ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

「製造第一号」のマクラーレンP1が競売に登場!デザイナーであるフランク・ステファンソンからの手紙、そしてヒストリーブックが付属する価値ある一台

投稿日:2021/05/08 更新日:

「製造第一号」のマクラーレンP1が競売に登場

| 2018年にはバッテリー載せ替え済み、大規模メンテナンスも実施 |

さて、かつては「ラ・フェラーリ」「ポルシェ918スパイダー」とともにハイパーカー御三家の一角をなしたマクラーレンP1。

そして今回、シルバーストーン・オークションにて「その生産第一号」が出品されることに。

なお、「(375台限定のうち)生産第一号」ということで、マクラーレンP1をデザインしたフランク・ステファンソン氏からの手紙、そしてヒストリーブックが付属している、とのこと。

新車からは「2オーナー」

このマクラーレンP1の走行距離はわずか5,899kmにとどまり、オーナーは同じ家族の2名のみ(実質的には1オーナーのようなものだと考えていい)。

2018年には大規模なメンテナンスに出され、バッテリーが新品に載せ替えらたうえ、昨年末にも最新のサービスを受けていると紹介されています。

2013-McLaren-P1-1

ボディカラーはボルケーノ・イエロー。

2013-McLaren-P1-2

搭載されるエンジンは3.8リッターV8ツインターボ、そしてこれにエレクトリックモーターを組み合わせて最高出力は916馬力へ。

0−100km/h加速は2.8秒、最高速は347km/hというスペックを誇ります。

2013-McLaren-P1-3

なお、デザイン上もっとも注目すべきはこのリアセクション。

ほぼ全面がグリルで覆われ、一見するとテールランプやウインカーが見えないといった独特のデザインですね。

2013-McLaren-P1-4

そしてデザイナーのフランク・ステファンソン氏がもっとも気に入っているのもこの部分だとされ、同氏がマクラーレンを去った後も、形を変えて最新モデル(アルトゥーラ)にも引き継がれています。

2013-McLaren-P1-9

720Sまでを担当したマクラーレンのデザイナーが最新モデル、アルトゥーラのデザインを「8.5点だな」と評価
【動画】720Sまでのデザイン担当がアルトゥーラを「8.5点だな」と評価。マクラーレンはデザイナーが交代したセナあたりから変調をきたしたような気がする

| マクラーレンはなんとしてもフランク・ステファンソン氏を慰留すべきだった |この記事のもくじ| マクラーレンはなんとしてもフランク・ステファンソン氏を慰留すべきだった |「マクラーレンのデザイナーは ...

続きを見る

マクラーレンP1のインテリアは今見るとシンプル

なお、当時は今ほどマクラーレンMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)がカスタムできる幅が少なかったのか、今見ると内装はかなりシンプル。

それでも、こちらも外観同様、現代のマクラーレンにまで通じる基礎を形作っていることがわかります。

2013-McLaren-P1-6

マクラーレンP1は、マクラーレンの最上位ラインアップ「アルティメットシリーズ」第一号であり、その後には「セナ」「エルヴァ」「スピードテール」等が登場。

ただし、直接の後継とも言える「セナ」の評判があまり芳しくなかったためか、むしろP1が再評価されることに。

そのためか、現在でも高い価値を誇り、今回のオークションにおいても、予想差落札価格は最高で「1億円超」と、当時の新車価格を超えるようですね。

2013-McLaren-P1-25

参考までに、数々のハイパーカーを所有する米コレクターも、「セナは購入後にすぐ売った」もののP1はずっと手元に残しており、非常に気に入っている、ともコメントを残しています。

2013-McLaren-P1-38

大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1
【動画】大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1。「なぜ気に入っているのか、その理由を説明する」

| やはりエレクトリックモーターのアシストによる加速は「病みつき」になるようだ |この記事のもくじ| やはりエレクトリックモーターのアシストによる加速は「病みつき」になるようだ |マクラーレンP1のこ ...

続きを見る

合わせて読みたい、マクラーレンP1関連投稿

14台が製造され、生き残ったのはわずか5台。マクラーレンP1のプロトタイプ中5番目に製造された「XP05」が販売中

| そのレア度を考えると、販売価格の1億8000万円は破格の安さ | 2017年11月にも販売されたことがある、マクラーレンP1の開発用車両が「ふたたび」中古市場に登場。ただ、ちょっと奇妙なのは、前回 ...

続きを見る

マクラーレンP1 GTRを公道にて乗る動画
【動画】サーキット走行専用モデル「マクラーレンP1 GTR」!公道走行可能な仕様とするにはこういった部分が変更されている

| ボクはとてもこのクルマを公道で乗る勇気はない |この記事のもくじ| ボクはとてもこのクルマを公道で乗る勇気はない |マクラーレン公認にて行動走行可能な仕様へとコンバート公道仕様へのコンバートに当た ...

続きを見る

【動画】マクラーレンP1のオーナーが「エレクトリックモード」での加速、HVモードでの加速を比較!モーターのみだと0-100km/h加速は10秒以上かかるようだ

| こんなレビューはオーナーでないと絶対にできない |この記事のもくじ| こんなレビューはオーナーでないと絶対にできない |マクラーレンP1の充電器は非常に高価こんな記事も読まれています さて、3台の ...

続きを見る

参照:Silverstone Auctions

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5