ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデス・ベンツ会長「中国を切り捨てることは絶対にありえない。中国大事」。しかし現地での販売は直近で減少し、中国のユーザーから逆に「切り捨てられる」可能性も

投稿日:2022/11/12 更新日:

メルセデス・ベンツ

| 現在メルセデス・ベンツの販売のうち40%は中国が占めており、中国市場で販売を落とすことは会社の危機を意味する |

加えて、今後中国市場はもっとも競争が厳しい市場となるだろう

さて、メルセデス・ベンツの最高経営責任者であるオラ・ケレニウス氏が「自動車産業にとって中国はあまりにも重要であり、中国をないがしろにすることはできない」とコメント。

この発言はドイツのオラフ・ショルツ首相がビジネスリーダーの代表団を率いて中国を訪問した直後、習近平国家主席が任期を延長したことで中国との関係が悪化した場合を考慮し、ドイツ企業に多角化を図るよう警告を発した直後に行われています。

つまり、今後中国とのドイツ(含む他の国)との関係性が悪化すると中国市場を(ロシアのように)捨てねばならない場合が出てくる可能性を指摘しており、それに備えよとオラフ・ショルツ首相が警告したものの、オラ・ケレニウス氏は「それは無理」と反発したということに。

「中国を見捨てることは絶対にありえない」

なお、オラ・ケレニウス氏の発言はオラフ・ショルツ首相に対して向けられたものではなく、ドイツのベルリンにあるESMTビジネススクールでの講演にて発せられたもので、そこで「グローバル化のメリットを深く確信しており、中国を見捨てることは”絶対にありえない”とコメントしたもよう。

これについては十分に理解ができ、メルセデス・ベンツがドイツの自動車メーカーにとって「いかに中国市場が重要であるか」を理解し、高く評価しているのは同社の販売の40%が中国にて占められているため。

直近の2022年第3四半期だと、メルセデス・ベンツが納車した52万100台のうち、約20万6800台が中国で販売されたことが明らかになっていますが、これは15万2700台を納めた欧州や、8万3200台を販売した北米を軽々と上回る数字です。

こういった数字を見ると、いかなる状況であっても(中国が台湾に侵攻したとしても)メルセデス・ベンツが中国を切り捨てることはないものと考えられますが、これには販売以外の理由もあって、現在メルセデス・ベンツの筆頭株主は中国人であり、3番めの株主も中国企業だから。

メルセデス・ベンツ

筆頭株主に続き、メルセデス・ベンツ第三の株主も中国企業(北京汽車)に。このままだとメルセデスは中国企業に買収されそう

| ドイツ本社の発言力が低下し、中国によってコントロールされる懸念も | 筆頭株主が中国人の李書福氏となってしまったメルセデス・ベンツ(ダイムラー)ですが、今回は3番目の株主までもが中国の北京汽車にな ...

続きを見る

さらにメルセデス・ベンツはアリババのAIを搭載し、オーナーのデータを中国政府に提供するという話があったり・・・。

メルセデス・ベンツ、ボルボが中国アリババのAIを搭載するとの報道。これで個人データは筒抜けに

| メルセデス・ベンツが中国に情報を売り渡すことに? | 中国にて販売するメルセデス・ベンツ、ボルボ、アウディにアリババがクルマと家とをつなぐ情報技術、そしてAIを搭載する、との報道。 これはアリババ ...

続きを見る

中国市場を強く意識したコンセプトカーを発表したこともあって、全社をあげて「中国寄り」の展開を行っているのが現在のメルセデス・ベンツということになります。

メルセデス・ベンツが全力で中国に媚びた「マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト」発表

| 中国ではどう受け止められる? | メルセデス・ベンツがついに「メルセデス・マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト(Mercedes-Maybach Ultimate Luxury ...

続きを見る

ただし中国はメルセデス・ベンツを見捨てるかもしれない

ただ、メルセデス・ベンツが「中国を見捨てることはありえない」と考えているとしても、中国側は容易にメルセデス・ベンツを切り捨てる可能性があると考えていて、実際に中国におけるメルセデス・ベンツの2022年1-9月の販売は2021年の同期比に比較して5%減少して562,600台へ。

これには様々な理由があるかと思われますが、大きな要因は中国現地における「EVシフト」が挙げられます。

現在中国はEV購入者、オーナーに対して様々な優遇を提供し、これによってEVの普及を加速させているわけですが、ここで売れているのは「中国メーカーのEV」ばかりであると報じられています。

テスラ・モデルY
2025年までのEV販売勢力予想が公開!テスラは2024年にVWに追い越され、トヨタは中国メーカー3社に抜かれてなんとか10位、BMW、ホンダ、日産は蚊帳の外へ

| ただしこの予想はあくまでも「現在の数字をベースにしたもの」で不確定要素は含んでいない |この記事のもくじ| ただしこの予想はあくまでも「現在の数字をベースにしたもの」で不確定要素は含んでいない | ...

