ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェ911にテスラのモーターを装着する「エレクトリックコンバージョンキット」が600万円で発売!やはりクラシック911は電動化してでも未来に残すべき

投稿日:2021/11/26 更新日:

ポルシェ911にテスラのモーターを装着する「エレクトリックコンバージョンキット」が600万円で発売!やはりクラシック911は電動化してでも未来に残すべき

| より安価で安全、そして合法なエレクトリックコンバージョンが普及すればありがたい |

おそらくは今後同様のビジネスを行うショップがどんどん出てくるものと思われる

さて、世の中には様々なポルシェ911のEVコンバージョンが存在しますが、今回「エレクトリックGT」なる会社が空冷世代の911を電動へとコンバートするキットを発売しています。

このコンバージョンキットは「eGT913」と命名され、テスラ製のエレクトリックモーター、そして自社製の47kWhバッテリーパックにて構成されており、これを装着することで出力436馬力、トルクは448Nmへと増強されることに。

バッテリーの分散にて前後重量配分が改善

なお、エレクトリック化によって車体重量が1,214kgへと増加するそうですが(もとのモデルの重量がどれくらいなのかはわからないものの、おそらくは+150kgくらい)、エレクトリックGTではバッテリーをフロントトランクとリアのエンジンコンパートメント(エンジンとの入れ替え)に分散して搭載することで重量配分を前後45:55に改善できているといい(ノーマルだと40:60くらい)、運動性能自体は向上している可能性もありそうです。

Electric-GT-Porsche-911-4

画像を見る範囲では、エレクトリックGTはこの911の前後フェンダーを極端に拡大しており、テールランプはシンガー・ヴィークル・デザインDLS風。

シンガーが公開した究極のポルシェ911、「DLS」。スゴいのはそのスペックだけではなく、内外装の仕上げもまた格別だった
シンガーが公開した究極のポルシェ911、「DLS」。スゴいのはそのスペックだけではなく、内外装の仕上げもまた格別だった

| シンガー・ヴィークルデザインはパフォーマンスだけではなく美しさにもこだわる | この記事のもくじ | シンガー・ヴィークルデザインはパフォーマンスだけではなく美しさにもこだわる | レトロとモダン ...

続きを見る

Electric-GT-Porsche-911-5

400ボルトのEVシステムと6.6kWのオンボード充電器を備え、これによって45分でバッテリーをゼロから85%まで充電することができ、フル充電の場合には約160マイル(257km)の走行が可能です。

また、2,600ドルの追加料金でコールドクライメートパッケージ(寒冷地仕様?)を、2,850ドルの追加料金で6.6オンボードチャージャーを選択することができるそうですが、このコンバージョンキットの価格自体は55,000ドル(600万円ちょっと)となり、けっこうな費用となるのは間違いなさそう(ボディキットまでがコンバージョンキットに含まれるかどうかはわからない)。

合わせて読みたい、ポルシェ911のエレクトリック化関連投稿

なお、ポルシェ911のエレクトリック化については、個人やショップ等問わず多数が存在し、これはやはり「エレクトリック化してでも将来に渡り保存したい」クルマだからなのかもしれません。

パイクスピークに登場した「EVコンバート」ポルシェ911が話題に。「6気筒エンジン」を「6発モーター」に入れ替え、純正トランスミッションへと入力

| そしてリアフェンダーはとんでもなくワイド | 今年のパイクスピーク・ヒルクライムに「エレクトリック911」が登場したと話題に。「エレクトリック」というと、今年はフォルクスワーゲンが7:57.148 ...

続きを見る

そして「クラシックポルシェに乗りたいものの、信頼性に不安がある」場合はいっそのことピュアエレクトリックにコンバートしてしまったほうが結果的に安上がりとなって、そして精神衛生上優れるケースもあり、もしかすると今後収益が見込めるビジネスとなるのかも。

ポルシェ911EVカスタム
ポルシェ911をレストアしEV化する会社が登場!出力は500馬力、足回りにはアダプティブダンパー装備など「パフォーマンスも一気に近代化」されることに

| 車両持込みにてEV化、価格は35万ドルから |この記事のもくじ| 車両持込みにてEV化、価格は35万ドルから |これまでにも911をEV化するケースは多々あったが、ここまでパフォーマンスに特化した ...

続きを見る

MITのEV班がポルシェ911をEV化!モーターは4つ、ミドシップへと大変身

| 64個のバッテリーは前後に分けて搭載 |この記事のもくじ| 64個のバッテリーは前後に分けて搭載 |元の車両は完全に分解他にもけっこうあった、ポルシェ911の「エレクトリック」カスタムこんな記事も ...

続きを見る

まさかのポルシェ911カスタム!テスラのモーターを装着し90馬力から500馬力オーバーへ。EVコンバートもついにここまで

| ただし車体が保つかどうかはちょっと心配 |この記事のもくじ| ただし車体が保つかどうかはちょっと心配 |ボディカラーはアイリッシュグリーン他にはこんな「エレクトリック911」もこんな記事も読まれて ...

続きを見る

あのRWBポルシェに「EV」が存在した!1977年製911にテスラのモーターを押し込んだ「RWB史上、もっとも速く、もっともパワフルな911」が登場

| ボディカラーは1957年のポルシェに採用された「アイボリー」、内装は「バーバリー」 | さて、自動車メーカーのみではなくショップやチューナーも多く出展するSEMA。今回紹介するのは「RWBポルシェ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5