えられ、どこかの段階でテスラが再評価されるんじゃないかともぼくは考えています。

あわせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラが新型EVについて言及!「生産コストはモデル3 / モデルYの半分となり、販売台数は現在の全テスラを凌ぐものとなるだろう」。これによって利益の大幅増・株価高も期待

| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |この記事のもくじ| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |これまでにもテスラはひたすら生産効率を追求し ...

続きを見る

テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か
テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か

| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |この記事のもくじ| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |ただしまだサイバートラッ ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラが「戦略の変更により」中国の旗艦店を閉店!中国での値下げ報道の直後だけに様々な憶測を呼ぶことに

| コスト削減が主目的であることは間違いなさそうだが、オープンした2013年とは全く事情が異なる |この記事のもくじ| コスト削減が主目的であることは間違いなさそうだが、オープンした2013年とは全く ...

続きを見る

参照:NIKKEI

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5