続きを見る

NIO、シャオペン、BYDといった勢力が非常に強く、数年もすれば「世界で最も売れているEVメーカーになるのでは、という予測もあるくらい。

中国の新興EVメーカー、Xpeng(シャオペン)が驚異の成長を見せ、ついに20万台目を生産。10万台目から数えてわずか8ヶ月後に達成
中国の新興EVメーカー、Xpeng(シャオペン)が驚異の成長を見せ、ついに20万台目を生産。10万台目から数えてわずか8ヶ月後に達成

| この1−2年で自動車業界の勢力図は大きく変わりそうだ |この記事のもくじ| この1−2年で自動車業界の勢力図は大きく変わりそうだ |中国メーカーが「ガソリン禁止推進国」での販売を行うようになると、 ...

続きを見る

実際のところテスラですら中国市場では苦戦を強いられており、値下げのほか買い替えキャンペーンを行って需要を創出しているほどですが、この状況を見るに、遅かれ早かれ外国の自動車メーカーは中国から駆逐されてしまう可能性もありそうです。

テスラ
今中国で何が起きているのか?テスラが中国市場に全力投球、他地域への供給を後回しにしても中国での納車を強化、さらに値引きも

| おそらくはかつてないレベルで競争が激化、そしてここで覇権を取らねば二度と失地回復ができないのかもしれない |この記事のもくじ| おそらくはかつてないレベルで競争が激化、そしてここで覇権を取らねば二 ...

続きを見る

なお、中国政府は当然ながら中国の企業を優遇する傾向にあり、悪評高い「現地生産を行う場合には要合弁設立(現在は緩和されている)」という法規、そのほか販売に関する様々な外国企業への締め付けも報じられており、ステランティスはEUへと中国車が入ってくるのであれば「中国で我々が受けているのと同等の仕打ちを行わねばフェアではない」と主張しているほど。

中国が現在世界最大の自動車市場であるのはすでによく知られていますが、すでに(一部のプレミアムカーを除くと)外国の自動車メーカーが不要なレベルにまで中国車のレベルが向上しており、よってトヨタ、ホンダはじめとする日本の自動車メーカー、そしてビュイック、フォード、ルノー、シトロエンなど欧米の普及価格帯のブランドも存在感を発揮するのに苦戦している、とも報じられていますね。

メルセデス・ベンツはプレミアムブランドなのですぐさまそういった危機が訪れるとは思えないものの、電動化が(中国内で)進んでくればその存在感が希薄になってくるのは間違いなく(中国メーカーのEVにはどうやってもコストパフォーマンス的に対抗できない)、メルセデス・ベンツの意向とは裏腹に、中国政府や、中国の消費者がメルセデス・ベンツを選ばなくなる可能性も考えられ、そうなるとメルセデス・ベンツは中国の株主の意向を反映させざるを得ず、そのあり方が大きく変わってくるのかもしれません。

あわせて読みたい、関連投稿

メルセデス・ベンツ
2022年第3四半期のメルセデス・ベンツの販売のうち40%が中国だった!今後中国の自動車メーカー(とくにEV専業)が力をつけてくると販売の多くが失われる可能性も

| 中国における販売は海外の自動車メーカーにとって「諸刃の剣」でもある |この記事のもくじ| 中国における販売は海外の自動車メーカーにとって「諸刃の剣」でもある |中国での「海外メーカー排除」の流れは ...

続きを見る

中国(上海)
中国がついに「現地企業との合弁を設立せよ」規制を撤廃。海外自動車メーカーは自社資本100%で進出できるようになるものの、中国の庇護も受けることができなくなりそう

| 正直言うと、中国企業と手を組んでいたほうがなにかと有利なんじゃないかと思うことも |この記事のもくじ| 正直言うと、中国企業と手を組んでいたほうがなにかと有利なんじゃないかと思うことも |実際はこ ...

続きを見る

中国ZEEKRが高級電動ミニバン「009」を発表!トヨタがアルファードで開拓した市場に続々電動モデルが参入し、やはりトヨタは大きく出遅れたようだ
中国ZEEKRが高級電動ミニバン「009」を発表!トヨタがアルファードで開拓した市場に続々中国製電動モデルが参入し、トヨタは大きく出遅れることに

| 乗降時には車高が下がって乗降を助ける「尊貴上下儀式」オプションも |この記事のもくじ| 乗降時には車高が下がって乗降を助ける「尊貴上下儀式」オプションも |もはやトヨタがこの分野で存在感を発揮する ...

続きを見る

参照:Automotive News Europe

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5