ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■イギリス車

メルセデス・ベンツ

2022年11月の輸入車登録台数が公開!メルセデス・ベンツが驚異の伸びを見せ、フェラーリとランボルギーニは登録減少。ロータスはもう在庫が枯渇したようだ

| 最近はどこに行ってもメルセデス・ベンツばかりを見るようになった | 今後、中国や韓国の自動車メーカーがシェアを伸ばすことも十分に予想される さて、(日本国内における)2022年11月の輸入車登録台 ...

ベントレーが18台のみ限定、価格2.8億円「バトゥール」のテストを開始!試作車のボディカラーはパープル、これから欧州4カ国、2,500kmにわたる検証の旅へ

ベントレーが18台のみ限定、価格2.8億円「バトゥール」のテストを開始!試作車のボディカラーはパープル、これから欧州4カ国、2,500kmにわたる検証の旅へ

| ベントレーにはいかなる小さな瑕疵も許されない | バトゥールに積まれるエンジンはベントレー最強の740馬力 さて、ベントレーはそのコーチビルド・プログラム「マリナー」を通じて少量限定モデルの生産を ...

マクラーレン・アルトゥーラ

マクラーレンが275億円の赤字を計上、165億円ぶんのF1マシンなどヘリテージコレクションを売却したとの報道。まだまだ回復までの道のりは険しそう

| なんとかアルトゥーラを発売せねばならない状況ではあったが、そのための資金確保に困難が生じる | マクラーレンにとっては、様々な悪状況が重なったとしかいいようがない さて、マクラーレンはハイブリッド ...

マクラーレンもマイクロモビリティに参入、電動スクーター「LAVOIE シリーズ1」を発表。「クルマと同じ技術、品質を持つ製品を作りたかった」

マクラーレンもマイクロモビリティに参入、電動スクーター「LAVOIE シリーズ1」を発表!「スーパーカーとレースで培ったテクノロジーを反映した」

| 今回、電動キックボードの発売に際して新会社「LAVOIE」を設立 | マクラーレンは様々な方法で社会の要望に応える さて、マクラーレンはスーパーカー事業のほかにも様々な業務を行う子会社を有しており ...

007映画の撮影にて使用されたアストンマーティンDB5が4.8億円で落札!007映画60周年記念競売にてダニエル・クレイグ着用のオメガは3500万円

007映画の撮影にて使用されたアストンマーティンDB5が4.8億円で落札!007映画60周年記念競売にてダニエル・クレイグ着用のオメガは3500万円

| 数ある名作シリーズの中でも007映画は格別の人気を誇る | そして今後さらに価値を上げ続けるのは間違いない さて、オークションハウス、クリスティーズの主催によって大々的に開催された「007映画60 ...

ボディカラーはポルシェ純正色、ブレーキキャリパーはフェラーリ純正色!エレガントにカスタムされたランドローバー・ディフェンダー登場

ボディカラーはポルシェ純正色、ブレーキキャリパーはフェラーリ純正色!エレガントにカスタムされたランドローバー・ディフェンダー登場

| 現在ランドローバー・ディフェンダーはセレブ御用達として非常に人気が高い | 加えて「ラグジュアリー」カスタムが流行中 さて、ジャガーやランドローバー、レンジローバーなど英国車のレストモッドを行うE ...

元F1チャンプ、マリオ・アンドレッティが乗っていたロータス・エリートが競売に!本来だったらもっと高値になりそうだが、エリートの人気がなさすぎて予想落札価格200万円

元F1チャンプ、マリオ・アンドレッティが乗っていたロータス・エリートが競売に!本来だったらもっと高値になりそうだが、エリートの人気がなさすぎて予想落札価格200万円

| ロータス・エリートは、ロータスが高級路線を目指して開発した4人乗りのスポーツカー | ロータスではじめてエアコン、パワステがオプション設定されたモデルでもある さて、非常に珍しいロータス・エリート ...

アストンマーティンが南青山に個人用邸宅の建設を行うと発表!4階建て、ジムやスパ、ホームシアターを備える超ラグジュアリー仕様。なぜアストンが不動産ビジネスを?

アストンマーティンが南青山に個人用邸宅の建設を行うと発表!4階建て、ジムやスパ、ホームシアターを備える超ラグジュアリー仕様。なぜアストンが不動産ビジネスを?

| アストンマーティンは富裕層の求めるラグジュアリー体験をすべて提供しようと考えている | おそらくは今後「さらなる」展開が見られるはずだ さて、アストンマーティンが「日本に、アジア初のアストンマーテ ...

超オシャレ!モーガン・スーパー3がセレブ向けリゾートウェアブランドとのコラボによってサファリ仕様に。この配色はちょっと見習いたいな

超オシャレ!モーガン・スーパー3がセレブ向けリゾートウェアブランドとのコラボによってサファリ仕様に。この配色はちょっと見習いたいな

| モーガンのクルマはクラシカルでエレガント、そして心の豊かさを感じさせるところがイイ | いつかは乗りたいと考えているが、優先順位的にその機会はやってきそうにない さて、現存する英国の自動車メーカー ...

