ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■イギリス車

まさかのピンクも!ベントレーが「過ぎ去りしハリウッドの黄金期」をイメージしたパステルカラーの”特別仕様”コンチネンタルGTCを発表

まさかのピンクも!ベントレーが「過ぎ去りしハリウッドの黄金期」をイメージしたパステルカラーの”特別仕様”コンチネンタルGTCを発表

| ベントレーのカスタムプログラム「マリナー」の利用率は2年で3倍に | 現在の高級車は「パーソナリゼーション」が大きなキーワードとなっている さて、自社のパーソナリゼーション、そしてコーチビルドを手 ...

アテネにて「持ち主の死後」30年余もホテル駐車場に放置されていたミニとヤマハのバイクがはじめて路上に。放置されていた理由は未だもって謎のまま

アテネにて「持ち主の死後」30年余もホテル駐車場に放置されていたミニとヤマハのバイクがはじめて路上に。放置されていた理由は未だもって謎のまま

| ホテル側は長い間、このミニとヤマハの処分を拒否していたというが | 世界中にはいろいろな理由で色々なクルマやバイクが放置されている さて、時々報じられるのが「長い間放置されたクルマ」。その場所は個 ...

ミニが「過去のワンオフシリーズ」5台を一挙公開!「アイスクリームバン」「デビッド・ボウイ」「Mr.ビーン」「ディースクエアード」「キャンパー」

ミニが「過去のワンオフシリーズ」5台を一挙公開!「アイスクリームバン」「デビッド・ボウイ」「Mr.ビーン」「ディースクエアード」「キャンパー」

| まだまだ紹介されていない「ワンオフの」ミニがたくさん存在しそうだ | ミニはいずれもコレクション価値が非常に高い さて、BMWは自社にて過去の車を収蔵する「ヘリテージコレクション」を持っていて、こ ...

中国の吉利がアストンマーティンの株式を9.7%し4番目の株主に!おそらくこのまま株式を買い進めて経営権を取得するんじゃないかと予想

中国の吉利がアストンマーティンの株式を9.7%し4番目の株主に!おそらくこのまま株式を買い進めて経営権を取得するんじゃないかと予想

| ボクはむしろ、吉利汽車がアストンマーティンを買収したほうがいいんじゃないかと考えている | 現在吉利汽車はボルボ、ロータス、ポールスター、Lynk&Co、Zeekr、LEVCを所有 さて、 ...

購入してわずか1週間、限定375台のハイパーカー「マクラーレンP1」がハリケーン被害によって濁流に飲まれ、無惨にも流される【動画】

購入してわずか1週間、限定375台のハイパーカー「マクラーレンP1」がハリケーン被害によって濁流に飲まれ、無惨にも流される【動画】

| オーナーとしても対策は行っていたものと思われるが | これでまた、375台の限定台数のうち一台が失われたということに さて、フロリダではしばしばハリケーンによる被害が問題となっていますが、今回もま ...

マクラーレンP1とラフェラーリとの「ハイブリッドハイパーカー」加速対決!3本勝負のところ2本目でマクラーレンP1が白煙を吹いてストップしてしまう【動画】

マクラーレンP1とラフェラーリとの「ハイブリッドハイパーカー」加速対決!3本勝負のところ2本目でマクラーレンP1が白煙を吹いてストップしてしまう【動画】

| ただし壊れる前のマクラーレンP1はやっぱり無敵だった | 両者ともミドシップ、ハイブリッド、後輪駆動という共通項があるものの、「微妙な」違いも存在した さて、これまでにも様々なドラッグレース動画が ...

30周年を記念しマクラーレンF1が13台、ひとつ屋根の下に集合する。上野クリニックのオーナーが購入した伝説の「ウエノ・グレー」にペイントされた個体も登場【動画】

30周年を記念しマクラーレンF1が13台、ひとつ屋根の下に集合する。上野クリニックのオーナーが購入した伝説の「ウエノ・グレー」にペイントされた個体も登場【動画】

| 展示車両の時価総額は全部で400億円に相当するらしい | もはやマクラーレンF1は恐れ多くて触れることすらためらわれる存在に さて、マクラーレンF1は今年で(発売から)30周年を迎えますが、それを ...

ケータハムが1970年代っぽいクラシカルな内外装の「スーパーセブン600/2000」を発表!タイムレスな仕様でコレクション価値も高そう

ケータハムが1970年代っぽいクラシカルな内外装の「スーパーセブン600/2000」を発表!タイムレスな仕様でコレクション価値も高そう

| ケーターハムにとっては今が「追い風」 | クロームパーツ、ウッド内装がクラシカルな雰囲気を演出 さて、昨年4月に日本企業によって子会社化された英ケーターハム。今回はヘリテージモデルとしてスーパーセ ...

2台あわせて10億円オーバー!ブガッティ・シロンとマクラーレン・スピードテールとの奇跡のハイパーカー対決が実現する【動画】

2台あわせて10億円オーバー!ブガッティ・シロンとマクラーレン・スピードテールとの奇跡のハイパーカー加速対決が実現する【動画】

| マクラーレン・スピードテールがドラッグレースに参戦する例は非常に珍しい | 少なくとも、この組み合わせは今までに一度も見たことがない さて、米国ではドラッグレースが非常に盛んであり、専用のドラッグ ...

