ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリがレッドドットアワードにてプロサングエ、ヴィジョンGT、296GTSがそれぞれ受賞したと発表!現代フェラーリのデザインはピニンファリーナ時代からこう変わった

投稿日:2023/04/13 更新日:

フェラーリ

| 時代に合わせてそのデザインが大きく変わりつつも、誰が見ても「フェラーリ」だとわかるデザインを維持していることに驚かされる |

そしてピュアエレクトリック時代のフェラーリのデザインは更に大きく変化してゆくことになりそうだ

さて、フェラーリが「世界的なプロダクトデザインアワードであるレッドドット賞において3つの製品が受賞を果たした」と発表。

まずひとつは「プロダクトデザインカテゴリー」におけるプロサングエ、そして「イノベーティブプロダクツカテゴリ」ではフェラーリ・ヴィジョンGT、3つ目はレッドドット賞を獲得した296GTS。

なお、これらのほかにもフェラーリはデイトナSP3などいくつかの新型車を発表しているものの、それらの受賞については触れられていないので、このアワードに応募していなかったのかもしれません(これらの受賞はエントリーした製品の中から審査が行われる)。

フェラーリ・ビジョン・グランツーリスモは「世界でもっとも美しく、もっとも未来的なクルマ 」を目指してデザインされた!なおモチーフはイトマキエイ【動画】
フェラーリ・ビジョン・グランツーリスモは「世界でもっとも美しく、もっとも未来的なクルマ 」を目指してデザインされた!なおモチーフはイトマキエイ【動画】

| デザイン言語は「フラットサーフェスにストレートライン」「優雅な曲線と筋肉質な盛り上がり」 | フェラーリのデザイン言語をこれほどよく表したクルマもほかにない さて、フェラーリは先日「ヴィジョン・グ ...

続きを見る

フェラーリのデザインは近年になって大きな変化を見せている

現在フェラーリにてデザイン部門の指揮を執るのはフラビオ・マンゾーニ(マンツォーニ)氏。

同氏はフェラーリに入る前にはフォルクスワーゲンに在籍しており、ワルター・デ・シルヴァ氏の下でシロッコそしてup!をデザインしていますが、フェラーリに入った後にFF、F12ベルリネッタ、458スペチアーレ、カリフォルニアT、ラ・フェラーリ、488GTB/スパイダー、812スーパーファスト、ポルトフィーノ、モンツァSP1/SP2、SF90ストラダーレ、SF90スパイダー、ポルトフィーノM、F8トリブート/スパイダー、SF90ストラダーレ/SF90スパイダー、296GTB/296GTS、デイトナSP3、ローマ/ローマ・スパイダー等をデザインにしています。

加えてそのデザインの対象が非常に広く、ポルトローナ・フラウとのコラボレーションによる一連のチェア、ウブロとのコラボレーションウォッチである「フェラーリGT」、そしてモンブランとのパートナーシップ契約に基づいた万年筆など、これまでのフェラーリのデザイナーであれば直接関与しなかった(自動車以外の)ジャンルにまで手を伸ばしているのは特筆すべきところでもありますね。

L1380626

フェラーリがそのハイパーカー、デイトナSP3をモチーフにした万年筆を限定発売!素材はチタン、フェラーリの技術も注入されお値段480万円
フェラーリがそのハイパーカー、デイトナSP3をモチーフにした万年筆を限定発売!素材はチタン、フェラーリの技術も注入されお値段430万円

| 限定本数はデイトナSP3と同じ599本、デイトナSP3の価格を考慮すればこの万年筆の価格も高くない・・・? | 一でいいから430万円の万年筆でサインをしてみたいものだ さて、モンブランとの提携に ...

続きを見る

フラビオ・マンツォーニ氏のデザインには大きな特徴も

なお、フラビオ・マンツォーニ氏のデザインにはいくつか特徴があり、「曲面を多用すること」、そして「複雑なディティールを組み合わせること」、さらに「反復する複数のライン、デザインエレメントを盛り込むこと」。

2

ディティール面で言えばSF90ストラダーレに顕著な「ハンマーヘッドシャーク」に・・・。

L1440568

プロサングエのフロントフードに見られるような「空気の通り道」を作ることも同氏の特徴(画像は同氏のデザインしたフェラーリのコンセプトカー、”テンソ”)。

この空気の通り道についてはフロントフードのみではなく、デイトナSP3のサイドにも用いられており、さまざまなモデルにおいて、さまざまな手法を用いつつ再現されています。

