ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェは過去にカイエンのオープンモデルを試作していた!カイエン登場当初からカブリオレが企画され、しかし実現しなかった2つの理由とは

投稿日:

ポルシェは過去にカイエンのオープンモデルを試作していた!カイエン登場当初からカブリオレが企画され、しかし実現しなかった2つの理由とは

| たしかに現在に至るまで、SUVのコンバーチルボディにおいて成功した例は皆無に近い |

そしておそらく、今後もカイエンのオープンモデルは登場しないだろう

さて、ポルシェは過去に「928のワゴン」「911の4ドア」など様々なコンセプトカーを作成していますが、今回公式コンテンツとして紹介されているのが実現しなかったコンセプトカー、「カイエン・コンバーチブル」。

ポルシェはカイエン「20周年」を祝うために様々な「知られざる」カイエンの過去を公開していて、たとえば「当初はメルセデス・ベンツMクラスの兄弟車になる予定だった」「ポルシェがSUVを開発していると知られないよう、ダミーとすべく会社を一つ敷地ごと買い取った」といった事実も明かされています。

ポルシェ・カイエンは当初「メルセデス・ベンツMクラスをベースに」そのハイパフォーマンス版として企画されていた!実際に開発が進められるも破局を迎えることに
ポルシェ・カイエンは当初「メルセデス・ベンツMクラスをベースに」そのハイパフォーマンス版として企画されていた!実際に開発が進められるも破局を迎えることに

| やはりポルシェとメルセデス・ベンツとは仲がいいのか悪いのかわからない | ただし結果的に自社による設計を行うこととなったため、これで良かったのだと思う さて、ポルシェが「カイエンの発売20周年」を ...

続きを見る

ポルシェは当初からカイエンの様々なバリエーションを検討していた

そして今回ポルシェが公開したコンテンツによると、ポルシェは2022年のカイエン発表当初から様々なボディタイプの発売を考えていたといい、とくに有力だったのは「クーペ」「3列シート」「コンバーチブル」。

たしかに当時、3ドア版の「カイエン・クーペ」のウワサが何度か出ていたものの、3列シート版、コンバーチブルについては当時話を聞いた覚えはなく、しかしつい最近になって「3列シート」版のSUVもしくはミニバンが登場する、という話も出ていますね。

ポルシェの考える「コンセプトカー・ベスト5」。なんとカイエンのオープンモデルが存在

ポルシェ公式の「トップ5」シリーズ、今回は「コンセプトカーのトップ5」が公開に。 これまでにも同シリーズは「いい音を出すポルシェ」「レアな市販車」「マイルストーンとなる車」「ワイルドなリアウイングを持 ...

続きを見る

なお、このプロトタイプには着脱可能なソフトトップが装着されていますが、もし市販するのであれば電動開閉式ルーフが与えられる予定だったといい、実際にリアパネルの開閉そしてトップの折りたたみ方法、さたに収納スペースなどについてはコンピューター上にてシミュレーションを完了させていたといい、その動作は991世代以降の911タルガの動作に似ている、とも(となると、リアセクションがガバっと持ち上がるのだと思う)。

porsche-cayenne-convertible-side

サイドウインドウはリアに行くに連れ天地が狭くなり、リアセクションをスマートに見せていますが、「2ドア化」されていることも大きな特徴で、そのためドアは通常のカイエンに比べると20センチも長い、とのこと。

porsche-cayenne-convertible-front-angle

カイエン・コンバーチブルのリアセクションは「2タイプ」を検討

ちなみにポルシェはこの時点で「リアのデザインをどうするか」決めかねており、そのために2パターンを一台に組み込んでいますが、これは(プロトタイプといえど)けっこう珍しいと思います。

テールランプの位置はもちろん、ナンバープレートの位置も異なっていて、現行カイエンのナンバープレートはテールゲートにあり、そしてカイエンクーペのナンバープレートはリアバンパー側に装着されていますが、結構印象が異なるということもわかりますね。

porsche-cayenne-convertible-rear-with-two-designs

カイエン・コンバーチブルはこういった理由で発売されなかった

なお、カイエン・コンバーチブルの生産が実現しなかった理由は主に2つあり、ひとつは収益性が高くなかったこと(つまりコストが高い)、そしてもう一つはデザイン的な魅力を持つかどうかの判断ができなかったことだといいます。

ポルシェのデザイン部門責任者、ミヒャエル・マウアー氏によれば「SUVをコンバーチブルにすることは、美的にも形式的にも難しいことです。SUVは常に大きくて重いボディを持っています。これを小さな上半身と組み合わせ、さらにルーフを切り落とすと、非常に奇妙な形が浮かび上がってくるのです」。

porsche-cayenne-convertible-two-rear-section-ideas

SUVのオープンモデルというと(ちょっと前から現在まで)日産ムラーノ、レンジローバー・イヴォーク、フォルクスワーゲン Tロック・カブリオレが存在しますが、たしかにクローズドボディに比較して十分に魅力的かどうかは判断が分かれるところ。

なお、ポルシェはパナメーラにもオープンモデルを追加するのではと言われたことがあるものの(実際にパテントが出願されている)、もちろんこれは実現しておらず、スポーツカーとは異なり、サルーンやSUVのオープンモデルは「ニッチすぎる」のかもしれませんね。

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェ
ポルシェが正式に「カイエンの上にフラッグシップSUV(EV)を投入する」とコメント!発売は2025年以降、非常にスポーティーなクルマとなるもよう

| 一方、ポルシェは7-8人乗りの大家族向けミニバンも計画中だと言われていたが | そしてポルシェは電動化を加速させ2030年にはEV販売を80%に、売上高利益率は最終的に20%に引き上げる野望を持っ ...

続きを見る

ポルシェがカイエンの「20周年」を祝う!959同様に「オンロードとオフロードという異なる2つを結びつける」役割を課せられ、その達成のために常に最新デバイスが盛り込まれる
ポルシェがカイエンの「20周年」を祝う!959同様に「オンロードとオフロードという異なる2つを結びつける」役割を課せられ、その達成のために常に最新デバイスが盛り込まれる

| ポルシェらしくないクルマを、ポルシェにするために常にエンジニアがその心を砕いてきた | そう考えると、カイエンはもっともポルシェらしいクルマなのかもしれない さて、カイエンが発売から20年を経過し ...

続きを見る

【動画】新型ポルシェ・カイエンの試作車が牽引能力をテスト中!なおカイエンは今年で20周年、当時は別の会社の工場を買い取り、その中で極秘に開発していたそうだ
【動画】新型ポルシェ・カイエンの試作車が牽引能力をテスト中!なおカイエンは今年で20周年、当時は別の会社の工場を買い取り、その中で極秘に開発していたそうだ

| 新型カイエンはおそらく「ピュアエレクトリック化への移行」を前提に、タイカンのようなEVルックが採用されそう | フェイスリフト(マイナーチェンジ)版カイエンは2023年に発表されると言われるが さ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

興味の範囲が広く、猫、小説、映画、音楽、腕時計、クルマなど。 酒、タバコ、ギャンブルは一切しません(ある意味では自分の人生そのものがギャンブル)。 いま欲しいクルマはアルピーヌA110。

->ポルシェ(Porsche)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5