ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMWは2025年にソリッドステートバッテリー実用化?「飛躍的にEVとしての性能を高め、価格や性能的にガソリン車と変わらない、”ノイエクラッセ”を投入する」

投稿日:2021/04/25 更新日:

BMW i4

| BMWはすでに次世代EVを企画中 |

BMWはかなり早い段階からピュアレクトリックカーへと参入し、その製造工程に深く関わることでプレゼンスを高めようとしてきたものの、i3の販売不振辺りから一気にトーンダウンしてしまい、今では後発のフォルクスワーゲン、そしてメルセデス・ベンツにも水を開けられている状態です。

ただ、BMWは最近になってi4やiX3、iXの投入を行うことでピュアエレクトリックカーのラインアップを拡大させており、ここからの挽回が期待されるところでもありますね。

ソリッドステートバッテリーの登場にはまだ5年ほど?

そして今回、BMWの会長であるオリバー・ジプシー会長が語ったところによると、2020年代なかばには、次世代バッテリーを搭載した「ノイエ・クラッセ」と総称される、新たなEV群が登場するだろうとのこと。

このノイエ・クラッセの核となるのはもちろん次世代バッテリー「ソリッドステートバッテリー」ということになりそうですが、もしBMWがこれを実現できるのであれば「業界一番乗り」となるのかもしれません。

この”新型”ソリッドステートバッテリーは、現在使用されているリチウムイオンバッテリーの数倍という密度を持ち、かつ軽量コンパクト。

製造にかかるリスクも小さいと言われていて、生産規模が拡大すれば、価格もリチウムイオンバッテリーより安くなると言われています。

そのため、これを(仮に)実用化できるとすれば、生産コスト、そして航続可能距離についてもガソリン車に劣らないEVができあがるため、各社こぞってこの開発に取り組んでいる、というのが現在の状況。

ただし実用化が難しいと判断したメーカーも

しかしながら、この「夢のような」ソリッドステートバッテリーの実用化は容易ではなく、「もう発売直前まで来ている」とされた米フィスカーはつい先日、「やっぱりソリッドステートバッテリーを完成させることは無理」として撤退を表明しています。

同社によると「80%くらいまで研究を進めることは難しくないが、そこから100%に到達することが著しく困難」。

フィスカー・オーシャン
ソリッドステートバッテリー実用化一番乗りと見られたフィスカーが「やっぱり無理。新バッテリー計画をすべて中止する」と発表!こうなるとほかメーカーの雲行きも怪しそうだ

| ソリッドステートバッテリーは空飛ぶ車や自動運転同様、「見果てぬ夢」に終わるのか |この記事のもくじ| ソリッドステートバッテリーは空飛ぶ車や自動運転同様、「見果てぬ夢」に終わるのか |「あと10% ...

続きを見る

さらにポルシェも当面はソリッドステートバッテリーを実用化できないと見たのか、「リチウムイオンバッテリーを改良した高性能バッテリーを使用する」ともコメント。

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すようだ

| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |この記事のもくじ| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |そのほかにはこんなメリットもポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ現在、タ ...

続きを見る

テスラもリチウムイオンバッテリーの構造を見直した4680バッテリーにてコストを下げ、より密度を高めることを目指すほか、GMも「リチウムイオン」から「リチウムメタル」へとスイッチする模様。

テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備える
テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備えるとの報道。なおGMは「リチウムメタル」バッテリー開発開始、トヨタは「ソリッドステート」実用化を目指すなど各社各様

| テスラは次世代バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーの可能性を追求するようだ |この記事のもくじ| テスラは次世代バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーの可能性を追求するようだ |バッテリー確 ...

続きを見る

逆に、ソリッドステートバッテリーの研究を大々的に行っていることで知られるのはウィリアムズ・アドバンスト・エンジニアリング、トヨタ(とパナソニックとの合弁会社)といったところですが、一説によると、トヨタはこの「固形電池」実用化に一番近いんじゃないかという話も。

話をBMWに戻すと、BMWは2030年までには販売台数の少なくとも50%が電気自動車となり、EVの累計販売台数1000万台を目指す、としています。

参考までに、この「2030年までに1000万台」というのは、かつて「2025年までに200万台」と見積もっていた目標よりもずっと高い数字であるように見え、やはりEV化の波は思ったよりも速いスピードで押し寄せているということになりそうですね。

合わせて読みたい、ソリッドステートバッテリー関連投稿

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMW「現在のバッテリー技術は、Mが求めるレベルにはない」。BMW Mモデルのハイブリッド、BEV誕生はまだまだ先になりそうだ

| リチウムイオンバッテリーの性能は、多くの自動車メーカーが予期したほどには進んでいない |この記事のもくじ| リチウムイオンバッテリーの性能は、多くの自動車メーカーが予期したほどには進んでいない | ...

続きを見る

アウディ「ソリッドステートバッテリーを実現させ、テスラやリマックに対抗する」

| アウディはハイパーカーへの夢を諦めていない? | アウディがソリッドステートバッテリーの可能性を模索し、リマックC_Twoやテスラ・ロードスターに対抗しうるハイパーカーのリリースを検討中だとメディ ...

続きを見る

ポルシェは「ソリッドステート・バッテリー」の可能性を模索。「リチウムイオンバッテリーでは重すぎる」

ポルシェがフルエレクトリック・スポーツカーのためにソリッドステート・バッテリーの使用について研究中とのこと。 ソリッドステート・バッテリーはリチウムイオン電池のように「液体電解質」を持たず、よって現在 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5