マクラーレンの超限定ハイパーカー、「ソルスGT」購入者は自分専用のシートを作ってもらえる!その採寸の様子を動画にて

マクラーレンの超限定ハイパーカー、「ソルスGT」購入者は自分専用のシートを作ってもらえる!その採寸の様子を動画にて

| ハイパーカーの購入プロセスは普通のクルマとは全く異なる | こういった経験も含め、これが「ハイパーカーのオーナーになる」ということなのだと思われる  さて、米不動産王にしてスーパーカー/ハイパーカ ...

アストンマーティン

アストンマーティンがディーラーから借金をし、ディーラーがカネを払わないと訴える。逆にディーラーはアストンにロイヤルティを払えという訴訟を起こし、完全な泥沼に

| 問題は、これによってヴァルキリーの納車を受けることができないと報じられる顧客がいることだ | 思ったよりこの問題の根は深そう さて、昨年6月に泥沼化するんじゃないかと言われたアストンマーティンに関 ...

ランドローバー・ディフェンダー90/110に75周年記念仕様、専用ボディカラーを持つ「75th リミテッド・エディション」が追加。内外装は特別仕上げ、記念グッズも登場

ランドローバー・ディフェンダー90/110に75周年記念仕様、専用ボディカラーを持つ「75th リミテッド・エディション」が追加。内外装は特別仕上げ、記念グッズも登場

| ボディカラー同色のホイールはなかなかにインパクトが強い | ランドローバー・ディフェンダーの人気は未だにまったく衰えず さて、ランドローバーが「ディフェンダー誕生75周年」を記念し、ディフェンダー ...

日本国内の中古市場にマクラーレンのハイパーカー「エルバ」登場!現在売り物件は1台のみ、価格は「応談」。珍しい付属品の画像も

日本国内の中古市場にマクラーレンのハイパーカー「エルバ」登場!現在売り物件は1台のみ、価格は「応談」。珍しい付属品の画像も

| 内外装のカラーコンビネーションがシックでタイムレス、けっこう価値が上がりそうな色合いを持っている | トノカバーが付属しているのは今回始めて知った さて、非常にレアなマクラーレンのハイパーカー「エ ...

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」生産枠の転売が早くも登場!新車価格の2倍、そして今からオプションやボディカラーは自由に決定可能

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」生産枠の転売が早くも登場!新車価格の2倍、そして今からオプションやボディカラーは自由に決定可能

| こういった「転売」は以前に比較すれば少なくなったように思う | 自動車メーカーが顧客を適切に選定できるようになったのか、あるいは転売組も長期保有後に売るほうが有利だと考えているのか さて、アストン ...

アストンマーティン・ヴァルキリーに「オープンコクピット」モデルが登場したら?どうせサーキット走行専用であればオープンのほうがサウンドを楽しめそう

アストンマーティン・ヴァルキリーに「オープンコクピット」モデルが登場したら?どうせサーキット走行専用であればオープンのほうがサウンドを楽しめそう

| その名はアストンマーティン・ヴァルキリーAMR One | 11年前に発表されたアストンマーティンAMR Oneへのオマージュ さて、アストンマーティンは1000馬力オーバーのハイパーカー「ヴァル ...

ミニとBMWがサステイナブルを意識し「レザーを使用しない、しかしレザーのように見える」素材を来年から導入。そこまでしてレザーに似せないといけないのか・・・

ミニとBMWがサステイナブルを意識し「レザーを使用しない、しかしレザーのように見える」素材を来年から導入。そこまでしてレザーに似せないといけないのか・・・

| ボクはこの不自然な方向性にどうも納得ができない | どうせならレザーとは全く異なる、新しい価値観を追求すべきだと思う さて、現在自動車業界では「サステイナブル」を掲げないと社会的に許さない状況であ ...

ゴードン・マレーはパガーニと異なり「電動化でも楽しいクルマができる」。「最終的にはすべてがEVになるでしょう。それが終着点です」

ゴードン・マレーはパガーニと異なり「電動化でも楽しいクルマができる」。「最終的にはすべてがEVになるでしょう。それが終着点です」

| 結局のところ、楽しさを感じさせる要素とは何なのか | ”鬼才”ゴードン・マレーはなんらかのアイデアを持っているようだ さて、V12エンジンを搭載したピュアなハイパースポーツ「T.50」と「T.33 ...

世界に88人のみ、アストンマーティンV12スピードスター乗りに朗報!ノーマルのデザインを崩さないアフターマーケット製ウインドシールドが登場

世界に88人のみ、アストンマーティンV12スピードスター乗りに朗報!ノーマルのデザインを崩さないアフターマーケット製ウインドシールドが登場

| このパーツ装着により、むしろノーマルよりもデザイン性が向上するかも | これで「通常走行」であればヘルメットが不要になるかも さて、少し前には「スピードスター」ブームが訪れ、フェラーリ・モンツァS ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5