中国にてロータスの新型電動セダン「タイプ133(エンヴィア)」の試作車が目撃!エレトレ同様にスタイリッシュ、そして未来的なクルマになりそうだ

中国にてロータスの新型電動セダン「タイプ133(エンヴィア)」の試作車が目撃!エレトレ同様にスタイリッシュ、そして未来的なクルマになりそうだ

| そのスタイルはクーペ風、ホイールもなかなかにスポーティー | 一方、テールランプなど「暫定」デザインも残される さて、ロータスは現在の親会社である中国の吉利汽車のもと、「スポーツカーオンリー」メー ...

ランドローバーとバンフォードがコラボ腕時計を発表!ディフェンダーをイメージしたというものの、あえてディフェンダーらしさ、ランドローバー色を排除

ランドローバーとバンフォードがコラボ腕時計を発表!ディフェンダーをイメージしたというものの、あえてディフェンダーらしさ、ランドローバー色を排除

| 通常、自動車ブランドとのコラボ腕時計だと「クルマと共通する特徴」をもたせようとするはずだが | このバンフォード LR001はランドローバーの文字、クルマに備わる特徴が意図的に排除されているようだ ...

ベントレーが「オプション装着率97%」というフライングBマスコットの秘密に迫る!起源は1920年代、そして現代のマスコットは6代目、こうやって製造されている

ベントレーが「オプション装着率97%」というフライングBマスコットの秘密に迫る!起源は1920年代、そして現代のマスコットは6代目、こうやって製造されている

| フライングBはしばらく廃止されている期間があった | 現在のフライングBの製造にかかるのは11週間、世界中の気候に耐えうる強度を持っている さて、ベントレーのマスコットといえば「フライングB」。こ ...

関西初公開!新型ランドローバー・ディフェンダー「90」を見てきた

ジャガー・ランドローバーが「解雇されたツイッターの社員を雇う」べく専用求人サイトを開設!「大手テック企業から解雇された人々は我々に必要なスキルを持っている」

| たしかに、これは優秀な人材を雇い入れるいいチャンスかもしれない | もしかすると他の自動車メーカーもこの流れに追従しそう さて、イーロン・マスク氏はツイッターを買収した後に従業員の大量解雇を行って ...

ベントレーとアディダスとのコラボスニーカー爆誕!実車と同じ素材や製法にてハンドメイド、デザインを行ったのはSurgeon(サージョン)、もちろん限定

ベントレーとアディダスとのコラボスニーカー爆誕!実車と同じ素材や製法にてハンドメイド、デザインを行ったのはSurgeon(サージョン)、もちろん限定

| 価格は非公開、しかしとんでもなく高いのは間違いなさそう | 今後の展開、そして一般人でも注文できるようになるのかどうかはわからない さて、「フェラーリとプーマ」「サントーニとメルセデスAMG」など ...

モーガンが2023年モデルの「プラス4」「プラス6」発表!エアバッグやESC、カップホルダーを装備し、変わらぬ外観に日常性を追加

| こういったクルマを購入できる時間はもはやそう長くは残されていないだろう | ケータハム同様、「駆け込み需要」がけっこうありそう さて、英国では最古、そして唯一の独立系自動車メーカー、モーガン。今回 ...

マクラーレンの次世代スーパーカー?デザイナーが「エンシフェラ」を公開。そろそろマクラーレンもデザイン言語を一新しなければならないような気がする

マクラーレンの次世代スーパーカー?デザイナーが「エンシフェラ」を公開。そろそろマクラーレンもデザイン言語を一新しなければならないような気がする

| マクラーレンはデザインを入れ替えることで顧客の買い替えを促進するべきだとは思う | もちろん現在の「マクラーレンらしい」姿に不足があるわけではないが さて、レンダリングアーティスト、デハーン・リス ...

マクラーレン

マクラーレンがSUVに続きエレクトリックセダンを投入?新CEO「我々にとって重要な指標は、潜在的に、より多くの乗員が車内で共有できる能力なのです」

| マクラーレンは新CEOのもとで新たなる価値観を追求することになりそうだ | 今どき「SUVはブランドの価値を下げる」と考えるのはナンセンスだと思う。むしろ速いSUVを作れると示すことのほうが重用か ...

あの「ハリケーンで濁流に飲まれ、流された」マクラーレンP1はやはり廃車になっていた!廃車専門サイトに競売開始待ち、しかし「ガソリンオンリー車として再生する」という購入希望者も

あの「ハリケーンで濁流に飲まれ、流された」マクラーレンP1はやはり廃車になっていた!廃車専門サイトに競売開始待ち、しかし「ガソリンオンリー車として再生する」という購入希望者も

| 歴史的名車だけに、どのような状態であってもその存在を守り続けて欲しい | 外装は修復可能な範囲だが、ドライブトレーンは再利用が難しそう 先日ハリケーン「イアン」による洪水被害にて、購入わずか1週間 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5