ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

メルセデス・ベンツ

2022年11月の輸入車登録台数が公開!メルセデス・ベンツが驚異の伸びを見せ、フェラーリとランボルギーニは登録減少。ロータスはもう在庫が枯渇したようだ

| 最近はどこに行ってもメルセデス・ベンツばかりを見るようになった | 今後、中国や韓国の自動車メーカーがシェアを伸ばすことも十分に予想される さて、(日本国内における)2022年11月の輸入車登録台 ...

マクラーレン・アルトゥーラ

マクラーレンが275億円の赤字を計上、165億円ぶんのF1マシンなどヘリテージコレクションを売却したとの報道。まだまだ回復までの道のりは険しそう

| なんとかアルトゥーラを発売せねばならない状況ではあったが、そのための資金確保に困難が生じる | マクラーレンにとっては、様々な悪状況が重なったとしかいいようがない さて、マクラーレンはハイブリッド ...

マクラーレンもマイクロモビリティに参入、電動スクーター「LAVOIE シリーズ1」を発表。「クルマと同じ技術、品質を持つ製品を作りたかった」

マクラーレンもマイクロモビリティに参入、電動スクーター「LAVOIE シリーズ1」を発表!「スーパーカーとレースで培ったテクノロジーを反映した」

| 今回、電動キックボードの発売に際して新会社「LAVOIE」を設立 | マクラーレンは様々な方法で社会の要望に応える さて、マクラーレンはスーパーカー事業のほかにも様々な業務を行う子会社を有しており ...

マクラーレンの次世代スーパーカー?デザイナーが「エンシフェラ」を公開。そろそろマクラーレンもデザイン言語を一新しなければならないような気がする

マクラーレンの次世代スーパーカー?デザイナーが「エンシフェラ」を公開。そろそろマクラーレンもデザイン言語を一新しなければならないような気がする

| マクラーレンはデザインを入れ替えることで顧客の買い替えを促進するべきだとは思う | もちろん現在の「マクラーレンらしい」姿に不足があるわけではないが さて、レンダリングアーティスト、デハーン・リス ...

マクラーレン

マクラーレンがSUVに続きエレクトリックセダンを投入?新CEO「我々にとって重要な指標は、潜在的に、より多くの乗員が車内で共有できる能力なのです」

| マクラーレンは新CEOのもとで新たなる価値観を追求することになりそうだ | 今どき「SUVはブランドの価値を下げる」と考えるのはナンセンスだと思う。むしろ速いSUVを作れると示すことのほうが重用か ...

あの「ハリケーンで濁流に飲まれ、流された」マクラーレンP1はやはり廃車になっていた!廃車専門サイトに競売開始待ち、しかし「ガソリンオンリー車として再生する」という購入希望者も

あの「ハリケーンで濁流に飲まれ、流された」マクラーレンP1はやはり廃車になっていた!廃車専門サイトに競売開始待ち、しかし「ガソリンオンリー車として再生する」という購入希望者も

| 歴史的名車だけに、どのような状態であってもその存在を守り続けて欲しい | 外装は修復可能な範囲だが、ドライブトレーンは再利用が難しそう 先日ハリケーン「イアン」による洪水被害にて、購入わずか1週間 ...

ランボルギーニ

2022年10月の輸入車登録台数が公開!ランボルギーニは前年比2倍、フェラーリは1.5倍、マセラティは1.6倍。反面マクラーレンは登録7台、ロータスはわずか2台にとどまる

| マクラーレン、ロータスは「生産が思うようにできず」販売できる個体が日本に入ってきていないものと思われる | 現在、自動車業界はいまだ経験したことがない領域に突入している 2022年10月の輸入車( ...

マクラーレン×TUMI(トゥミ)に新シリーズ登場!マクラーレンらしくカーボンファイバーを使用したスーツケースやバッグが4アイテム追加

マクラーレン×TUMI(トゥミ)に新シリーズ登場!マクラーレンらしくカーボンファイバーを使用したスーツケースやバッグが4アイテム追加

| マクラーレンとカーボンファイバーは切っても切れない関係にある | かなり高価ではあるが、マクラーレンのファンであればぜひ押さえておきたい マクラーレンとバッグメーカーのTUMI(トゥミ)は数年前か ...

購入してわずか1週間、限定375台のハイパーカー「マクラーレンP1」がハリケーン被害によって濁流に飲まれ、無惨にも流される【動画】

購入してわずか1週間、限定375台のハイパーカー「マクラーレンP1」がハリケーン被害によって濁流に飲まれ、無惨にも流される【動画】

| オーナーとしても対策は行っていたものと思われるが | これでまた、375台の限定台数のうち一台が失われたということに さて、フロリダではしばしばハリケーンによる被害が問題となっていますが、今回もま ...

