ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■カメラやガジェットなど

iPhoneだけでこんな動画が撮れるのか・・・。フェラーリがiPhoneで撮影した「3つの時代、3つのモデル」にわたる親子とフェラーリの物語を公開

投稿日:2023/01/18 更新日:

iPhoneだけでこんな動画が撮れるのか・・・。フェラーリがiPhoneで撮影した「3つの時代、3つのモデル」にわたる親子とフェラーリの物語を公開

| 撮影したのは香港のフェラーリ正規ディーラー、ブラックバードの映像クルー |

ブラックバードはこれまでにも様々な美しいフェラーリの動画を公開してきた

さて、フェラーリが「iPhoneのみで撮影された」というフェラーリ296GTBのプロモーション動画を公開。

なお、この動画は香港にあるフェラーリの正規ディーラー、ブラックバード・コンセッショナリーズ(Blackbird Concessionaires)が作成したもので、同ディーラーは数が少ないながらもこれまでに上質な動画を数本公開しています。

参考までに、年末年始に香港に訪れた際にはこのブラックバードを表敬訪問しようと考えていたのですが、時間的都合にて訪問できず、また機会を改めて訪れようと考えています(クルマで前を通りがかったが、それはそれは高級な店構えであった)。

そしてもうひとつ参考までに、香港は古くからお金持ちが存在し、多数のフェラーリのコレクターがいると報じられていて、フェラーリのワンオフモデルのうち、もっともコストがかかったとされるP80/Cをオーダーしたのも香港の顧客ですね。

【動画】フェラーリP80/Cが動画撮影中!轟音とともにサーキットを走る姿が目撃される

| その姿はあまりに美しすぎた | フェラーリ史上もっともエクストリームなワンオフマシン、「P80/C」。これは香港のフェラーリオーナーがフェラーリへと製作を依頼したクルマで、ベースは市販車ではなくな ...

続きを見る

フェラーリ296GTBの動画はこんな感じ

そこでこのフェラーリ296GTBのプロモーション動画ですが、これは「La Prova」と題されたもので、3つの時代にて3つの異なるフェラーリが登場するオムニバス形式。

まずは250GTが登場し・・・。

3

次はテスタロッサ。

2

そして296GTBへと繋がるのですが、テーマとして「父親とのつながり」が根底にあり、父と子の関係性をユーモラスに綴っています。

1

撮影に使用されたのは5台のiPhoneのみ

今回のショートムービー「La Prova」は美しい映像を持つにも関わらず、撮影に際してはプロ用機材は一切使用されておらず、用いられたのは5台の(アップルから提供された)iPhoneのみ。

監督を務めたのは香港在住の脚本家兼映像監督、フランク・リュー。

ae5f20e7-a545-4bfd-bf6f-2cbe687f0a7e

様々な機材に組み込まれていますが、撮影メンバーはiPhoneで何ができるかというアイデアを出し合い、そして機材はこの撮影のため、iPhone用に3Dプリントされたものもあるのだそう。

撮影機材が「スマホのみ」というのは初めての経験だったものの、しかしスマートフォンという「スタッフの誰もが使用できる機材」であったからこそ実現できたこともある、と語っています(誰もが平等な立場で民主的な撮影ができたようだ)。

93a1cf3a-81e7-47c1-a440-a6791c46b67e

さらにはドローンに取り付けての撮影も。

iPhoneにて撮影した動画の編集はアップルの持つエコシステムによって行われており、今回の動画撮影の一つの目的は「アップルの持つエコシステムが、限界を押し広げ、プロフェッショナルな映画の撮影に使用できるかどうか」。

つまりこれまで使用してきたプロ用のカメラをiPhoneに置き換えることができるのかどうかを試してみたかったということですが、通常のカメラでは外付けレンズが必要な壮大な風景、逆に接近しての撮影もiPhoneにて対応できることがわかったといい、期待した以上の成果を得ることができたのかもしれませんね。

8c3cf58f-e84b-43ec-9bc9-65bab8906137

フランク・リューはこの作品について「過去への経緯、教訓、未来へのつながりを語っており、世代から世代へと受け継がれる価値観を表現している」とコメント。

加えて296GTBについては「フェラーリにとってもっとも大きな技術的進歩を内包するクルマのひとつであり、未来のクラシックカーとなる可能性を秘めている」とも。

そしてこの296GTBを始めて見たときには「フェラーリの75年の教訓がすべて詰め込まれていると感じた」とコメントしており、そこからこのショートムービーのインスピレーションを得たのかもしれません。

そして今回撮影に使用したiPhone同様、フェラーリも「これまで限界だと思われてきた境界線を突破しようとする製品開発のアプローチ」を持つと述べており、様々な面において両者の類似性があることも指摘しています。※アップルは開発中の新型iPhoneにニックネームを付けることで知られるが、いずれの世代かは忘れたものの、”フェラーリ”というニックネームがつけられたモデルが存在する

ちなみにこちらはブラックバードのインスタグラムに投稿されたLa Provaのダイジェスト版。

10分の「完全版」はフェラーリの公式サイトにて公開されています。

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

アマルガムがフェラーリとの提携を強化すると発表!自分がオーダーしたフェラーリをそのままアマルガムで再現することが全スケールで可能に【動画】
アマルガムがフェラーリとの提携を強化すると発表!自分がオーダーしたフェラーリをそのままアマルガムで再現することが全スケールで可能に【動画】

| 以前から同様のオプションが存在していたと記憶しているが、その対象範囲が拡大したもよう |この記事のもくじ| 以前から同様のオプションが存在していたと記憶しているが、その対象範囲が拡大したもよう | ...

続きを見る

フェラーリ
将来のフェラーリはスマホのように?ハーマンとの提携を発表、「最初からアップグレード可能なハードを仕込み、その後ソフトのアップデートで機能更新、パーソナライズが可能に」

| フェラーリは運動性能のみではなく、常に「運転しやすさ」「快適性」を考えている |この記事のもくじ| フェラーリは運動性能のみではなく、常に「運転しやすさ」「快適性」を考えている |将来のフェラーリ ...

続きを見る

フェラーリが「中国展開30周年」記念、特別仕様のローマを発表!中国への敬意を表すレッドが用いられ、中国文化や伝統技法を意識した茶器や付属品も
フェラーリが「中国展開30周年」記念、特別仕様のローマを発表!中国への敬意を表すレッドが用いられ、中国文化や伝統技法を意識した茶器や付属品も

| この中国仕様ローマを製作したのはもちろんフェラーリ「テーラーメイド」 |この記事のもくじ| この中国仕様ローマを製作したのはもちろんフェラーリ「テーラーメイド」 |ここまで「現地仕様」を持つフェラ ...

続きを見る

参照:The Official Ferrari Magazine

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■カメラやガジェットなど
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5