ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ・プロサングエは超高級SUV市場をどう変えるのか?ベンテイガ、ウルス、DBX、カリナンはあわせて前年比46%成長し、プロサングエの参入によって市場はさらに拡大の可能性

投稿日:

フェラーリ・プロサングエは超高級SUV市場をどう変えるのか?ベンテイガ、ウルス、DBX、カリナンはあわせて前年比46%成長し、プロサングエの参入によって市場はさらに拡大の可能性

| フェラーリ・プロサングエのインパクトはあらゆる方面にて市場の予想を超えていた |

超高級SUVセグメントは雪だるま式に成長を続ける

さて、フェラーリはブランド初となるSUV(ただしフェラーリ自身はSUVとは表現してない)、プロサングエを発表し大きな反響を得ていますが、SUVと呼称しないのは「ボディ形状にかかわらず、フェラーリが送り出すクルマはどんなボディ形状やレイアウトであってもフェラーリである」という信念のあらわれであると理解しています。

そしてその価格は当初予想されていた、ランボルギーニ・ウルスやベントレー・ベンテイガと同程度というラインを遥かに超え、ロールスロイス・カリナンよりも高い5630円(本国価格)という設定ですが、これもまた「他と比較してくれるな。フェラーリはフェラーリである」という意思表示なのかもしれません。

フェラーリ・プロサングエのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは22色、さすがにSUVで「ロッソ」を選ぶ人は少ないかもしれないな・・・
フェラーリ・プロサングエのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは22色、さすがにSUVで「ロッソ」を選ぶ人は少ないかもしれないな・・・

| 現時点では内外装とも若干選択肢が少なく、おそらくは3D版コンフィギュレーターの公開とともに選択肢が増えそうだ |この記事のもくじ| 現時点では内外装とも若干選択肢が少なく、おそらくは3D版コンフィ ...

続きを見る

高級SUVマーケットはどんどん拡大している

なお、こういった高級SUVマーケットはどんどん拡大しており、もとはというとカイエンが切り開いたセグメントではありますが、そこからベンテイガが投入されることで一気にその規模が広がり、その後はランボルギーニ・ウルス、そしてロールスロイス・カリナンなど続々参入が見られます。

これらのほかにもメルセデス・マイバッハGLS、アウディQ8、BMW X7といった面々も存在し、このセグメントは成長の一途だと考えてよいかと思われ、実際にBMWが久しぶりの「M専売モデル」を投入するに際しては「スーパースポーツよりも高級SUVのほうがプレゼンスを強化できる(資金を回収できる)」としてXMを選んだほど。

BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える
BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える

| その答えはあまりにシンプル、そして理解ができるものであったが、一方でこの回答を聞きたくなかったような気もする |この記事のもくじ| その答えはあまりにシンプル、そして理解ができるものであったが、一 ...

続きを見る

そこで今回Moro1がこの市場について考察を行っていますが、同メディアはこのセグメントを「プレミアム F-SUVセグメント」だと表現し、ここに存在するのは「ベントレー・ベンテイガ、ランボルギーニ・ウルス、アストンマーティン DBX、ロールスロイス・カリナン」であり、昨年これらを購入したのは14,200人であったという統計を公開しています。

加えてこれらはそれぞれ価格とポジショニングが異なるものの2桁の成長を記録しており、DBXに至っては前年比で400%伸びた。とも(ただしDBXの場合、前年のデリバリーが1年通じてフルに行われなかったのだと思われる)。

Ferrari-Purosangue-SUV (3)

やはり高級SUV最大の市場は北米

加えて同メディアはこれらプレミアム F-SUVセグメント最大の市場は北米つまりアメリカとカナダだとしており、全市場の31%を占め、前年比で46%拡大し、台数ベースだと4,400台以上が販売された、と述べています。

なお、2番めの大きな市場は中国(3,700台、前年比23%増)、3番めはヨーロッパ(3,622台、33%増)だとされ、これだけ伸びるのであれば「どうりで各社とも高級SUVを導入したがるわけだ・・・」と納得させられます。※日本市場は道路の狭さ、駐車場問題などインフラの問題でこれら超高級SUVの販売の裾野が広がらないと言われている

ちなみにヨーロッパ市場における構成比だとイギリスの40%がトップ、そして26%のドイツ、6.3%のスイス、5.1%のイタリア、3%のフランスといった並びとなっています。

Ferrari-Purosangue-SUV (16)

SUVの市場浸透率(販売したクルマにおけるSUV比率)としてはモナコが4.8%でトップ、シンガポールの0.8%、サンマリノの0.5%、アンドラの0.4%、カタールの0.3%という数値が出ています。

ここへ今回フェラーリがプロサングエにて満を持して参入するわけですが、各モデルの成長、市場の拡大を考慮すると、プロサングエは他モデルと競合せずに独自の顧客を獲得してゆくことになりそうで、さらにはプロサングエに触発されたフォロワーも登場するのかもしれません。

特にマクラーレンにとっては「信念を持って取り組めば、SUVであってもスポーツカーと遜色のないクルマができる」といういい見本になったものだと思われ、現在検討中だという(SUV投入についての)プロジェクトを後押しすることになる可能性もありそうですね。

マクラーレン
マクラーレンCEOがついにSUVに言及!「SUVを愛しているし、重要な市場だ」。実際にこの新CEOはポルシェでカイエン、フェラーリでプロサングエの開発を主導

| ボクとしてはマクラーレンがSUVを発売することは大歓迎 |この記事のもくじ| ボクとしてはマクラーレンがSUVを発売することは大歓迎 |むしろSUVを否定しブランドが衰退することのほうを恐れている ...

続きを見る

合わせて読みたい、フェラーリ・プロサングエ関連投稿

フェラーリ初のSUV「プロサングエ」正式発表!まさかの観音開き、さらに想像していたよりも思いっきり「フェラーリ」。これだと文句を言うものは誰もいないだろう
フェラーリ初のSUV「プロサングエ」正式発表!まさかの観音開き、さらに想像していたよりも思いっきり「フェラーリ」。これだと文句を言うものは誰もいないだろう

| ある程度のハイスペックは予想していたが、SUV最速だけではなくトランスアクスル、(前開き)クラムシェルなどフェラーリらしさ満載 |この記事のもくじ| ある程度のハイスペックは予想していたが、SUV ...

続きを見る

発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性
発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性

| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |この記事のもくじ| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |わかっていたことでは ...

続きを見る

フェラーリ・プロサングエのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは22色、さすがにSUVで「ロッソ」を選ぶ人は少ないかもしれないな・・・
フェラーリ・プロサングエのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは22色、さすがにSUVで「ロッソ」を選ぶ人は少ないかもしれないな・・・

| 現時点では内外装とも若干選択肢が少なく、おそらくは3D版コンフィギュレーターの公開とともに選択肢が増えそうだ |この記事のもくじ| 現時点では内外装とも若干選択肢が少なく、おそらくは3D版コンフィ ...

続きを見る

参照:Motor1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5