ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アルファロメオ/アバルト/フィアット

なぜアバルトのチューンはどいつもこいつも過激なのか!ワイドボディ、217馬力の「アバルト595ヘラクレス」登場

投稿日:

アバルト595ヘラクレス(Pogea Racing)

| その外観は「手が入ってないところを探すのが難しい」ほど

フィアットやアバルトを中心にカスタムを行う欧州のPogea Racingが「アバルト595ヘラクレス」を公開。

ベースはアバルト595コンペティツォーネですが、この出力を177HPから一気に217HPへと向上させています。

ただ、このアバルト595ヘラクレス最大の特徴はその出力ではなく、ワイドボディ含む「エアロキット」。

アバルト595ヘラクレスはこんなクルマ

まずはフロントからこのアバルト595ヘラクレスを見てゆくと、ボンネットには放熱のために大きなダクトが追加。

pogea-racing-fiat-abarth-595-hercules (2)

フロントフェンダー、リアフェンダーはワイド化され、それをつなぐサイドステップも大型化。

なお、車高は専用サスペンションキットによって45ミリダウンしており、ホイールは18インチサイズの鍛造へ。

pogea-racing-fiat-abarth-595-hercules (4)

大型リアウイングも装着されるものの、大きく全高から飛び出しているので、日本だと構造変更申請が必要になるものと思われます。

pogea-racing-fiat-abarth-595-hercules (5)

ちょっとわかりにくいものの、テールパイプ直径はかなり巨大。

リアディフューザーは純正品をそのまま使用しているようですね。

pogea-racing-fiat-abarth-595-hercules (6)

アバルト595には過激なチューンが多い

なお、アバルト595にはなぜか過激なチューニングが多く、アルファロメオ4Cのエンジンを積み、4WD化した「350GP4」なるクルマも。

こちらはドアとA~Cピラー、ルーフ以外はすべて手が入り、インテリアだとロールケージが組まれてダッシュボードやシートも張替え済み。

おそらくはとんでもなく高価な一台だと思われますが、一度は運転してみたいと思わせるクルマですね。

giannini-350-gp4-2

フィアット500にアルファロメオ4Cのチューンドエンジン搭載、しかも4WD化。「Giannini 350GP4」発表

続きを見る

そしてこちらはフィアット500を「ミドシップ、後輪駆動」へと変更したフィアット500ジャンニーニ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 500-4.jpg

フィアット500の超ワイドボディが登場。350馬力、プッシュロッド式サス装備で1800万円

続きを見る

こちらはPogea racingによるアバルト595のチューンドカー(595ヘラクレスの上位版?)で、出力はなんと404馬力。

ボディパーツはカーボン製です。

1.4リッターから404馬力を発生するアバルト595誕生。ポルシェ・ケイマン/ボクスターより速くて高価

続きを見る

アバルトはメーカー純正でも過激だから仕方がない

なお、アバルトには「メーカー純正」にて、ドグミッション採用、2シーター、サイドウインドウが昇降しない(小窓がスライドするだけ)というアバルト695ビポストなるクルマが存在し、メーカー純正でここまでやられてしまうと、チューナーとしても「さらに何とかしないと」と考えるのは当然の成り行きかもしれませんね。

フェラーリの代車に日本で10台しかない「アバルト695ビポスト」提供。ちょっと乗ってみたい

続きを見る

参照: Pogea Racing

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->アルファロメオ/アバルト/フィアット
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5