ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ296GTBのインスパイア元、250LMのミニカーを買い増しして5台体制へ。296GTBの本カタログも見てみよう

投稿日:

フェラーリ296GTBのインスパイア元、250LMのミニカーを買い増しして5台体制へ。296GTBの本カタログも見てみよう

| フェラーリ296GTBの納車までには様々なフェラーリグッズが増えてゆく |

ただし一定の制限を設けないとキリがないので「296GTB関係」に絞って購入するように自制している

さて、まだまだ納車までには1年以上も猶予があるぼくのフェラーに296GTB。

納車待ちの間には様々なフェラーリグッズなどを集めているのですが、今回は1/43サイズのフェラーリ250LMのモデルカーを買い増ししたので紹介したいと思います。

なお、こ250LMについては過去に3台を購入しているために今回で5台に増殖したということになり、250LMのミニカーを買い集めている理由としては、「296GTBのデザインにおけるインスピレーションが250LMだから(この1台からだけではないけれど)。

ちなみに以前に購入した3台のうち2台はこんな感じでディスプレイ用へと加工済みです。

L1440776

ミニカーがどんどん増えてきたな・・・。そう思った時、ボクはこうやってミニカーを「壁掛けディスプレイ」へとコンバートしている
ミニカーがどんどん増えてきたな・・・。そう思った時、ボクはこうやってミニカーを「壁掛けディスプレイ」へとコンバートしている

| こうやって自分だけのディスプレイを作ってゆくのもなかなか楽しい |この記事のもくじ| こうやって自分だけのディスプレイを作ってゆくのもなかなか楽しい |自分が死ぬまでにどこまで増えるのかはちょっと ...

続きを見る

デビッド・パイパーの「グリーン」フェラーリ250LMは”買い増し”

そして今回購入したうちの1台はデビッド・パイパーが1968年のル・マン24時間レースを走った21号車(アシェット製で、ヤフオクやメルカリだと数百円で入手できる)。

L1510363

デビッド・パイパーはF1にも参戦したことがあるレーシングドライバーで、特筆すべきは「自身のチームからフェラーリを走らせる特はいつもグリーンのクルマに乗っていた」こと。

L1510372

過去にはこの250LMのほか、250GTO、330P3、ポルシェだと917であってもグリーンのマシンを走らせ、フェラーリからも「(ロッソ・コルサではなく)グリーンで駆け抜けた男」として紹介されています。

ちなみにこのボディカラーは「パイパー・グリーン」と呼ばれています(いつか挑戦してみたいカラーでもある)。

L1510387

なお、彼について特筆せねばならないのは、スティーブ・マックイーン主演の映画「栄光のル・マン(1971年)」の撮影に参加し、その際に不幸なクラッシュに見舞われてしまい、一命はとりとめたものの右足を切断するという重症を負ったこと。

ただし多くのレーシングドライバーがそうであったように、彼もまたレーシングチームのオーナーといった形でモータースポーツに関わり続けています。

L1510385

なお、このリヤフェンダーや・・・。

L1510373

テールエンドを見るに、296GTB / 296GTSがこのクルマからインスピレーションを受けたということがよくわかりますね。

L1510380

もう一台は1965年のル・マン24時間を走ったフェラーリ250LM

そしてもう一台は1965年のル・マン24時間レースを走ったフェラーリ250LM(ベストモデル製、ヤフオクやメルカリでは1,000円ちょっとで入手できる)。

こちらのカラーリングを見て「おや」と思う人がいるかと思いますが・・・。

L1510364

そう、これはフェラーリ296GTSのアセット・フィオラノ・パッケージ装着車両のイメージカラーです。

L1510077

フェラーリ296GTSを見てきた!ロッソコルサ+ライトブルーのヒストリックカラー、オマージュ元の250LM(1964年)を再現【動画】
フェラーリ296GTSを見てきた!アセットフィオラノ・パッケージ装着にロッソコルサ+ライトブルーのヒストリックカラー【動画】

| それにしてもよくこのボディ形状で電動リトラクタブルハードトップを再現できたものだ |この記事のもくじ| それにしてもよくこのボディ形状で電動リトラクタブルハードトップを再現できたものだ |給油口や ...

