ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが地元米国でも大幅値下げ!モデルによっては約286万円の下げ幅、モデルYだと現税込みで263万円安く買えるグレードも

投稿日:2023/01/15 更新日:

テスラ・モデルY

| テスラいわく、値下げの理由は「インフレコストを吸収し、顧客に還元できる準備ができた |

もちろん、値下げしても十分に利益を得られるだけのコスト改善ができているものと思われる

さて、テスラが中国と日本に続き、主要市場のアメリカでも大幅値下げを敢行。

この値下げの理由は単に「需要が下がったので、購買意欲を刺激するため」だと考えられますが、テスラのドイツ法人より広報担当者が出したコメントによると「サプライチェーンに支障をきたした激動の1年が過ぎ、ようやくコストインフレの一部を正常化することに成功し、その成果をお客様に還元することが可能となりました」。

ただ、実質的には、年明け以降で「半分になってしまった」テスラ株の株価対策だと思われ、アナリストの予想に生産台数が届かなかったことで大きく下落した株価を少しでも戻したいという意向があるのかもしれません。

テスラ
年始の初取引でテスラ株暴落!需要低迷、納入台数が予想を下回り、ツイッター買収など悪材料が重なり、1日で失った金額は「フォード1社」に相当する500億ドル

| ボクの資産もフェラーリ296GTS一台分ぐらい吹き飛んだ |この記事のもくじ| ボクの資産もフェラーリ296GTS一台分ぐらい吹き飛んだ |ただし現在の状況はテスラのみではなく、すべての自動車メー ...

続きを見る

いったいアメリカではどれくらい価格が下がったのか

そしてアメリカでどれくらい価格が下がったのかを見てみると、モデル3 RWDだと46,990ドルから43,990ドルへと3,000ドル引き下げられ、比率にすると6.5%。

モデル3パフォーマンスでは14.2%の値下げを適用し、62,990ドルから53,990ドルへと9,000ドルの引き下げを行っています。

モデルYについてはさらに大きく価格が引き下げられ、モデルYロングレンジは20パーセント価格が下がって65,990ドルから52,990ドルと13,000ドルも安くなり、これによって(5人乗りモデルだと)は再び連邦税額控除の対象となるため、ここからさらに7,500ドル安く購入することが可能です。

モデルYパフォーマンスも約19%安くなって1万3,000ドル引き下げられ、その価格は69,990ドルから56,990ドルへ。

テスラ・モデルY

テスラ
テスラが日本において10%近くモデル3を値下げしモデル3 RWDの価格が5,964,000円から5,369,000へ!中国・米国に比較し少ない販売にテコ入れか

| 日本ではまだまだオンラインでのクルマの購入に抵抗があるためかテスラの販売が進まない |この記事のもくじ| 日本ではまだまだオンラインでのクルマの購入に抵抗があるためかテスラの販売が進まない |それ ...

続きを見る

さらにテスラはモデルSとモデルXの価格も引き下げていて、モデルSでは104,990ドルから94,990ドルへと1万ドル(約10%)安くなり、トップレンジのモデルSプレッドではさらに21,000ドル(15%)の値下げとなって135,990ドルから114,990ドルへ。※この値下げ幅はテスラ最大で、日本円だと268万円くらい

モデルXだと11,000ドル(9%)価格が下がって120,990ドルから109,990ドルへ、そしてモデルXプレッドは38,990ドルから19,000ドル引き下げられ、119,990ドル(14%引き下げ)に。

こうやって見るとモデルYロングレンジだと167万円も価格が下がったうえ、連邦税額控除である96万円の適用を受けることができるので、値下げ前に比較すると263万円も”たった1日で”変動したということになりますね。

テスラはこの値下げに耐えることができるのか?

そこで気になるのが「テスラはこんなに値下げをして大丈夫なのか」?

いかに需要を喚起するにしても、あまりにその値下げ幅がダイナミックであり、むしろ販売台数は増えたとしても利益を圧迫してしまうのではと気になったり。

ただ、イーロン・マスクCEOはこの1年の度重なる値上げについても「恥ずかしい」と語り、事態が落ち着いたら価格を正常化するといった旨のコメントも行っていたため、本当に(テスラにとっての)インフレコストが吸収できるレベルに達したのであれば、特に問題はないのかもしれません。

テスラ・モデルY

テスラ・モデルY
テスラCEO、イーロン・マスク氏が度重なる値上げについて「恥ずかしいレベル」とコメント!「しかしすべてインフレのせいであり、これが改善すれば値下げの可能性も」

| これだけ値上げしても顧客がついてきているのはさすがテスラ。もう一流ブランドだと言っていい |この記事のもくじ| これだけ値上げしても顧客がついてきているのはさすがテスラ。もう一流ブランドだと言って ...

続きを見る

さらに言及するならば、現在テスラのクルマの生産コストはどんどん下がり続けており、とくに最近導入した「ギガプレス」による製造効率化は特筆べきレベルにあると言われます。

テスラは常々「米国で最も安価なEVを作り続ける」ことを標榜していますが、そのために日々「いかにコストを下げるか」に注力していることは間違いなく、今回これだけの値下げをしたとしても、そのぶん増加するであろう販売台数と合わせて考えたとき、十分にモトが取れると判断した可能性もありそうですね。

テスラ・モデルY
テスラの1台あたり生産コストは2017年に比較して半分以下の43%にまで下がっていた!そのほとんどは製造工程と設計の最適化によってなされている

| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |この記事のもくじ| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |そして、この革命の意味を理解できない自動車メ ...

続きを見る

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラが2023年にモデル3に初のフェイスリフトを行うとのウワサ。内外装のアップデートに加え、生産コスト低下によって値下げを期待できるかも

| テスラはもともとフェイスリフトを行うことが極めて少ない |この記事のもくじ| テスラはもともとフェイスリフトを行うことが極めて少ない |そしてフルモデルチェンジは未だいずれのモデルでも経験していな ...

続きを見る

テスラ
テスラが新型EVについて言及!「生産コストはモデル3 / モデルYの半分となり、販売台数は現在の全テスラを凌ぐものとなるだろう」。これによって利益の大幅増・株価高も期待

| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |この記事のもくじ| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |これまでにもテスラはひたすら生産効率を追求し ...

続きを見る

テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か
テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か

| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |この記事のもくじ| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |ただしまだサイバートラッ ...

続きを見る

参照:Electrek

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5