ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■自動車各社業績/ランキング/記録等

ランボルギーニが1−9月において7,430台を販売し新記録達成!このペースで成長を続ければフェラーリの販売台数をあと2−3年で抜くことになるのかも

投稿日:2022/11/08 更新日:

ランボルギーニ

| ウルス発売以降のランボルギーニの成長は凄まじい |

一方、フェラーリは希少性を保つために販売台数の伸び率を「制限」している

さて、コロナウイルスにも負けず力強い成長を見せるランボルギーニ。

今年発表したウラカン・テクニカ、ウルス・ペルフォルマンテ、ウルスSはすでに予定生産台数全てが(一瞬で)完売したとも報じられていますが、今回第三四半期の状況を発表するとともに「2022年の1月から9月において、販売台数が過去最高になった」とアナウンスしています。

ランボルギーニの販売は3つのマクロ地域にてすべて伸びる

ランボルギーニによると、1月から9月末までの納車台数は7,430台(2021年同期比8%増)に達しており、アメリカ、アジア太平洋、EMEA(欧州、中東、アフリカ)の3つのマクロ地域すべてが成長した、とのこと。

国別だとトップはは引き続き米国(8%増)、次いで中国本土、香港、マカオ(5%増)、ドイツ(16%増)、英国(20%増)、日本(26%増)という順で、日本は5位へと後退しています(他の国や地域ではウルスがよく売れているが、日本ではサイズの問題に起因しウルスの販売が他の国ほどは伸びていないようだ)。

1~9月期の売上高は19億3000万ユーロで2021年同期比30.1%増、営業利益も68.5%増の5億7,000万ユーロとなっており、これに対応する売上高利益率(RoS)は前年同期の22.8%から29.6%へと増加していますが、この収益性の向上は、販売台数の増加、1台あたりの平均売上高の増加(プロダクトミックスとカスタマイズの増加による)、および為替レートが有利に変動したためだと述べています。

627323_v2

ランボルギーニ会長兼CEOであるステファン・ヴィンケルマン氏によると、「一貫して上昇を続けるこの数字は、今日のランボルギーニがいかに強いかを示しています。私たちは、すでに2024年の第1四半期をカバーする受注ポートフォリオを有しており、これにより、2023年からのハイブリッド化への第一歩など、将来直面する課題を思慮深く見据えながら、安心して仕事をすることができるのです」。

同じく同社にてマネージング・ディレクター兼CFOを務めるパオロ・ポマ氏は、「現在、マクロ経済の変数が不安定であることが続いていますが、一方で、我々は、すべての主要なビジネスおよび財務指標の成長を通じて回復力を示しています。我々は、これまで以上に良い形で会計年度を終えられると期待しています」とコメント。

モデル別販売攻勢はこんな感じ

1−9月において、ウラカンはワールドワイドにて2,378台を納車し、これは前年同期比でプラス11%増と大幅増。

ただし数値的に最も多いのはウルスの4,834台(7%増)で、これは2018年のデビュー以来、(それぞれの年の)最初の9カ月間での最高記録なのだそう。

627336_v2

一方V12モデルの「アヴェンタドール」は生産終了を迎えており、9月には最後のアヴェンタドールに別れを告げ、2011年以来、ランボルギーニの歴史の中で最も象徴的なモデルとなったアヴェンタドールに携わり、その成功に貢献した人々の感動の中で生産ラインを離れることとなっています。

ランボルギーニが「アヴェンタドール最後の一台の生産を終えた」と発表。8種以上の派生モデル、10種以上の限定モデルが登場し、当初計画の倍以上を販売した歴史的なクルマに
ランボルギーニが「アヴェンタドール最後の一台の生産を終えた」と発表。8種以上の派生モデル、10種以上の限定モデルが登場し、当初計画の倍以上を販売した歴史的なクルマに

| ランボルギーニもまさかここまでアヴェンタドールが売れ、そして会社が成長するとは考えていなかったようだ |この記事のもくじ| ランボルギーニもまさかここまでアヴェンタドールが売れ、そして会社が成長す ...

続きを見る

なお、2021年1−9月合計での7,430台というのは「非常に多い」と考えてよく、というのも2021年の通年でのランボルギーニの販売は8,405台だったから(これも新記録)。

ランボルギーニ
ランボルギーニは2021年に「3つの記録」を達成していた!販売台数13%増、売上高19%増、営業利益は49%増。困難な状況においても最高の数字を記録

| フェラーリが証明しているように、スーパーカーは「ブランド力」によって優劣が分かれる時代に突入 |この記事のもくじ| フェラーリが証明しているように、スーパーカーは「ブランド力」によって優劣が分かれ ...

続きを見る

そして今年はあと3ヶ月分を残して7,430台を販売しているので、昨年の8,405台を超えるのは間違いなく、それどころか1万台も届く水準となる可能性も。

ちなみにですが、フェラーリは2021年に11,155台を販売しており、もしかするとあと2−3年もすればランボルギーニが販売台数においてフェラーリを超える日がやってくるかもしれませんね。

フェラーリ
フェラーリの2021年における利益は5530億円、1台売って787万円の利益が出る計算。販売台数はついに1万台を超えて1万1155台へ、従業員には最大158万円のボーナス支給

| フェラーリの規模は年々拡大しており、しかしそれ以上に「効率」も増している |この記事のもくじ| フェラーリの規模は年々拡大しており、しかしそれ以上に「効率」も増している |2022年のフェラーリは ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

フェラーリ
フェラーリが「全モデルが完売」「来年も強い成長が可能」とコメントし利益予想を上方修正。296GTBの納車が進み、プロサングエが「予想を遥かに超える受注」

| フェラーリはさらに今後後年間で14車種の発表を控えている |この記事のもくじ| フェラーリはさらに今後後年間で14車種の発表を控えている |おそらくオプション装着率の向上で利益はさらに拡大すると考 ...

続きを見る

ランボルギーニ
ランボルギーニが「2022年上半期は過去最高の販売台数、売上高、利益だった」と発表!台数は+4.9%ながらも利益は+70%、さらには「2023年の生産枠も埋まった」

| ここ最近のスーパーカーの人気ぶりは凄まじい |この記事のもくじ| ここ最近のスーパーカーの人気ぶりは凄まじい |さらには中古市場もよく動いており、とにかくスーパーカー需要が高まっているようだランボ ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5