続きを見る

これを見ても、296GTB / 296GTSと250LMとの強い関係性を感じます。

L1510376

ちなみにこの「トンネルバック」やサイドウインドウの形状も296GTB / 296GTSに反映されている意匠ですね。

L1510371

なお、フェラーリ250LMは「250GTOのミドシップ版」とも言えるモデルで、当時時代がミドシップへと移行するに際し、エンツォ・フェラーリは250GTOを「フロントエンジンからリアミッドへ」と改装しGT選手権への出場を目指すものの、ホモロゲーションを取得できるだけの台数を生産できず、さらには「250のバリエーション」としても認められなかったために(GT選手権へ)参戦できなかったという悲運のクルマ。

L1510368

よってル・マン24時間レースへと「プロトタイプ」としての参戦を行うことになりますが、いくつかのバリエーションがあるようで・・・。

L1510377

今回購入した2台についても、フロントフード上のインテークや給油口の位置などに差異があります。

L1510390

いずれの205LMも非常に良くできていて・・・。

L1510378

とくにホイールは秀逸。

L1510379

まだまだフェラーリ296GTBの納車までには時間があるので、これからも296GTB絡みのミニカーが増えてゆくかもしれません(まだ296GTBのミニカーそのものがほとんど発売されていないが、それが出揃うとさらにコレクションが増えてゆくことになる)。

L1510382

フェラーリ296GTBの本カタログはこんな感じ

参考までに、ここでフェラーリ296GTBの本カタログを紹介してみたいと思います(以前にオートカヴァリーノさんからいただき、大事にしまってあったものをはじめて開封した)。

L1510391

これを見ると、イエロー(ジャッロ・モデナ?)の個体がまず取り上げられ・・・。

L1510393

296GTBのハイライトであるエンジンが紹介されています。

L1510394

デザインについての解説も。

L1510396

エンジンルーム上にあるボディカラー同色のセンターセクションはテスタロッサ、そしてF355GTBをモチーフにしたものだと紹介されています。

L1510398

そしてサーキットを走行する車両は「ロッソ」。

L1510401

合わせて読みたい、フェラーリ296GTB関連投稿

今日のフェラーリ296GTB納車待ち(270日目)。調整中だったオプション、追加オプションを含めて最終の仕様が決定、車両価格+オプションだけで50,510,658円に
今日のフェラーリ296GTB納車待ち(270日目)。調整中だったオプション、追加オプションを含めて最終の仕様が決定、車両価格+オプションだけで50,510,658円に

| ちょっとやりすぎた感がないでもないが、ついてしまった勢いは抑えようがない |この記事のもくじ| ちょっとやりすぎた感がないでもないが、ついてしまった勢いは抑えようがない |あとはフェラーリの認証を ...

続きを見る

オーダーしたフェラーリ296GTBっぽい仕様のGショックをカスタムメイドにて作ってみようと思う。「MY G-SHOCK」ではかなりの範囲で自分仕様の1本を実現可能
オーダーしたフェラーリ296GTBっぽい仕様のGショックをカスタムメイドにて作ってみようと思う。「MY G-SHOCK」ではかなりの範囲で自分仕様の1本を実現可能

| 意外なことに「明るい青」はカスタムパーツとしてラインナップされていない |この記事のもくじ| 意外なことに「明るい青」はカスタムパーツとしてラインナップされていない |ときどき追加される限定カスタ ...

続きを見る

今日のフェラーリ296GTB納車待ち。偶然にも、ボクの296GTBと同じカラーのハイエースに遭遇する
今日のフェラーリ296GTB納車待ち。偶然にも、ボクの296GTBと同じカラーのハイエースに遭遇する

| まさかこの仕様のカスタム・ハイエースが存在したとは |この記事のもくじ| まさかこの仕様のカスタム・ハイエースが存在したとは |その姿はなかなか美しくキマっていた偶然とは恐ろしいなぜボクはホワイト ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5