ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ベントレー(Bentley) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ベントレーが「キンタマーニ高原にある湖から名前を取った」25台のみ、3.3億円の少量生産限定モデル「バトゥール」の予告画像を公開。W12エンジン搭載最後のモデルか

投稿日:

ベントレーが「キンタマーニ高原にある湖から名前を取った」25台のみ、3.3億円の少量生産限定モデル「バトゥール」のティーザー画像を公開

| ベントレーは今後、こういった超高額限定モデルを収益の柱としてゆくようだ |

よって今後もさらにこのシリーズが続くものと考えられる

さて、ベントレーはつい先日「少量限定モデル、バカラルの生産を完了した」と発表したばかりですが、同時にアナウンスされたのが「次なる限定モデルに取りかかっている」。

そして今回は早くもその新しい限定モデルのティーザーキャンペーンが開始され、その名が「BATUR(バトゥール)」となること、そしていくつかの画像によってバトゥールの持つディティールが明かされることに。

ちなみにですが、「バカラル」の名はメキシコにある観光地(バカラル湖)から取られたもので、このバトゥールはバリ島のキンタマーニ高原にあるバトゥール湖に因んでおり、つまりは「湖つながり」ということになりますね。

Bentley-Mulliner-Batur (2)

ベントレーが世界限定12台のみの「バカラル」の生産を終えたと発表!それぞれが固有の仕様を持ち、中には「もみがら灰を混ぜたボディカラー」「5000年前の木を使用した内装」も
ベントレーが世界限定12台のみの「バカラル」の生産を終えたと発表!それぞれが固有の仕様を持ち、中には「もみがら灰を混ぜたボディカラー」「5000年前の木を使用した内装」も

| ベントレーはもともと無限に近いカスタム性を誇り、「法律と想像力の限界」でしかそれを制限できない |この記事のもくじ| ベントレーはもともと無限に近いカスタム性を誇り、「法律と想像力の限界」でしかそ ...

続きを見る

ベントレー・バトゥールの発表は8月21日

このベントレー・バトゥールにつき、8月21日にカリフォルニア州にて開催されるモンタレー・カーウィークにて発表されるとアナウンスされており、車種としては「グランドツアラー」そしてベースはバカラル同様にコンチネンタルGTだと言われます。

バカラルに加え、さらに2ドアモデルを発売するというのは一見すると「お互いの価値を損なう」かのように思われますが、バカラルが一瞬で完売したことを鑑みるに、まだまだ需要があるのかもしれません。

なお、「グランドツアラー」を選んだのは伝統的に2ドアのほうが価値が高まりやすいからだと思われますが、やはり「優雅な」そして「実用的でない」モデルのほうがコレクション価値が高いのでしょうね。

Bentley-Mulliner-Batur-Teaser-3

今回公開されたティーザー画像からはボディ形状を予測できる要素はなく、しかしベントレーによると「新しいデザイン言語を導入しており、将来のEVレンジにつながるモデル」。

ただしこのバトゥールは「最後のW12エンジン搭載モデル」だとも言われているので電動化はされていないものと思われ(ガソリンオンリーのほうが長期的に価値を維持しやすい)」、”将来のEVレンジにつながる”というのはそのデザインのみを指しているのかもしれません。

ちなみにベントレーはかつての「ブロワー」「スピードシックス」のような大きなヘッドライトを一つのアイコンにしたいと考えているようで、そしてEXP100については相当に気に入っているという発言がなされていることを考慮すると、このバトゥールはEXP100の市販モデルの「デザイン的予告」となる可能性も(バカラルがオープンモデルだったので、バトゥールはクーペになると推測)。

Bentley-Mulliner-Batur (3)

ベントレーが1920年代のスピードシックスを12台のみ復刻!価格は非公開なるもすべての個体には買い手がついているようだ
ベントレーが1920年代のスピードシックスを12台のみ復刻!価格は非公開なるもすべての個体には買い手がついているようだ

| ベントレーは過去にも「ブロワー」を復刻済み、今回はクラシックモデルの復刻第二弾 |この記事のもくじ| ベントレーは過去にも「ブロワー」を復刻済み、今回はクラシックモデルの復刻第二弾 |ベントレーは ...

続きを見る

バトゥールの製造を担当するのはもちろん「マリナー」

このバトゥールの製造を担当するのはベントレーのコーチビルド部門「マリナー」となりますが、生産台数を25台に限定することで内外装のすべてをオーダーメイドそしてハンドメイドとすることができ、その仕上がりは200万ポンド(約3億2700万円)という価格を十分に納得させることができるものだとろうとも考えられます。

ちなみにバカラルでは塗装にもみがら灰を混ぜたり、内装に5,000年前の木材やスコットランド産のウールを使用しているので、このバトゥールにおいても、他メーカーでは採用しないような、そして量産車では使用できないような素材を用いることになるのだと思われます。

合わせて読みたい、ベントレー関連投稿

内外装が光りまくる!「富裕層向け」に新しい価値観を盛り込んだ「ベントレーEXP100」の実車が公開される

| ベントレーは光ることでその光明を見出したようだ | ベントレーは少し前に100周年記念コンセプトカー「EXP100」を発表し画像を公開していますが、今回はその実車を、はじめてベントレー本社にて、メ ...

続きを見る

ベントレーが「使ったプラスチックと同じ分のプラスチックをリサイクルする」ことで企業としてはじめて「ネットゼロ」認定を受ける
ベントレーが「使ったプラスチックと同じ分のプラスチックをリサイクルする」ことで企業としてはじめて「ネットゼロ」認定を受ける

| ベントレーは以前から環境に対して非常に意識の高い自動車メーカーだった |この記事のもくじ| ベントレーは以前から環境に対して非常に意識の高い自動車メーカーだった |ただしそれが「顧客の求めるもの」 ...

続きを見る

ベントレーが「バラ色のメガネを通して世界を見ていた」殿堂入りキャスターに敬意を表しバラ柄のコンチネンタルGTを製作、チャリティーオークションへ
ベントレーが「バラ色のメガネを通して世界を見ていた」殿堂入りキャスターに敬意を表しバラ柄のコンチネンタルGTを製作、チャリティーオークションへ

| ベントレーはずいぶん前から環境と人々に対して優しくあろうと務めている |この記事のもくじ| ベントレーはずいぶん前から環境と人々に対して優しくあろうと務めている |デザインはそのキャスターが「最後 ...

続きを見る

参照:Bentley

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ベントレー(Bentley), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5