ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ルノー/アルピーヌ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ルノー5(サンク)に続き4(キャトル)も復活?5との車体共有にて、EVとして2025年に発売とのウワサ

投稿日:2021/02/11 更新日:

ルノー4がEVとなって復活?

| 過去にも同様のウワサが出ており、可能性として「ルノー4の復活」は低くはないだろう |

さて、ルノーは先日公式に「5(サンク)を復活させる」と発表したところですが、今回は4(キャトル)復活のウワサ。※画像はデザイナーであるデイビッド・オベンドルファー氏の作品

実際のところルノーは「過去の資産を現代に活かす」計画を公表しているので、5が蘇るのであれば、4がEVとなって復刻されてもおかしくはないのかもしれません。

ルノー5プロトタイプ
ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい |この記事のもくじ| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい |ルノー5プロトタイプはこんな外観を持っているルノーは新戦略「Renaul ...

続きを見る

ルノー4はこんなクルマ

ルノー4は1961年に登場したクルマで、ポジションとしては「大衆車」。

低コスト(簡素な構造)と広い室内を持つことで人気を博し、その後は世界中で製造がなされるようになり、なんと1992年まで生産が継続されています。

そのために認知度も高く、日産のパイクカー「パオ」のモチーフとなったほど。

今でも多くのファンクラブが存在し、その復活を待ち望む声が少なくない車種のひとつです。

1200px-Terenure2C_Co._Dublin_-_Ireland_28601804758829

新型ルノー4は2025年登場?

なお、今回この”ルノー4復活”報道を行ったのは英国Autocarですが、これによれば、ルノー重役が「5プロトタイプ」の公開時に”少なくとももう一台、レトロなEVを発売する”と述べたといい、そしてそのもう一台のレトロなEVは「4」になるだろうとのこと。

そして新型「ルノー4」は新型ルノー5同様にエレクトリックカー専用のCMF-Bプラットフォームを使用すると見られ、その多くを共有することにもなりそうです。

2

現時点ではその詳細は不明

なお、今のところ報じられているのは「4が復活」というウワサのみで、その詳細は(EVになるということ以外)全く不明。

プラットフォームをルノー5と共有するのは間違いなさそうですが、スケートボード型シャシーの「上モノ」だけをチョチョイと変えてもお互いが食い合うだけなので、おそらくはそれぞれ異なる性格を与えて競合しないよう、そして他社のシェアを獲得できるよう慎重に配慮がなされるものと思われます。

よって、考えられる手法として、まず新型4については「5よりも広い室内/荷室空間を持つ」ということ。

これは登場時のコンセプトとも合致するため、まず間違いなく採用されることになりそうですね。

1

そして現在の自動車市場を見渡したとき「SUV」の3文字も必ず頭に浮かぶはずで、新型4をクロスオーバー風に仕立て上げる可能性も無きにしもあらず、と考えています(そのほうが、より5との差別化を図ることができる)

合わせて読みたい、関連投稿

ルノー5ターボ
ルノーが過去の人気モデル名「4」「5」を復活?ヒット作のリバイバルは「有名な原作を映画化」と同じでリスクが少ないことに着目か

| エレクトリック”5ターボ”に期待したい |この記事のもくじ| エレクトリック”5ターボ”に期待したい |ルノーはかつて「車名を連番にて」設定していたなぜルノーは「過去のビッグネームをリバイバル」? ...

続きを見る

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング
ルノー5に続け!ランチア・デルタHFインテグラーレが蘇ったらこうなる?というレンダリング

| なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか |この記事のもくじ| なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか |ランチア・デルタ・インテグラーレは日本でも大人気新世代のラン ...

続きを見る

アルピーヌA110
アルピーヌが「ルノーのEVプラットフォームを使用しハイパフォーマンスEV発売」とのウワサ。ただし「高価で、すぐにバッテリーが消耗する」模様

| まだまだハイパフォーマンスEVは「だれも得をしない」状態が続きそう |この記事のもくじ| まだまだハイパフォーマンスEVは「だれも得をしない」状態が続きそう |ここ最近のアルピーヌにはこんな動きが ...

続きを見る

参照:Designboom, Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ルノー/アルピーヌ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5