マクラーレンP1とラフェラーリとの「ハイブリッドハイパーカー」加速対決!3本勝負のところ2本目でマクラーレンP1が白煙を吹いてストップしてしまう【動画】

マクラーレンP1とラフェラーリとの「ハイブリッドハイパーカー」加速対決!3本勝負のところ2本目でマクラーレンP1が白煙を吹いてストップしてしまう【動画】

| ただし壊れる前のマクラーレンP1はやっぱり無敵だった | 両者ともミドシップ、ハイブリッド、後輪駆動という共通項があるものの、「微妙な」違いも存在した さて、これまでにも様々なドラッグレース動画が ...

30周年を記念しマクラーレンF1が13台、ひとつ屋根の下に集合する。上野クリニックのオーナーが購入した伝説の「ウエノ・グレー」にペイントされた個体も登場【動画】

30周年を記念しマクラーレンF1が13台、ひとつ屋根の下に集合する。上野クリニックのオーナーが購入した伝説の「ウエノ・グレー」にペイントされた個体も登場【動画】

| 展示車両の時価総額は全部で400億円に相当するらしい | もはやマクラーレンF1は恐れ多くて触れることすらためらわれる存在に さて、マクラーレンF1は今年で(発売から)30周年を迎えますが、それを ...

2台あわせて10億円オーバー!ブガッティ・シロンとマクラーレン・スピードテールとの奇跡のハイパーカー対決が実現する【動画】

2台あわせて10億円オーバー!ブガッティ・シロンとマクラーレン・スピードテールとの奇跡のハイパーカー加速対決が実現する【動画】

| マクラーレン・スピードテールがドラッグレースに参戦する例は非常に珍しい | 少なくとも、この組み合わせは今までに一度も見たことがない さて、米国ではドラッグレースが非常に盛んであり、専用のドラッグ ...

マクラーレンの超限定ハイパーカー、「ソルスGT」購入者は自分専用のシートを作ってもらえる!その採寸の様子を動画にて

マクラーレンの超限定ハイパーカー、「ソルスGT」購入者は自分専用のシートを作ってもらえる!その採寸の様子を動画にて

| ハイパーカーの購入プロセスは普通のクルマとは全く異なる | こういった経験も含め、これが「ハイパーカーのオーナーになる」ということなのだと思われる  さて、米不動産王にしてスーパーカー/ハイパーカ ...

日本国内の中古市場にマクラーレンのハイパーカー「エルバ」登場!現在売り物件は1台のみ、価格は「応談」。珍しい付属品の画像も

日本国内の中古市場にマクラーレンのハイパーカー「エルバ」登場!現在売り物件は1台のみ、価格は「応談」。珍しい付属品の画像も

| 内外装のカラーコンビネーションがシックでタイムレス、けっこう価値が上がりそうな色合いを持っている | トノカバーが付属しているのは今回始めて知った さて、非常にレアなマクラーレンのハイパーカー「エ ...

ランボルギーニ

2022年8月の輸入車登録台数が発表!もっとも伸びたのは前年比2倍のロールス・ロイス、二番目はランボルギーニ、4位はフェラーリ

| ロールス・ロイス、ランボルギーニ、フェラーリは「通年」でも昨年より多くの販売台数を記録 | ランボルギーニ、フェラーリは多くのモデルが販売を終了する中で堅調に業績を伸ばす さて、2022年8月の輸 ...

マクラーレン

マクラーレンCEOがついにSUVに言及!「SUVを愛しているし、重要な市場だ」。実際にこの新CEOはポルシェでカイエン、フェラーリでプロサングエの開発を主導

| ボクとしてはマクラーレンがSUVを発売することは大歓迎 | むしろSUVを否定しブランドが衰退することのほうを恐れている さて、つい最近CEOが交代したマクラーレン。これまでのCEOであったマイク ...

「見た目も乗った印象も、まるで別の惑星から来た乗り物のようだ」。マクラーレンがソルス(SOLUS)GTを発表、アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモの市販版

「見た目も乗った印象も、まるで別の惑星から来た乗り物のようだ」。マクラーレンがソルス(ソラス/SOLUS)GTを発表、アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモの市販版

| しかも搭載されるのは5.2リッターV10自然吸気・マクラーレンはどこからこのエンジンを入手したのか | ソルスGTの価格は4億5000万円〜6億5000万円だとも さて、先日「シングルシーターの限 ...

マクラーレンがまだ追加で限定ハイパーカーを発表するようだ!センターシート、1,000馬力超のサーキット走行専用車、「スピードテール」の派生モデルか?

マクラーレンがまだ追加で限定ハイパーカーを発表するようだ!センターシート、1,000馬力超のサーキット走行専用車、「スピードテール」の派生モデルか?

| たしかに「限定ハイパーカービジネス」は大きな利益を稼げるというが | すでにマクラーレンのハイパーカーは飽和の可能性もあり、であればSUVに手を付けたほうがいいかもしれない さて、マクラーレンがペ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5