ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェがウィリアムズを買収してガルフをスポンサーにつけF1へと復帰?意味深動画がポルシェから、そしてガルフからも思わせぶりな発言が登場

投稿日:

ポルシェがウィリアムズを買収してガルフをスポンサーにつけF1へと復帰?意味深動画がポルシェから、そしてガルフからも思わせぶりな発言が登場

| ここまで準備を進めた以上、ポルシェはなんとしてもF1に参戦したいはずだ |

すでに「アンドレッティ」の目は消え、たしかに残るはウィリアムズしかない

さて、レッドブルとの提携話がまとまらず、2026年からF1に参入するという計画が宙に浮いたままとなってしまったポルシェ。

ただし今回、ポルシェがF1に復帰する方法を示す(かもしれない)情報がほかならぬポルシェ自身から示されており、それはインスタグラムに投稿された一つの動画から明らかになっています。

順番を追って説明してゆくと、少し前のことになりますが、ポルシェはフォーミュラEのインスタグラムアカウントを「ポルシェ モータースポーツ」へと改名しており、過去の投稿をすべて削除しているわけですね。

ただしポルシェは意味深な動画を投稿する

ただ、ポルシェはその後に続いて1本の動画、そしてポルシェのル・マン・レーサーである963を捉えた画像を投稿していますが、この動画に一瞬だけ故フランク・ウィリアムズ卿が写っており、これがどうやら「ポルシェがウィリアムズを買収してF1に参戦する」というウワサに結びついているもよう。

動画では、過去のレーシングカー(962)に加え963、フォーミュラE(9XX)、スーパーカップ、ケイマンGT4 eパフォーマンス、911GT3 Rなど様々なレーシングカーが登場し、最後のあたりで「#FINALLY」という文字が示されます。

この「FINALLY」については、昨年ポルシェが「F1についに復帰する」という意味を込めて商標登録した「F1nally」を思い起こさせ、様々なレーシングカーが登場した後に「FINALLY」と表示させることで、これらの次に来るのはF1マシンだと伝えたいのかも。

ポルシェがル・マンとIMSAを走るレーシングカー「963」を公開!成功を収めた「962」「959」オマージュ、そして現行モデルや未来のモデルとの関連性も
ポルシェがル・マンとIMSAを走るレーシングカー「963」を公開!成功を収めた「962」「959」オマージュ、そして現行モデルや未来のモデルとの関連性も

| ここ最近、各社ともレーシングカーと市販車との関連性を強く押し出している |この記事のもくじ| ここ最近、各社ともレーシングカーと市販車との関連性を強く押し出している |2023年からは多くのライバ ...

続きを見る

ガルフ・オイルからも意味深発言が登場する

そしてもうひとつ注目に値するのはガルフ・オイルが最近、"Big F1 News coming soon "と予告していること。

ちなみにガルフ・オイルはマクラーレンとスポンサーシップ契約を結んでいたものの、2022年11月に「マクラーレンとの契約を更新しない」と発表していて(ただしマクラーレンは2023年においても公式潤滑油・燃料パートナーとしてガルフ・オイルを指名している)、これらを総合して「ポルシェがウィリアムズを買収し、ガルフをスポンサーにつけてF1に復帰するんじゃないか」という話が出ているわけですね。

マクラーレンがあの「ガルフ」と契約しF1マシン、市販車にそのカラーを使用可能に。ガルフって一体何なの?

| 今回の契約は「独占」ではなさそうだ |この記事のもくじ| 今回の契約は「独占」ではなさそうだ |正式なパートナシップのスタートは来年から「ガルフ」とは?こんな記事も読まれています マクラーレンが「 ...

続きを見る

しかしながら、ウィリアムズはすでに広報担当者を通じてこの憶測に反応し、「ウィリアムズ・レーシングが売りに出されているといううわさは不正確です。我々は、新しいレギュレーションが導入される2026年からのメーカーとのエンジン供給に関して、いかなる話し合いにも応じるつもりです。我々はメルセデスとの関係に満足しており、彼らの努力に感謝しています」と(どちらともつなかい)コメントを出しており、事実は現時点で「闇の中」。※公式発表がブラフだったことも少なくない

ポルシェが「純正オプション」にてマルティニやガルフといった「伝統の」カラーリングを用意。ラッピングにて施工、納車後にも対応

| ただし今のところはドイツ国内のみ | 「自分のポルシェを、ポルシェ伝統のレーシングカー同様のカラーリングにしたい」「中古でポルシェを購入したが、ボディカラーがイマイチ好きになれない」そう思うことが ...

続きを見る

予想されるタイムスケジュールとしては、ガルフとウィリアムズとが手を組み、ウィリアムズの2023年型F1マシンがガルフカラーを身にまとい、その後ポルシェがウィリアムズを買収してポルシェのエンジンを(2026年から)載せるというものですが、一方でガルフ・オイルはアンドレッティ・グローバルとキャデラックのF1参入をサポートするのではといいウワサもあるので、何もかもが推測の域を出ず、しかし事実については時間が明らかにしてくれるものと思われます。

アンドレッティとキャデラックが「オールアメリカン」チームとしてF1に参戦を表明!2016年以降初の新規参入チームとなり、2025年から参戦か
アンドレッティとキャデラックが「オールアメリカン」チームとしてF1に参戦を表明!2016年以降初の新規参入チームとなり、2025年から参戦か

| たしかに昨年からこういった話が持ち上がっていたが |この記事のもくじ| たしかに昨年からこういった話が持ち上がっていたが |一方でポルシェのF1参戦は棚上げされたまま現在アメリカではF1人気が加速 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

まさかの「ブラウンGP復活」?公式ツイッターにニューマシンの謎投稿、ポルシェとのタッグにてF1復帰説が流れるが
まさかの「ブラウンGP復活」?公式ツイッターにニューマシンの謎投稿、ポルシェとのタッグにてF1復帰説が流れるが

| ディズニー+で制作中のドキュメンタリーのプロモーションだとも考えられるが、それにしてはF1マシンの画像が新しすぎる |この記事のもくじ| ディズニー+で制作中のドキュメンタリーのプロモーションだと ...

続きを見る

ポルシェ・マカンSの車検見積もり取得!車検単発としては自分史上最高額の85万円、やはりハイパワーな重量級SUVはパーツの消耗が激しいようだ・・・。
ポルシェはまだF1参戦を諦めていない?2026年の参戦を目指し、ウィリアムズ、そしてアンドレッティとの提携を検討しているというが、色々と課題が山積していそう

| 現時点ではそもそも交渉のテーブルにつく候補が残されていない |この記事のもくじ| 現時点ではそもそも交渉のテーブルにつく候補が残されていない |フォルクスワーゲングループとしてはひとまずアウディが ...

続きを見る

参照:porsche.motorsport

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5