DSC06076

さらには「分断されたライン」を複数組み合わせることも同氏が好んで用いる手法であり、カーデザイナー兼ユーチューバーであるスケッチモンキー氏によればピニンファリーナ時代には「各ラインの整合性や連続性が保たれていた」。

たとえばフェラーリ458はピニンファリーナによるデザインですが、フェラーリはピニンファリーナにこのデザインを依頼する際にリアフェンダー上にダクトを設けるように指示したものの、ピニンファリーナは「デザインが台無しになる」としてこれを頑として拒否し、結果的にサイドクォーターウインドウとCピラーとの間に”目立たない”ダクトを設けています(それほどまでにラインが途切れることを嫌っていた)。

49763433976_8fd0455c66_c

その458の改良版である488はピニンファリーナの手を離れ、フェラーリのインハウスつまりフラビオ・マンゾーニ氏が率いるチェントロ・スティーレがデザインを行うことになり、ここでリアフェンダー上のダクトが登場するわけですね。

49762905838_9c065a44c4_c

そのほかサイドの「地面と平行な」ライン、そして前後フェンダーの盛り上がりといった「線と円」、そして一筆書きのような流れが分断された複数のラインが入るのもフラビオ・マンゾーニ氏が好むデザイン的特徴で・・・。

L1530005

これは499Pや・・・。

Ferrari-499P-3

フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモでも同じです。

Ferrari-Vision-GranTourisomo (3)

この「膨らみ」もまた現代フェラーリの一つの特徴(過去のフェラーリのレーシングカーの再解釈でもある)。

L1460379

そしてこういった複雑なラインはピニンファリーナ時代ではまず考えられなかったものではありますが、よく見るとそれぞれのラインやディティールには整合性があり、非常によく考えられた構造を持つことも見て取れますね。

L1450402

こういった感じで、現代のフェラーリに採用されるデザインはピニンファリーナ時代の「流れるような」デザインとは異なり、複数のデザイン的要素や複雑なディティールが組み合わせられているということがわかりますが、今回の受賞はそういったフラビオ・マンゾーニ氏の手腕が評価されたひとつの事例だとも考えて良いかと思います。

フェラーリSF90ストラダーレのデザイン
【動画】フェラーリのデザイナー、SF90スパイダーを語る。ピニンファリーナ時代からどう変わったのか、デザイナーの個性や近代フェラーリのデザインについて考える

| ボクはピニンファリーナよりもフェラーリ内製のデザインを支持している | さて、フェラーリが公式にて、チーフデザイナーであるフラビオ・マンゾーニ氏を起用した「SF90スパイダーのデザインについて語る ...

続きを見る

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモ正式発表!V6エンジンに3モーターHV、さらにボディカラーはシルバーという意外な仕様。そのデザインは過去のフェラーリから
フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモ正式発表!V6エンジンに3モーターHV、さらにボディカラーはシルバーという意外な仕様。そのデザインは過去のフェラーリから

| フェラーリ・ヴィジョン・グランツーリスモ・コンセプトはかなり現実的な仕様を持ち、そのデザインやシステムは今後各モデルに反映されるものと思われる | 現時点でこのボディカラーが何を意味するのかはわか ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリのSUV「プロサングエ」は必然の産物だった?フェラーリは常に時代を前に進めるために革新的な取り組みを行い、そして日常性を追求してきた

| フェラーリは「レーシングカー」と「ロードカー」とを混同することはない | そしてフェラーリはそのロードカーにおいて、常に洗練されたデザインと技術を追求してきた さて、フェラーリはブランド初となるS ...

続きを見る

フェラーリ
美しいクルマを作るフェラーリでも失敗はある?「過去、もっとも醜い」フェラーリ12選!実はプロサングエよりも先に4ドア(コンセプトカー)も作っていた

| 意外とフェラーリは昔から「ユーティリティの高いクルマ」に興味を持っていた | そしてコーチビルダーはさらにユーティリティの高いフェラーリを作っていた さて、カーメディア、Jalopnikがオンライ ...

続きを見る

参照:Ferrari(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

興味の範囲が広く、猫、小説、映画、音楽、腕時計、クルマなど。 酒、タバコ、ギャンブルは一切しません(ある意味では自分の人生そのものがギャンブル)。 いま欲しいクルマはアルピーヌA110。

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5