ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

運転支援システムに関する最新調査!最も有効なのは自動緊急ブレーキ、次いで前方衝突警告、しかし車線逸脱警告やレーンキーピングアシストはさほど効果がないもよう

投稿日:2022/11/20 更新日:

テスラ

| たしかに事故に占める「追突」の割合はかなり多いように思われる |

混雑が多い日本の場合だとブラインドスポットモニターも有用なんじゃないかと思う

さて、米国にて発表された研究によると、先進運転支援システムは、ある種の事故に巻き込まれる可能性を大幅に低減することがわかった、とのこと。

これまでも国内外にて同様の報告がなされており、これ(運転支援デバイスによって事故が減ること)は周知の事実ではあるものの、今回の報告では細かいところにまで踏み込んでいるのが興味深い部分です。

たとえば、前方衝突警告と自動緊急ブレーキを装備した車両の場合、装備していない車両と比較して、追突が49%減少したと報じており、追突による傷害も53%減少している、と述べています。

先進運転支援システムは複数の組み合わせが好ましい

なお、前方衝突警告システム単独では、追突を6%減らし、負傷率を19%減少させただけなので、この数値を見る限りでは、自動緊急ブレーキシステムを組み合わせることで安全性が「大幅に」向上していることがわかりますが、自動緊急ブレーキシステムは、"道路、天候、照明の条件が理想的でない場合でも、あらゆる状況で極めて優れた性能を発揮する "ことが統計からも見えているといい、自動緊急ブレーキシステムは非常に有用ということになりますね。

このほか、車線逸脱警報、車線維持支援、車線中央維持システムの有効性についても調査がなされ、車線逸脱警報とレーンキープアシストの組み合わせは、単独車両の道路逸脱事故を8%減らすのに役立ち、また単独車両の道路逸脱事故の負傷者を7%減らすことができたとされています。

BMW M3

車線中央維持装置を併用した場合は、単独事故が9%減少しただけで負傷者をあまり減らすことができず、「これら(車線中央維持装置、車線逸脱警報とレーンキープアシスト)の機能を組み合わせてた車両の傷害事故や重大事故を分析しても、他の運転支援装置ほど有意義な結果は得られなかった」とされ、「車線を維持する」だけではさほど安全性が変わらない、ということになりそうです(止まることが重要)。

なお、この調査については、警察から報告された衝突データ、関係機関から提出された車両装備のデータ を使用したといい、約6年間に13の州で衝突した2015~2020年モデルの93車種が調査対象になっているとアナウンスされているので、ある程度の信憑性があると考えて良いかと思います。

まだまだ「事故」に対する課題は多い

こういった運転支援デバイス、自動車そのものの安全性向上によって事故の発生件数はもちろん、重大事故、死亡事故が大幅に減っているというのはよく知られる事実ですが、それでも「アクセルとブレーキの踏み間違い」による事故はなかなかゼロにすることができず、これについては今後のひとつの課題なのかも。

そしてこれからはトルクに優れ、急激な加速を見せるEVがどんどん増えてくるものと思われ、そうなると今までのガソリン車とは異なるたぐいの事故が増えてきたりするのかもしれません。

【動画】新潟のポルシェセンターにて試乗中のタイカンがショールームに突っ込む事故!やはりEVの加速は強烈、今後同様の例も多発しそう
【動画】新潟のポルシェセンターにて試乗中のタイカンがショールームに突っ込む事故!やはりEVの加速は強烈、今後同様の例も多発しそう

| EVの普及に伴い、今後ガソリン車では考えられないような事故案件が増えてくるのかもしれない |この記事のもくじ| EVの普及に伴い、今後ガソリン車では考えられないような事故案件が増えてくるのかもしれ ...

続きを見る

加えてですが、安全デバイスの発展、そして標準化は非常にありがたく、歓迎すべきだとは考えていて、しかしそれにドライバーが慣れきってしまうと(安全に関する)運転スキルがどんどん低くなってしまう(自分の経験上、クルマに頼ってしまう)ようにも思われ、これもまた別の問題を引き起こす可能性がありそうですね。

ちなみにですが、ぼくがいつも思うのは、車間距離を詰めたり無理な割り込みを行ったりといった「あおり運転」に繋がるような挙動ができないような技術を開発できないかということで、これが実現するとずいぶん安心できる人が増えるのになあ、と考えたりします。

あわせて読みたい、関連投稿

米統計「スピード原因での死亡は飲酒原因と同じくらい多い」。日本は?→速度違反は飲酒の7倍もの死亡原因

アメリカの統計によると、速度違反による交通事故死亡者は飲酒運転のそれよりも多い、とのこと。 速度違反金の死亡者は2005-2014年(ちょっと古い)累計だと112,580名、飲酒運転起因の死亡者数は1 ...

続きを見る

BMWのキー
【統計】最も運転マナーが悪いのはこのクルマ!「アウディはあおり多し」「スバルWRXは車線変更・追越し違反」「BMWはほとんどの項目で最悪」

| 予想はしていたが、おおよそ考えていたとおりの内容だった |この記事のもくじ| 予想はしていたが、おおよそ考えていたとおりの内容だった |もっとも保険申請が多いクルマTOP1はこうなっているそれぞれ ...

続きを見る

BMW
BMWとアウディのドライバーは他メーカーに比較して圧倒的にサイコパス傾向が高いとの統計。「大きなグリル」「プレミアムメーカー」が共通項?

| さらにはエレクトリックパワートレーンを積むクルマのドライバーもサイコパス傾向が高いもよう |この記事のもくじ| さらにはエレクトリックパワートレーンを積むクルマのドライバーもサイコパス傾向が高いも ...

続きを見る

参照:AutomotiveNews

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5